犬の飼い主さんがよく間違えている『リード』の知識3選

犬の飼い主さんがよく間違えている『リード』の知識3選

犬の散歩で必ず使うリードには、さまざまな種類があります。それらのリードを的確に使い分けて上手に使いこなすために、勘違いしがちなリードに関する知識や情報を知っておきましょう。

お気に入り登録

1.歩くときは手に巻きつけて外れないようにする

引っ張って歩く犬の後ろ姿

犬の散歩をする際、リードを絶対に放さないように注意している人がほとんどだと思います。特に飼い始めたばかりで十分にしつけができていない犬や、引っ張り癖のある犬の場合は、リードが外れてしまわないように、手首に何重にも巻きつけている飼い主さんもいます。

しかし、犬のリードを手にぐるぐると巻きつけて散歩をするのは非常に危険です。

犬が強く引っ張ったときに、手首から外れないことで腕を脱臼してしまったり、飼い主さんが引っ張られて転んでしまうことがあります。さらに、転倒した場合、犬が足元や目の前にいることで上手に受け身が取れず、大怪我をしてしまうこともめずらしくありません。

リードは片手に巻きつけるのではなく、犬に近い方の手でリードの真ん中あたりを持ってコントロールし、反対の手でリードの持ち手部分を持つようにしましょう。

2.伸縮リードは犬にも飼い主にとっても快適

伸縮リードで歩くビーグル

伸縮するタイプのリードは、長くすると犬が自由に歩き回れる上、引っ張られることがないため飼い主さんにとっても快適な散歩ができるアイテムです。

ただし、伸縮リードは扱い方に十分注意しなければ重大な事故が起こる可能性があるものだということを覚えておきましょう。

伸縮リードの多くは本体に巻き取って収納するため、リード部分が細いひも状になっています。また、リード部分には細くても切れることがないように、丈夫なワイヤーが使われていることも多く見られます。

そのため、リードが長く伸びている状態で犬と飼い主さんの間に距離があると、そこにリードがあることに気がつかないことも。そして、他人が通ってしまってリードに足を取られたり、自転車で転倒したりといった事故が実際に起きてしまっているのです。

また、リードが自由に伸び縮みして犬が自由に動き回れることで、飼い主さんのそばを歩くくせがつかないということも考えられます。普通のリードで歩いたときにも自由に動こうとして、引っ張って歩くようになってしまうことが多いとされています。

3.ぴったりついて歩かせるために短いリードを使う

引っ張られている犬

犬と歩くときに、しっかりと横について歩かせるためにショートリードを選ぶ人もいます。それを使っていると、リードが短いことで常にピンと張った状態で歩くことになります。

犬はリードが張った状態で歩いていると、後ろに引き倒されないようにとさらに前に向けて体重をかけてしまいます。

人間も後ろから引っ張られると、転ばないように前に重心を移動させますが、それと同様の働きがリードが張った状態の際に起こります。つまり、リードが張っている状態が続くほど、引っ張って歩くことを覚えさせてしまうことになるのです。

犬に引っ張りぐせをつけないようにするためには、リードがたるんだ状態を保つことが大切です。

ショートリードを使って力で引き寄せて横を歩かせるのではなく、犬が自ら飼い主さんの横に来て歩くように誘導していくことが必要です。

まとめ

芝生の上に立つジャックラッセル

犬のリードには多くの種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。

どのリードがいいもので、どのリードが悪いものと一概に言えるわけでないので、使うシーンや犬の気質などによって適したものが異なると考えてください。

どんなに素晴らしいと評価されているリードでは、状況や犬のタイプに合っていなければ問題行動や重大な事故を引き起こしてしまうこともあるということです。

犬のリードに関することに限らず、インターネットには清濁混合の情報があふれています。そのため、犬にまつわる間違った情報を鵜呑みにしてしまっている人も少なくありません。

ひとつの情報源だけに頼らず、あらゆる角度から情報を確認するようにして、自分と愛犬にとって本当に必要な情報を正しく受け取れるようにしましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    まだ完全に制御できない人は収縮リード、フレキシブルリードは使わない方が良いです。また散歩デビュー前にリードで歩く練習と躾トレーニングを行ってください、あくまでリードは命綱です、指事を出す道具ではありません。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。