犬が『飼い主の帰宅を喜ばない』時の心理6選

犬が『飼い主の帰宅を喜ばない』時の心理6選

『犬が飼い主の帰宅を喜ばない時の心理』についてまとめました。ポジティブな心理によって喜ばないこともありますので「嫌われているのでは…」と心配する必要はありません。疑問を感じたら愛犬の気持ちを読み取ってみましょう。

お気に入り登録

飼い主の帰宅を喜ばない心理

ソファーの上のダルメシアン

1.快適なお留守番だった

快適にお留守番できる環境にいる犬は飼い主の帰宅を喜ばないことがあります。

  • 室内の温度と湿度が犬に合わせて管理されている
  • 室内が整理整頓されていて落ち着いて過ごせる
  • 外からの音に刺激されることが少ない
  • 飼い主が帰宅することを分かっている
  • お留守番の時間が短い(長くなり過ぎない)

犬が快適にお留守番するためには様々な条件があります。

安心して飼い主の帰宅を待つことができる環境であると不安や緊張や恐怖にストレスを感じることなく過ごせます。そのため飼い主の帰宅を大袈裟に喜ぶことがないのです。

2.お留守番は任務だ

お留守番を「苦痛」ではなく「任務」と考えている犬は飼い主の帰宅を喜ばないことがあります。

苦痛であると「何で置いて行ったの!」「寂しかったよ!」「退屈だった!」「会いたかったよ!」と大袈裟に喜びます。

自分に与えられた任務であると考えている犬は「今日も異常はありませんでした」「ママもお仕事お疲れ様でした」と落ち着いて出迎えることができ、飼い主の帰宅を大袈裟に喜ぶことがないのです。

3.トイレを失敗してしまって申し訳ない

トイレを失敗し、申し訳ない気持ちから飼い主の帰宅を喜ばないことがあります。おしっこがペットシーツからはみ出してしまった、トイレに間に合わなくて敷物に粗相をしてしまったなどです。

犬にだって失敗はあります。トイレの失敗を叱る必要はないと思いますが、「大丈夫だよ」「キレイにしようね」という優しい飼い主の言葉に犬はもっと申し訳なくなってしまうのかもしれません。

トイレの失敗を申し訳なく思い、反省している時は飼い主の帰宅を大袈裟に喜ぶことがないのです。

4.イタズラがバレないかとドキドキしている

丸いベッドとジャックラッセルテリア

イタズラをしている最中に飼い主が帰宅し、バレないかとドキドキしながら出迎えたため喜んでいないように見えるのでしょう。叱られるようなことをしているという自覚があるということですよね。

スリッパを噛んで破壊することで退屈をしのいでいたのかもしれません。ソファーを思いっきりホリホリすることでストレスや寂しい気持ちを発散させていたのかもしれません。

イタズラを叱ることよりも犬がイタズラをせずに済む環境を作ってあげることが大切です。

いけないことだと分かっているけれどイタズラせずにはいられなかったため飼い主の帰宅を大袈裟に喜ぶことがないのです。

5.落ち着いた性格である

興奮して騒いだり、大袈裟に喜んだりなどすることがなく、飼い主の帰宅時も落ち着いて出迎えることができる性格である犬がいます。

生まれ持った性格であるため、喜んでくれないとか嫌われているのではないかと心配する必要はありません。

しっぽを振っていたり、耳を横に倒していたり、微笑んでいるような表情をするなど「嬉しい」の表現をしているはずです。

物静かで落ち着いた性格であると飼い主の帰宅を大袈裟に喜ぶことがないのです。

6.拗ねている

お留守番させられたことに腹を立て、飼い主の帰宅を喜ばないことがあります。

犬は群れで暮らす動物です。常に飼い主と一緒に行動したいのです。

飼い主の嬉しそうな表情や態度から「仕事」ではなく「お出かけ」であることを察したのでしょう。自分も一緒に連れて行ってもらいたかったのです。

期待したけれど連れて行ってもらうことができなかった時、拗ねて飼い主の帰宅を大袈裟に喜ぶことがないのです。

まとめ

あくびをするトイプードル

犬が飼い主の帰宅を喜ばない時の心理を6つ解説しました。

  • 快適なお留守番だった
  • お留守番は任務だ
  • トイレを失敗してしまって申し訳ない
  • イタズラがバレないかとドキドキしている
  • 落ち着いた性格である
  • 拗ねている

帰宅を喜ばない理由がポジティブな心理なのであれば、今後も安心してお留守番してもらうことができるのではないでしょうか。

ネガティブな心理である時はお留守番や環境について見直しが必要な場合もあります。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。