犬に『帽子』は効果アリ?考えられるメリット・デメリット

犬に『帽子』は効果アリ?考えられるメリット・デメリット

犬に「帽子」を着用させることのメリットとデメリットをまとめました。どのような効果が得られるのか、帽子を着用させる時の注意点など解説します。

お気に入り登録

犬に帽子を着用させることのメリット

柴犬に麦わら帽子

日差しや紫外線を遮る

日中のお散歩やお出かけをする時、犬に帽子を着用させることで日差しや紫外線を遮ることができます。

日差しを浴びると犬の皮膚も日焼けをしてしまいますし、紫外線を浴びると白内障などの目の病気を発症することがあります。

日焼け止めを塗ることができない犬ですから、犬に帽子を着用させることには日差しや紫外線によるリスクを避けるメリットがあります。

耳を凍傷(しもやけ)から守る

寒い季節には犬に帽子を着用させることで耳を凍傷から守ることができます。しもやけができてしまうのは手足や肉球だけではありません。

しっぽや耳もしもやけになってしまいやすい部分です。凍傷を患うと強い痛みや痒みを感じます。

帽子を着用させることで耳の凍傷を予防したい時は、耳まですっぽり覆うことができる帽子を選んであげると良いです。

汚れ防止対策

犬に帽子を着用させることで頭周りの汚れを防止するメリットがあります。

お散歩中は地面や草木のにおいを嗅いで回りますよね。意外と手足よりも頭周りや顔周りは汚れやすい部分です。帽子を着用させることで被毛が直接触れることがなくなりますから汚れから守られます。

草木や芝生に隠されている他の犬の排泄物が犬に付着してしまうことも防ぐことができて、衛生面でもメリットが得られます。

ケガの防止対策

犬に帽子を着用させることで頭や目のケガを防止するメリットがあります。

お散歩中、つい植え込みや茂みに顔を入れてしまうことがありますよね。どうしてわざわざそんなところを通らなければならないのか…という場所にも入ってしまうことがあります。

頭に擦り傷を負ってしまったり、目を傷つけてしまう恐れがあります。防止を着用することで不慮のケガや事故を防止することができます。

犬に帽子を着用させることのデメリットと注意点

笑顔のゴールデンに帽子とメガネ

熱中症対策が不十分になる

帽子を着用していれば暑い日のお散歩も大丈夫!と考えてしまいます。

しかし、犬を強い日差しの中や炎天下の中をお散歩させるのは危険です。帽子を着用するだけでは熱中症対策にはなりません。

帽子の着用の有無に関係なく、暑い日や炎天下でのお散歩やお出かけは控えるようにしましょう。

目を傷つける恐れがある

サイズの合わない帽子を着用させると目を傷つけてしまう恐れがあります。大きめの帽子を着用している時、目の方に向かってずり落ちてくるためです。

犬用の帽子は購入前に試着できないことも多いですよね。愛犬の頭周りのサイズをよく確認してから購入するようにし、大きめの帽子で目に触れてしまう時は着用させないようにしましょう。

ストレスになる

嫌がる愛犬に無理に帽子を着用させるとストレスになります。ケガや病気などで本当に帽子が必要になった時、着用できなくなってしまうかもしれません。

強く拒否することをしない犬もいますが、帽子を気にする仕草や行動をする時、帽子を着用すると歩かなくなってしまうなどする時は無理に着用させないようにしましょう。

犬の帽子の種類

チワワに服とニット素材の帽子

  • 麦わら帽子
  • サンバイザー
  • キャップ
  • ハット
  • ニット

犬用の帽子の種類は主に5つあります。

顎の下で紐やリボンを結んで固定したり、顎にゴムをかけるようになっていたり、顎の下でマジックテープを止めるようになっているなどします。

マジックテープをはがす時の音が苦手な犬もいますので選び方に注意が必要です。

帽子に2つ穴が開けられていて、耳を出して着用するタイプがほとんどです。

愛犬にぴったりなサイズを見つけることができない場合には、手作りの帽子を作ってあげることができる本もおすすめです。

まとめ

ハスキーの被り物をするハスキー

犬に帽子を着用させることのメリットを4つ、デメリットと注意点を3つ解説しました。

服を着用することは得意だけど帽子を着用することは苦手という犬もいますよね。頭に物が覆いかぶさることに不安を感じるのかもしれません。

愛犬の様子を確認しながら帽子の着用に慣らしてあげてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。