犬にとっての『最高の飼い主』になる方法4選

犬にとっての『最高の飼い主』になる方法4選

「愛犬にとって良い飼い主になるためにはどうすればいいんだろう?」そんな風に日々悩んでいらっしゃる方も多くいらっしゃるかと思います。そこで今回は、犬にとっての「最高の飼い主」の基準とは何か、「最高の飼い主」になるための方法をご紹介していきますね。

お気に入り登録

犬にとっての「最高の飼い主」とは

手の上に顔を載せて上目遣いの黒い犬

犬にとって「最高の飼い主」とは、常に愛犬のことを考えて適切な行動がとれる飼い主のこと。

ひとくちに「最高の飼い主」といっても、犬によって性格や感じ方は違います。たとえば、人見知りが激しく繊細な犬もいれば、活発的で人懐っこい犬もいますよね。

どんな犬にも同じように接するのではなく、愛犬の性格などに合わせて適切なしつけやスキンシップなどの行動を取れる人こそが「最高の飼い主」だと言えるでしょう。

愛犬にとっての「最高の飼い主」になる方法4選

犬と寄り添う赤いスカートの金髪女性

1.愛犬のことを理解するための勉強を行う

愛犬にとって「最高の飼い主」になるためには、まず犬の特性や食事について、しぐさの意味など勉強をすることが重要です。

たとえば、犬が口にしてはいけない食べ物はすべての犬に共通すること。しかし、知らない人に出会ったときに「不安や恐怖」を感じるのか、「興味」を持って自分から近づいていくのかは、犬によって違いますよね。

このように犬の知識を得たうえで、まず愛犬の性格を理解しましょう。そのうえで愛犬に合った対応ができるようになると犬にとっての最高の飼い主に近づいていくでしょう。

2.スキンシップの時間を大切にする

スキンシップの時間を大切にするのも、最高の飼い主になるためにはとても重要なことです。

飼い主とのスキンシップは、犬が幸せを感じる瞬間でもあります。また、愛犬との信頼関係を築く貴重な時間です。

毎日の散歩はもちろん、家でもおもちゃで遊んであげるなど愛犬との時間をしっかりと作ってあげましょう。仕事が忙しいという方も散歩の時間をできるだけ長めにとってあげるようにしてあげてくださいね。

また、スキンシップをとっているときは声をかけてあげたり、遊び方もボールやロープなどさまざまな道具を使ってあげると、愛犬も刺激的で充実した時間だと感じてくれるでしょう。

3.ただ甘やかすのではなく「しつけ」をする

甘やかすだけではなく、ダメなことはダメと叱るなど「しつけ」という意識をきちんと持って接することも大事です。

犬にとって「最高の飼い主」はただ甘やかしておねだりされるたびにおやつをあげたり、何をしても叱らないということではありません。

甘やかし続けるとわがままな性格になってしまったり、要求されるたびにおやつを与えると太ってしまい最終的には身体に負担がかかってしまいます。

しかし、常に厳しく指導し続けていても愛犬はストレスを感じるだけになるでしょう。

褒める時はしっかり褒める、ダメなことをしたときには叱る、要求には全て答えないなど、愛犬と接するときは「しつけ」の意識を持ってくださいね。

4.動物病院での定期検診など健康管理はしっかり行う

愛犬の健康管理をしっかり行うことも「最高の飼い主」になるために大切なことです。

毎日のフードは健康にいいものを選ぶのはもちろん、動物病院での定期検診やワクチン接種などは必ず行うようにしてください。

フードもそうですが、動物病院での検診はある程度の費用がかかります。しかし、それらを避けて、時間のある時だけ散歩に行ったりスキンシップを取るだけでは最高の飼い主とはいえません。

大切な愛犬と長く一緒に過ごすためにも、健康管理はしっかり行ってあげてくださいね。

まとめ

男性とハイタッチしているレトリバー

犬にとって「最高の飼い主になる方法」についてお伝えしました。

犬によって性格や感じ方もそれぞれなので適切な接し方は変わってきます。

しかし、この記事でお伝えした4つの方法は全て「最高の飼い主」になるうえでとても重要なことです。

愛犬にとって最高の飼い主になれるように、ぜひ試してみてくださいね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬のことを理解できない奴といたって楽しくないし最高なんて言えません。犬のことを理解するため日々勉強し理解することを怠らないからこそ信頼を寄せてくれるのです。
    スキンシップは大切です。仕事があろうと疲れていろうとそんなの犬は知ったこちゃない。最高の飼い主は犬の事を常に思い続ける飼い主なのでしょう
    甘やかして生きれる世界じゃありません。社会を知らない自己中は社会のゴミです。その犬の責任者は貴方です。
    定期検診は必要です。年を重ねれば重ねる程に。今まではワクチン以外に年一回だったのが年二回年三回とどんどん増えてきます、いや、増やして下さい。定期検診は病気の早期発見に繋がります。早期治療すれば莫大な治療費を払わずに完治できる可能性があります。
    犬の性格や人の価値観によって最高は違います。この記事にかかれてることは最高云々以前に基本注目の基本です。これを踏まえた上で最高の飼い主になるには何が必要か考えてみましょう。もしかしたら愛犬が教えたくれるかもしれません。
    匿名の投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。