何を考えているの?犬が家の中から外を覗いている時の心理5選

何を考えているの?犬が家の中から外を覗いている時の心理5選

ふと愛犬の様子を見ると、家の中から窓の外を覗いていることはありませんか。「もしかして外に行きたいのかな?」と考えてしまいますよね。実際、犬が家の中から外を覗いている時、どのような心理なのでしょうか。

お気に入り登録

犬が家の中から外を覗いている時の心理とは

窓の外を見つめる犬

愛犬が窓から外を見つめている様子を見ると「散歩に行きたいのかな」と考える飼い主は多いと思います。しかし、犬が家の中から外を覗いている時は、様々な心理が働いていることをご存知でしょうか。

1.散歩に行きたいと考えている

柵の外を見つめる犬

まずはやはり多くの犬が大好きな散歩です。散歩が大好きな犬にとって、1日の日課の中で特に楽しみな日課が散歩でしょう。そんな散歩に「早く行きたいな」「今日はどんな楽しい散歩が待っているのだろう」と期待に胸を躍らせワクワクしている犬も多いです。

また、雨が降っている日であれば「今日は雨が降っているけれど、散歩に行けるかな」と散歩に行けるかどうか心配する犬もいれば、濡れることが嫌いな犬の場合は「今日は行きたくないな」と憂鬱になっていることもあります。

2.外から聞こえる音に興味を持っている

犬が窓から外を覗いている時、外から何かしらの音を聞き取っていることが多いです。じっと何かを集中して見つめるように微動だにしない時は、その音の情報をより正確に聞き取ろうとしているのでしょう。

聴覚の優れている犬にとって音は情報源です。外を走る車の音や人の会話、他の犬が鼻を鳴らし散歩をしている足音、遠くから聞こえる聞いたことのない音…全てが興味の対象になる犬もいます。

外から聞こえる音に興味を持った犬は、外の様子を家の中からでも探れる窓に近づき、外で何が起きているのか知ろうとします。この家の中から外を覗いている様子を飼い主が見ているのです。

3.外から聞こえる音に警戒している

身を乗り出して窓の外を見つめる子犬

単に外から聞こえる音に興味を持っているのではなく、聞こえる音や犬の性格によっては警戒していることもあります。

臆病な犬や警戒心の強い犬の場合、聞き慣れない音が聞こえると不安を感じ、自分の身に怖いことが襲いかかってこないかどうかを警戒する犬は多いです。音の正体を探るため、じっと窓から外を覗き、音を聞き取ろうとします。

4.縄張り意識から家族や家を守ろうとしている

警戒心が強く、外の音に警戒している犬の中には縄張り意識から自分の身だけではなく、家族や家を守ろうと心理が働いていることもあります。

もともと群れで行動していた犬にとって、ごく自然な心理と言えます。自分が住んでいる寝床や仲間を守るため、常に外を監視することで、いざ外敵が襲ってきた時にも即座に対応できるように構えているのです。

しかし、現在ではその警戒心が無駄吠えなどで近所迷惑となることもあります。このように窓から外に向かって吠えてしまう犬に対しては、窓の外に注意が向かないよう窓から離れた場所に柵を設けるなどして対応すると良いでしょう。

5.飼い主や家族の帰宅を待っている

ドアの外を見つめる犬

留守番中や家族の中の誰かがまだ帰宅していない場合、家族の帰宅を待っている可能性も高いです。

特に、犬は飼い主のルーティングをよく観察し、学習しています。体感でいつ頃帰ってくるのか学習しているため、いつもの帰宅時間になると窓やドアの近くに行き、飼い主の帰りを待つ犬は多いです。

また、犬は人間には聞こえない距離の音を聴き取ることや足音の判別ができると言われています。そのため、愛犬には飼い主や家族が帰ってくる足音が早くに聞こえており、「もうすぐ帰ってくる!」とそわそわしているのかもしれません。

まとめ

おすわりして窓の外を見つめる犬

いかがでしたでしょうか。犬が家の中から外を覗いている時、「散歩に行きたい!」以外にも様々な心理が働いています。普段よく見る光景ですが、犬の心理を詳しく知ると、その様子から愛犬の心理を読み解くことができ、より愛おしく感じることでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。