犬が『夏バテ』をしている時の症状3選!対処法と予防するための対策

犬が『夏バテ』をしている時の症状3選!対処法と予防するための対策

高温多湿な日本の夏は、人間にとっても犬にとっても蒸し暑くて過ごしにくい環境です。夏バテを起こす人も多いですが、これは犬も例外ではありません。暑さから夏バテを起こしてしまうと、犬はどのような症状を引き起こすのでしょうか。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬も夏バテをする!夏バテをしている時の症状は?

夏に外で過ごす犬

日本の暑い夏を過ごしていると、暑さに体が追いつかず夏バテを引き起こす人は多いですよね。しかし、それは人間だけではありません!犬も夏バテを起こしやすい動物です。では、犬が夏バテをしている時、どのような症状が見られるのでしょうか。

1.食欲不振

食欲不振に陥る犬

犬が夏バテをしている時、最もよく見られる症状に食欲不振が挙げられます。普段はごはんを出すと嬉しそうに食べる犬も夏バテすると食欲が落ち、ごはんなどの食べ物に興味を示さなくなります。

家の中をウロウロと歩き回っているため、食欲不振だけだと夏バテを疑わない飼い主も多いですが、実は夏に入ってから食欲不振を引き起こしている場合、元気であっても夏バテになっている可能性が高いです。

「暑くなってからごはんを食べる量が減ったな」「おやつに興味を示さなくなった」といった変化が見られたら要注意です。

2.夏に入って横になる時間が増える

横になりくつろぐ犬

食欲不振と同時に起こりやすい夏バテの症状に、元気がなくなるといった様子が挙げられます。

普段は元気に飼い主の後をついて回ったり、「散歩」と声をかけると嬉しそうにする愛犬が、夏に入ってから横になっている時間が増えたり、散歩に対して反応が鈍くなるということはありませんか。

人間も夏バテになることがあるので、経験がある人もいるでしょうが、犬も夏バテになると体力の消耗が早くなり、何をするにも気力が起きなくなります。そのため、1日のうち多くの時間を横になって過ごしたり、休んでいることが多くなったりするのです。

3.便秘や下痢

湯たんぽを抱える犬

夏バテで見られる症状の中に、消化器系のトラブルが挙げられます。これは、夏バテによって体力の消耗が激しく、体力が落ちているために消化器系の働きが弱くなっていることが原因です。

愛犬が暑くなってから便秘気味になったり、うんちが緩くなるなどの下痢症状が頻繁に起こったりする場合は、夏バテが影響している可能性があります。

また、夏はウェットタイプのドッグフードが食中毒症状を引き起こすケースもあるので、夏バテの他に食中毒症状も疑うべきでしょう。

犬が夏バテになったら?対処法と予防するための対策を解説

ぐったりしているトイプードル

もしも愛犬が夏バテの症状を引き起こしたら、飼い主はどのように対処するべきなのでしょうか。ここでは犬が夏バテになった時の対処法と、これからやってくる夏に向けて、愛犬が夏バテにならないよう予防するための対策法を紹介します。

1.犬が夏バテになった時の対処法

ウェットタイプのドッグフード

愛犬が夏バテになっているのでは…と疑いを持った場合、まずはじめに行いたい対処法は食事の工夫です。

普段のドライフードのままでは食欲を復活させることが難しいので、少しふやかして食べやすいようにしたり、夏バテの間だけでもウェットフードに替えるなど、犬が食欲をそそられるような工夫や食べやすい工夫を実践してみましょう。

もしもウェットフードやふやかしたドライフードでも食べられない場合は、ペットショップや通販で販売されている犬用のスープなどを使うと、無理なく栄養を摂取することができます。

同時に行いたい対処法が室温調節です。エアコンの温度設定を下げると電気代がかかる…と気になる方もいると思いますが、まずは愛犬の健康を第一に考え、エアコンの温度設定を28℃から26〜27℃設定へと落としましょう。犬種によっては25〜26℃設定が適している犬種もいます。

基本的に以上の対処法を行うことで、しばらく様子を観察していると徐々に元気を回復していくことが多いです。しかし、数日経っても全く改善されない、食欲が戻らないようであれば、かかりつけの動物病院で診察してもらいましょう。

2.犬が夏バテにならないために…夏バテを予防するための対策

エアコンの温度を変える女性と犬

これからやってくる蒸し暑い日本の夏に向けて、愛犬が夏バテにならないようにするには、飼い主がどのような予防策を用意できるのでしょうか。以下のポイントを押さえることで、夏バテを予防するのに役立ちます。

  • 室温は犬に合った適温(25〜27℃)を意識する
  • 水分は多めに用意しておく
  • 散歩の時間帯は暑い日中を避ける(早朝や夜など)
  • 夜はしっかり睡眠をとらせる

この4つのポイントを押さえることで、夏バテを回避できる確率が上がります。必ずしも回避できるわけではありませんが、できる限りこの予防策を実践しましょう。

まとめ

水を飲む犬

いかがでしたでしょうか。犬も人間と同じように夏バテをします。むしろ、人間よりも日本の気候に適応していないため、夏バテを起こしやすいと言えるでしょう。まずは夏バテにならないための予防策をしっかり行い、夏バテになってしまったら、紹介した対処法を素早く実践しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。