犬を飼うメリット・デメリット!飼う前に知っておきたい大変なコト

犬を飼うメリット・デメリット!飼う前に知っておきたい大変なコト

犬が好きで飼ってみたい!でも実際に飼ってみるとどんなことが起こるか想像できますか?もちろん可愛い愛犬と過ごせる毎日にはメリットもたくさんありますが、それなりにデメリットもあるものです。犬を飼う前にぜひ大変なコトも把握しておきましょう。

お気に入り登録

犬を飼うメリット・デメリット!飼う前に知っておきたい大変なコト

ウインクする犬

お散歩中の可愛い犬を見た時、テレビの動物番組で感動するような犬のエピソードを見た時、ネットの動画で胸がキュンキュンするほど癒されるような犬の姿を見た時など「犬を飼いたい!!」と強く思う方は数多くいるかと思います。

犬は「命」です

確かに家族として迎え入れた犬は本当に可愛くて愛しくてかけがえのない存在になります。ただ当然ながらオモチャのヌイグルミではなく「命」です。犬は多くの感情を持つ生き物なので実際に迎え入れると飼い主さんの思い通りにならな場面は多々あります。

予想以上に吠えて近隣から苦情がくる、トイレを覚えてくれない、家族に犬アレルギーの症状が出るようになってしまったなど、想定外の大変な出来事が起こってしまう可能性は大です。

いざ迎え入れたはいいが「大変すぎて疲れてしまう…」「手放してしまいたい…」というような状況にならないよう、犬との生活に起こるメリット・デメリットをぜひ知っておいてください。

犬を飼うメリット

パソコンの上にアゴを乗せる犬

1.とにかく癒される

可愛い愛犬の癒しの効果は絶大で、仕事でヘトヘトになって帰宅しても愛犬が熱烈歓迎でお迎えをしてくれると心が和みますよね。

またひどく落ち込んでしまう出来事があっても、愛犬が仰向けの状態でおへそを見せて幸せそうに寝ている姿を見るとクスッと笑みがこぼれてしまうものです。愛犬の存在に心を癒されている飼い主さんはとても多いはずです。

2.心が強くなる

愛犬には心が癒されると同時に「愛犬のためにしっかりしなくては!」と感じる瞬間もあるのではないでしょうか。犬は人の感情を読み取ることがとても上手な動物です。飼い主さんが落ち込んでいると心配げに顔を覗き込んでくるなんてことも…。

また愛犬が病気になってしまった時、心配ばかりしていては犬は余計に不安になってしまうもの。飼い主さんの心が元気な状態であることが、愛犬の元気に繋がるなんてこともあります。「愛犬のために強くなろう!」と決意する飼い主さんもいるかと思います。

3.家族が仲良くなる

犬を飼うと意外と「犬中心」の生活になるご家庭が多く、なんとなく会話が少なかった家庭内でも愛犬の話題で盛り上がったり、リビングで愛犬と共に家族みんなで過ごす時間が増えるでしょう。

4.友人が増える

初めて犬を飼うと必然的に犬について詳しくなりたいと感じるものだと思います。職場でそれほど話したことのなかった犬を飼っている人とよくお話をするようになったり、お散歩中や動物病院、ドッグランなどで「犬友達」ができることもあります。

犬を飼うデメリット

散らかった部屋と犬

1.旅行に行きづらい

すべてのご家庭に当てはまるわけではありませんが、犬を飼うと「旅行に行きづらい」という声は多いようです。

愛犬自身がペットホテルへのお泊りを嫌がるというのも理由のひとつですが、飼い主さん自身が「心配で置いていけない…」なんて気持ちになってしまうこともあるよう…。もちろん犬同伴で行ける場所もあるので飼い主さんと一緒に旅行を楽しんでいる犬もいます。

2.自分の時間が少なくなる

自分自身の時間がかなり減るのは覚悟しておいたほうが良いと思います。お散歩の時間、ケアの時間、ご飯を用意する時間もあれば、粗相をしてしまった時は片付けにも時間がかかります。

それに加えコミュニケーションの時間も必要。甘えん坊な性格の犬であれば飼い主さんがトイレに行くだけでもついてくるなんてこともあります。ホッとひとりで過ごす時間がほとんどなくなる可能性もあります。

3.お金がかかる

犬を迎え入れるのであれば必要最低限用意するものにお金がかかるのは当然ですよね。初期費用としてはケージやリードや首輪、トイレトレーに給水機、ベット等々。月々かかる費用は食事代やトイレシート、シャンプーなどのケア用品なども必要になります。

その他、狂犬病の予防接種、ワクチン接種、季節によってはフィラリアやマダニの駆除薬も必要になります。元気に過ごしていてくれてもお金は毎月かかりますが、病気や怪我をしてしまった時は治療費もなかなか高額になってしまいます。

4.しつけが大変

犬のしつけは意外と大変なものです。トイレひとつ覚えるのも相当時間がかかる個体もいます。根気よく愛犬と向き合いひとつひとつ学習してもらうことで、確実に犬は覚えていってくれますが、飼い主さんによっては、覚えてくれないことでノイローゼになってしまうケースもあります。

まとめ

走る犬とその飼い主家族

今回ご紹介させていただいた内容はあくまで一部であるとともに、起こりえる可能性があるものばかりです。犬との生活にはメリットもデメリットも他にもたくさんあると思います。

我が家の場合、6歳のフレンチブルドッグと暮らしていますがアレルギー体質なことと、その他いくつかの疾患があるのでびっくりするほどお金がかかります。また愛犬自身がハウスダストアレルギーでもあるので毎日の掃除がものすごく大変です。

ただ逆に考えると愛犬のおかげでお部屋はいつもとても綺麗。デメリットも考えようによってはメリットになることもあります。犬を迎え入れるのであれば生活がガラッと変化することを楽しみ、起こりえるデメリットも前向きに捉えるよう過ごすと気持ちも楽かもしれません。

個人的には「可愛いから飼ってみたい!」という安易な気持ちで犬を飼うことが絶対的に悪という訳ではないと思っています。その結果、幸せに過ごしている犬もたくさん存在しているはずです。

ただし犬は「命」であることを絶対に忘れないで下さい。経済的な余裕と心の余裕、そして最期の日まで愛情を注ぐ覚悟も必要だと思います。心のどこかに「大変そうだな…」「手放すことになるかもな…」などマイナスな思考が少しでもあるのであれば犬を飼うのはまだ止めておいたほうがよいでしょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    俺の場合はメリットはゼロと言っても過言ではないと思います。はじめて飼った頃はそれなりに癒しはあったかもしれません。しかし今では癒しなど微塵も感じません。犬を飼うのはデメリットの方が多いと思います。価値観によってメリットデメリットの差はあるかもしれません。少なくとも俺はデメリットだらけです。時間はなくなるわ金は減るわ制限かかるわ嫌なことばっか。でも俺は犬の所有者であり最高責任者です。その気持ちは負けないのでどんなに自由が奪われようと構いません。だれにも負けない飼い主になるためなら俺は命だってかけれます。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。