犬が『飼い主に怯えてる』ときに考えている3つのこと

犬が『飼い主に怯えてる』ときに考えている3つのこと

最近犬に避けられているような…そう感じたら、あながち間違いではないかもしれません。心当たりがなければ、飼い主としてもどう接してあげたら良いか分からず、困ってしまいますよね。自分自身の行動を客観的に見つめ直し、犬が怯える理由を考えてみましょう。

お気に入り登録

️怯える犬、どんなことを考えている?

シェルターで過ごす犬

1.「怒られたくないよ〜…」

無意識のうちに、しつけと称して頭ごなしに怒鳴ってしまっていませんか?

ダメなことを叱るのは大切ですが、過度にしつこく怒り続けても犬に恐怖心を植え付けるだけです。

普段から怒ってばかりいると「怖い飼い主」のレッテルを貼られて、いずれ犬が近寄らなくなってしまいます。

2.「今日、機嫌が悪いんでしょ?」

飼い主の怒りが自分に向けられていなくても、大声や罵声を聞いたら、犬は不安な気持ちになります。

家族の喧嘩、電話中のイライラなど険悪な雰囲気を目の当たりにすると、犬もストレスを感じています。

飼い主のストレスは、犬にも伝染するのです。

感受性が高いからこそ、良いことも悪いことも影響を受けやすいと言えるでしょう。

3.「病院には行きたくない!」

犬は飼い主の行動をよく見ています。

キャリーバッグを用意したり、車の鍵を持つ様子を見るだけで、「もしかして今から病院に連れて行こうとしている?」とパニックになる犬がいます。

動物病院が好きな犬はほとんどいないでしょうが、車やキャリーバッグが怖いものとしてインプットされてしまわないよう、工夫しなくてはいけません。

️家庭内でも「ハンドシャイ」は起こる?

悲しそうなアメリカンコッカースパニエル

「ハンドシャイ」とは、犬が人の手を異常に怖がる状態のことです。

過去の嫌な記憶が原因となり、頭や顔を触ろうとすると、体をすくめたり目を思いきりつむって、怖がるような仕草を見せます。

原因の1つに「虐待」がありますが、虐待とは無縁の円満な家庭でも、ハンドシャイは起こることがあります。

軽く頭を叩くなど、しつけのつもりで行っていた行動が関係しているかもしれません。犬への接し方、触り方を見直してみましょう。

️犬との関係性を修復するには?

犬を撫でる小さな男の子

ちょっとしたすれ違いや飼い主の軽率な行動により、犬との間に溝ができてしまうことは、往々にしてあります。

時間はかかりますが、関係性を修復するためには、早めの対処が必要です。

以下の例を参考にしてみて下さい。

  • 穏やかな精神状態で接する
  • 急に近付かない
  • 気分によって態度を変えない
  • 犬が嫌がることはしない
  • 手からおやつをあげてみる

️犬は「飼い主の笑顔・笑い声」が好き!

自撮りする女性と犬

飼い主が犬の笑顔に癒されるように、犬も飼い主の笑顔を見て笑い声を聞きながら、幸せを感じています。

嬉しいときに見せる笑顔は「リラックススマイル」と呼ばれていて、柔らかい表情をしています。

本来、犬は「笑う」表情を作ることはできないそうです。笑っている人のマネをして、笑顔を学習すると言われています。

笑顔によって、信頼関係が築き上げられていくなんて、素敵だと思いませんか?

️まとめ

何かに怯える子犬

縁あって一緒に暮らしているはずなので、飼い主の顔色を窺いながら怯えて生活していては、犬にとって良い環境とは言えません…。

のびのびと楽しい毎日を過ごす方が、充実した犬生を送れているのは明白です。

「犬は絶対にこうあるべき」という固定概念は一旦忘れて、愛犬の本質にしっかりと向き合ってみましょう。

全てを受け入れ、言いなりになる必要はありませんが、ときには犬の意思を尊重するシーンがあっても良いのではないでしょうか。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。