『耳が悪い犬』が見せるサイン4選!病院に連れていくべき症状とは?

『耳が悪い犬』が見せるサイン4選!病院に連れていくべき症状とは?

この記事では、意外と気がつきにくいとされる耳のトラブルが起きている時に犬が見せるサインをご紹介します。できるだけ早く気がつき、適切な対応を取れるようにぜひチェックしておいてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.耳のにおいや色の変化がある

耳掃除されているダックス

耳からツンとしたようなにおいがしたり、耳垢が急激に増えたり、耳内部の皮膚が赤くなったりという変化が見られる時は、犬の耳にトラブルが起きている可能性があります。

耳はさまざまな病気、トラブルを招く可能性のある部位で、その症状としてにおいや皮膚の色、耳垢の量・質などに変化が起こるのです。

特にたれ耳の犬は内部が蒸れやすくトラブルを引き起こしやすいだけでなく、においや色の変化などに気がつきにくい傾向もあります。

そのため、気がついた時には病気やトラブルがかなり進行してしまっていることもあるため、日頃からこまめにチェックすることを習慣づけましょう。

2.頭を頻繁に振る、地面に耳をこすりつける

頭を振っている犬

犬が頭をぶるぶると振ったり、頭の片側を地面にこすりつけるような行動をしたりしている時は、耳に何らかな違和感を感じている可能性があります。

耳の疾患には、外耳炎や中耳炎、内耳炎、腫瘍などさまざまなものがありますが、その多くでかゆみや痛みを伴います。

また、詰まったような感覚や耳だれによる不快感などを感じることもあるでしょう。

犬はかゆみや不快感を解消するために、耳を後ろ足で掻くだけでなく頭を振ったり、こすりつけたりすることがあります。

痒みや違和感が一過性であれば、何度か行って解決すれば問題ありません。何度もくり返していたり、掻きすぎなどで傷ができてしまったりする場合はすぐに動物病院に連れて行ってあげましょう。

3.まっすぐに歩けない、ふらつく

女性とコッカー

散歩中や家の中で歩いている時などに、何もない場所で突然転んだり、ふらついて倒れてしまったり、まっすぐ歩けなくなったりすることがあれば、耳の奥深くで深刻なトラブルが起きている可能性があります。

鼓膜の向こうの中耳よりもさらに奥にある内耳には、耳の聴こえだけでなく犬の体の平衡感覚を司る神経にも影響を及ぼす三半規管や蝸牛という器官があります。

これらに炎症が起きたり衝撃が加わると、体のバランスが保てなくなって頭が傾いたままになってしまったり、ふらついてまっすぐ歩けなくなってしまったりします。

「前庭障害」と呼ばれるこの疾患が、内耳炎が原因で起こる場合もあれば、原因不明の場合もあるとされています。

突発性のほとんどは、対処療法のみで数日のうちに回復しますが、中には後遺症が残ったり再発したりすることもあります。

4.近くで呼んでも気がつかない

犬の後頭部

犬が近くにいる時に後ろから呼んだり、姿の見えない場所から呼んだりした時になかなか気がつかないようであれば、耳が聞こえなくなっている可能性があります。

犬は病気や事故、老化などさまざまな原因で耳の聴こえが悪くなります。

しかし、犬は聴覚にそれほど頼っていないと言われています。耳が聞こえなくなっても生活上大きな不便はなく、飼い主さんもその変化に気がつきにくいとされています。ただし、急に触ったりするとびっくりしてしまいますので、必ず犬の前に回って気づかせてから触るなどの工夫が必要になります。

老化によって耳が遠くなった場合には治療する必要はありませんが、若いうちに聴こえが悪くなった場合は中耳炎や前庭障害、腫瘍などの疾患の影響が考えられるため、念のため動物病院で検査してもらうことをおすすめします。

疾患やトラブルが改善することで、耳の聴こえも回復する可能性が十分にあります。

まとめ

片耳を上げるジャックラッセル

犬の耳に何らかのトラブルが起きている場合、違和感や不快感を取り除こうとして耳を頻繁に掻いたり、頭を振ったりする様子が見られます。

そのような様子が見られたら、汚れが溜まっていないか、傷や炎症がないかなどをチェックしてください。

見た目に異常はなくても、耳を気にする様子が続く場合は、見えない場所でトラブルが進行している可能性があるので、念のため動物病院に連れて行くことをおすすめします。

また、耳の疾患やトラブルが悪化する前に対処できるように、日頃からこまめに耳のにおいや耳垢の色などをチェックするようにしましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    うちの愛犬はよく頭を床に擦り付ける仕草をします。他には耳を掻くこともあります。梅雨や夏は耳トラブルが多いため定期的に耳掃除が必要です。汚れやにおいがする場合は耳洗浄が効果的ですが飼い主では難しいので動物病院に行ってお願いしましょう。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。