犬の『足を舐める癖』に要注意!考えられる4つの原因と適切な対策法

犬の『足を舐める癖』に要注意!考えられる4つの原因と適切な対策法

犬が足を舐めるのはヒマつぶしのためだけでなく、実は病気が隠されている恐れがあります。愛犬の仕草をよく観察してしっかりと見極めなければなりません。足を舐める原因と対策法をご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

足を舐める原因4つ

足を舐める犬

①ヒマつぶし

犬は「ヒマだなあ」と感じたとき、足を舐めることがあります。何もすることがなくなったときや、飼い主さんが就寝したあとや出かけたあとに舐めているのかもしれません。

これは単なるヒマつぶしで、人間でいうと髪の毛を触ったり貧乏ゆすりをしたりするなどの癖の一種です。

②ストレスを感じている

犬はストレスを感じると、気分を紛らわせるためにしきりに足を舐めます。

主に下記のものが、犬にとってのストレスと考えれらます。

  • 飼い主さんが構ってくれない
  • 飼い主さんの過度なコミュニケーション
  • 飼い主さん同士のケンカ
  • 長時間のお留守番
  • 大きな音がして怖い
  • 散歩中に他の犬に吠えられて怖い
  • 引っ越しなどの環境の変化

足を舐める他に体を掻く、しきりにあくびをする、視線を外すなどの仕草がみられた場合は、強いストレスを感じている恐れがあります。

③飼い主さんに怒られた

愛犬を叱っているとき、足を舐める仕草をみかけることはありませんか?これは怒られているのを無視しているわけではなく、怖い思いや緊張状態を和らげ、また自分の気持ちを落ち着かせるために起こす仕草です。

④足に違和感を感じる

足をしきりに舐める場合、足に違和感を感じていることが考えられます。足に発疹や脱毛がないか、トゲが刺さってないか、火傷などはないか、などよく観察してみましょう。とくに指先や指の間からアトピーやアレルギーを発症しやすいため、足が痒い、痛いなどと感じているのかもしれません。

また、散歩後は注意して愛犬を観察してみてください。散歩中は草花や地面などに直接触れる機会が多いため、家に帰ったあと痒みやかぶれを強く感じやすいです。また蚊やノミ、ダニにも気を付けなければなりません。

適切な対策法は?

足を噛む犬

①ヒマつぶしの場合→様子をみる

単なるヒマつぶしの場合、心配する必要はありません。起きているときは足を舐める仕草がみられない場合は、退屈を紛らわせるための仕草です。

しかし足が赤くなるほど舐めている場合、下記でご紹介する他の原因が考えられます。

②ストレスを感じている場合→ストレスを除去する

飼い主さんの何気ない行動が、実は犬にとってストレスに感じている恐れがあります。とくに心理的ストレスは表面上にあらわれず、飼い主さんも気付かないことが多いでしょう。

愛犬がよく足を舐めてると気付いたら、まずは「もしかしてストレスが原因かも?」と疑ってみましょう。軽度のストレスは成長において良い刺激になりますが、重度になった場合や継続的なものになった場合は、心のバランスを崩して健康に悪影響を及ぼす恐れがあります。

③足にケガをしている場合→すぐに動物病院へ

足を舐めるだけでなく、下記のような仕草がみられたらすぐに動物病院で診てもらいましょう。

  • しきりに足を噛む
  • 皮膚に脱毛がみられる
  • 皮膚が真っ赤になっている

これらを放置してしまうと症状が悪化し、舐めるのをやめなくなってしまいます。すぐに動物病院へ行き、処置をしてもらいましょう。

まとめ

舌を出す犬

犬はさまざまな理由で足を舐めることが分かりました。単なるヒマつぶしなのか、実はケガや病気が潜んでいるのか、きちんと見極めなければなりません。愛犬が「よく足を舐める」と感じたら、舐めた時間や継続性、タイミング、足の様子などを観察してみましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。