何を伝えたがってるの?犬が飼い主に『しゃべりかけてくる』時の心理4選

何を伝えたがってるの?犬が飼い主に『しゃべりかけてくる』時の心理4選

犬は人間と同じ言語で話をすることはできませんが、さまざまな方法で飼い主さんは語りかけているのです。ここでは、犬が飼い主さんに話しかけてくる時の心理を解説します。

お気に入り登録

1.うれしい!楽しい♪

笑顔のコーギー

犬は「うれしい」「楽しい」というポジティブな感情になった時、それを伝えたり共有したりしようとして飼い主さんに伝えようとすることがあります。

このような気持ちを飼い主さんに伝えてくる時は、高めの声で短く「ワンッ!」と吠えることが多いと思います。

また、楽しさやうれしさによる興奮が抑えきれずに、連続して吠えることもありますし、尻尾をぶんぶんと大きく振り回すようにしていることもあるでしょう。

遊びの最中などにこのような様子が見られたら、ぜひ一緒に盛り上がって遊んであげてください。

大好きな飼い主さんが一緒に盛り上がってくれることで、犬はより一層楽しい気持ちになると思います。

また、自宅にいる時など一緒に遊んであげられないタイミングであれば、にっこり笑ったり軽くなでてあげたりして、気持ちは伝わっているということを伝え返してあげましょう。

2.かまって欲しい

伏せているプードル

飼い主さんの目を見つめて「キューン」「クーン」と鳴いたり、前足や鼻先で飼い主さんの体をツンツン触ってきたりするときは、「かまって欲しい」という意思表示かもしれません。

飼い主さんのことが大好きな犬たちは、スキンシップやコミュニケーションを求めているので、不足していると感じた時はさまざまな方法でそれを伝えてくることがあります。

わかりやすく甘えた声を出すこともありますし、ただじっと飼い主さんを見つめることもあると思います。

犬の性格や状況によってその手段は異なるので、ぜひその気持ちに気がついてあげてくださいね。

3.不安、さみしい…

正面で見つめる犬

甘えたい、かまって欲しいという気持ちに似ていますが、不安やストレスを感じている時にもそれを飼い主さんに伝えてくることがあります。

さみしさや不安を感じていても、声やボディランゲージなどで表現しない犬も多くいますが、それらの感情が強くなってくると何らかの表現情報で伝えてくるようになるので、注意深く観察してあげてください。

留守番中や夜寝る時などひとりになってさみしいと感じている時は、遠くに届くように「ヒーン」「ワオーン」など遠吠えのように高く、細い声で鳴くことがあります。

4.痛い、怖い

ベッドで伏せている犬

犬は体の痛みや恐怖を感じた時、「キャン!」と甲高い声で鳴くことがあります。

例えば、足や尻尾を踏まれた時に、痛みで一瞬吠えるというような場合は飼い主さんもすぐに気がつくと思います。

しかし、腹痛や頭痛など見た目にはわからない痛みを感じている時や、強い不安や恐怖を感じている時は、自分の寝床で小さく丸まってかすれそうな声で鳴いていることもあります。

このような場合はなかなか気がつきにくいとは思いますが、あまり動きたがらない時や声をかけても反応が鈍い時には、そうした状況に陥っている可能性があるので注意しましょう。

わかりにくいかもしれませんが、犬なりにSOSを出していることも多いので、日頃の様子との違いに気がついてあげられるようにしてくださいね。

まとめ

しゃべっている犬

犬は飼い主さんに対してしゃべりかけている、というと声を出して吠えている時をイメージすると思います。

確かに、うれしい時や楽しい時、怒っている時などにワンワンと吠えて伝えることはありますが、声以外の手段でさまざまな感情を伝えてくることがあることも知っておいてください。

犬の場合は人間と同じ言語で話すことはできませんが、声の大きさやトーン、ボディランゲージ、表情などを使って、繊細な感情を表現します。

それらを使って一生懸命飼い主さんに気持ちを伝えたり共有しようとしたりするので、ぜひその気持ちをくみ取ってあげてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。