犬が『体のどこかに痛みがある』時にしている仕草や行動5選

犬が『体のどこかに痛みがある』時にしている仕草や行動5選

『体のどこかに痛みがある時』の犬の仕草や行動をまとめました。しばらく様子を見てもよい状態であるか、すぐに病院に行くべきか、判断する方法や対応について解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

体のどこかに痛みがある時の仕草や行動

横たわって目を閉じるジャックラッセルテリア

1.パンティングをする

体のどこかに急な痛みが起きた時、呼吸が荒くなることがあります。普段からよく見かける「パンティング」という行動です。

散歩や運動をした後、興奮した時、暑い時にする仕草や行動ですよね。

パンティングをする愛犬の様子をおかしいと感じたら体のどこかに急な痛みが起きているサインかもしれません。

痛みによって興奮したり落ち着くことができず、呼吸が荒くなってしまっているのです。

どこに痛みが起きているのか体の隅々まで見てあげてください。確認できない時は病院へ急ぎましょう。

2.怒りっぽく攻撃的になる

体のどこかに急な痛みが起きた時、怒りっぽく攻撃的になることがあります。痛みがあるため体に触れてほしくないのです。

近づこうとすると唸り声をあげて威嚇する、触れようとすると吠えて威嚇する、構おうとすると噛みつくなどすることがあります。

犬自身も痛みの原因がわからずパニックになり、イライラして怒りっぽくなってしまうのです。

攻撃的になってしまった犬の体を隅々まで確認することは難しいかもしれません。

急な痛みによってパニックを起こしたのであれば、しばらく様子を見るうちに少し落ち着きを取り戻してくれるかもしれません。

抱きかかえることも車に乗せることも難しいことがありますが、早めに病院に連れて行ってあげてください。

3.ごはんを食べなくなる

体のどこかに急な痛みが起きた時、ごはんを食べなくなることがあります。

歯や歯茎など口の中が痛い、喉が痛い、胃や腸が痛い、頭が痛いなどすると食欲が低下します。

口臭や歯石はひどくありませんか?

歯石によって歯の付け根にまで細菌が感染し、炎症や強い痛みを起こしているかもしれません。そのような状態になると口臭もひどくなり、出血が起こりやすくなります。

異物を吐き出そうとする仕草や咳をする時は喉の痛みや気管に違和感がある、嘔吐や下痢をする時は胃や腸に痛みが起こります。

丸一日ごはんを食べなかった時、咳や嘔吐などの症状がある時は早めに病院に連れて行ってあげてください。

4.散歩に行きたがらなくなる

歩くのを拒否する柴犬

体のどこかに慢性的な痛みが起きている時、大好きだった散歩に行きたがらなくなることがあります。

手足を引きずったり、かばって歩くような仕草や行動が見られる時は関節炎の可能性が高いでしょう。特に「骨関節炎」は慢性化しやすく、進行性の高い病気です。

シニア犬から老犬に多い骨関節炎ですが、発症すると完治することはありません。生涯付き合っていかなければならない病気です。

少しでも症状がかるいうちに治療を始めた方が良いです。散歩に行きたがらない時、歩き方がおかしい時はすぐに病院へ行きましょう。

5.体を丸めて寝てばかりいる

体のどこかに慢性的な痛みが起きている時、体を丸めて寝てばかりいることがあります。

リラックスしている時や安心している時は犬も体を伸ばして寝ますが、痛みに耐えている間は体を丸めたままです。

痛みが改善されない時、ごはんを食べたりお水を飲んだり、散歩に出かけたりはするものの、それ以外の時間はずっと体を丸めて寝てばかりいるようになります。

動作も普段よりゆっくりと感じられ、元気がないようにも感じられるかもしれません。慢性的な痛みの原因にはガンなどの病気の可能性があります。

ガンによる痛みは進行と共に強くなります。心配や不安になる様子であれば獣医師に検査を依頼してください。

まとめ

目を開けたまま横たわるダックス

体のどこかに痛みがある時の犬の仕草や行動を5つ解説しました。

  • パンティングをする
  • 怒りっぽく攻撃的になる
  • ごはんを食べなくなる
  • 散歩に行きたがらなくなる
  • 体を丸めて寝てばかりいる

愛犬の普段とは違う仕草や行動に不安になるかもしれません。

しばらく様子を見守るのも良いですが、心配しすぎるあまり生活に支障が出てしまっては愛犬まで不安になってしまいます。早めに病院で診てもらいましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。