犬に与えたい『夏野菜』5選♡普段のご飯にピッタリなトッピング食材を解説

犬に与えたい『夏野菜』5選♡普段のご飯にピッタリなトッピング食材を解説

夏野菜には、トマトやナス、かぼちゃ、ジャガイモなど、さまざまな野菜があります。中には、犬が食べられる栄養満点な野菜もあり、普段のドライフードやウェットフードにトッピングできるものも♡今回は、夏野菜の中から普段のご飯にぴったりなトッピング食材をご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

トッピングに最適!犬に与えたい夏野菜5選

夏野菜と帽子をかぶった犬

皆さんは夏野菜と聞いてどの野菜を思い浮かべますか。多くの夏野菜がありますが、夏を乗り切るために必要な栄養素がたっぷり含まれている食材は、ぜひ愛犬にも食べさせたいですよね!

ここでは犬が食べられる栄養満点な夏野菜を紹介します。ぜひドッグフードのトッピングや付け合わせに与えてみてくださいね。

1.とうもろこし

とうもろこしをくわえる犬

とうもろこしは、普段のドッグフードにも含まれている夏野菜の1つです。そのため、犬が食べやすく、ドッグフードに混ぜたりペースト状にしてトッピングしたりしやすい食材です。

とうもろこしには食物繊維が含まれているだけでなく、抗酸化作用のあるビタミンや水分バランスをコントロールするカリウムが含まれています。脱水症状を予防する役割もあるので、夏に与える野菜としてもピッタリです。

しかし、とうもろこしはアレルギー症状を引き起こしやすい野菜でもあります。粒のまま与えると消化できなくてそのままの形で便とともに排泄されることもあります。まずは1〜2粒から与えて様子を見た上で、与えすぎには注意しましょう。また、味付けも禁物です。

2.きゅうり

きゅうりをくわえる犬

夏野菜の定番にきゅうりがあります。犬もきゅうりを食べることができるので、薄くスライスして普段のドッグフードにトッピングしてあげると良いでしょう。

きゅうりにはビタミンKが豊富に含まれていて、これはカルシウムを定着させる役割を持つため、骨を丈夫にする働きが期待できます。骨がもろくなりやすいシニア期の犬には最適です。また、貧血防止にも役立つので、貧血を引き起こしやすい夏場にピッタリでしょう。

きゅうりは全体の95%が水分でできていると言われています。水分を多く必要とする夏場は、お散歩のお供や水分補給がわりとしても活躍してくれますよ!

食べ過ぎると下痢になる可能性もありますので、ほどほどに。

3.トマト

トマト

夏野菜の代表とされるトマトは、基本的に完熟したトマトであれば犬も食べられます。トマトには高銀酸化作用を持つリコピンや皮膚の健康を維持するビタミンCなど、犬にとって必要な栄養素が豊富に含まれています。

また、きゅうりと同じく90%が水分でできているため、脱水症状を引き起こしやすい夏場には、水分補給の役割も担ってくれます。

しかし、トマトは交差性アレルギー反応を引き起こしやすいデメリットを持ちます。スギ、ブタクサ、シラカバのアトピーを持つ犬の場合は、トマトを与えることは控えましょう。また、トマトの緑色の部分や葉・茎・花にはトマチンという毒になる物質が含まれています。完熟した赤い実の部分は問題ありません。品種改良されたカラートマト緑色は食べても大丈夫です。注意して与えてください。

4.オクラ

オクラ

オクラを犬に食べさせるという認識はあまり広まっていませんが、実は犬にとっても夏バテ防止に貢献してくれる夏野菜です。小さめなのでドッグフードにトッピングしやすい点も魅力的ですね。

オクラには、整腸作用や皮膚や被毛の健康を維持する効能、さらに90%の水分量が含まれます。βカロテンは皮膚や被毛の健康を維持する上で、紫外線ダメージから守る働きもあるため、夏にピッタリな野菜と言えるでしょう。

丸ごと飲み込んで喉に詰まらないよう、みじん切りにするなどしてトッピングしてあげる方法が好ましいです。また、味付けはせず、下痢の症状を引き起こさないためにも与えすぎには注意してください。

5.かぼちゃ

かぼちゃと子犬たち

意外と冬野菜として勘違いされやすいかぼちゃですが、実は夏野菜です。かぼちゃには、犬にとって必要な栄養素が豊富に含まれている上、味付けしなくても甘みがあり、好む犬も多い食材です。

かぼちゃを食べることで、免疫力を上げる効果が期待できたり、皮膚や被毛の健康を維持する効果が期待できます。また、食物繊維も豊富に含まれているので、便秘予防にも効果的です。ビタミンB1による疲労回復効果も夏バテ予防にはピッタリでしょう。

ただし、かぼちゃには食物繊維と糖質が多いため、食べ過ぎてしまうと肥満や下痢の原因となります。必ず一口程度の少量を与えるようにとどめてください。

まとめ

きゅうりをくわえる犬

いかがでしたでしょうか。夏野菜の中には、犬に食べさせてはいけない食材もあります。今回紹介した食材は、アレルギー症状や調理法に気をつけることで栄養を効果的に摂取できるので、ぜひ与えすぎに気をつけながら楽しんでください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。