犬が『クーラー病』になっている時の症状4選!絶対にしてはいけないNG行為とは?

犬が『クーラー病』になっている時の症状4選!絶対にしてはいけないNG行為とは?

夏場は愛犬の熱中症が心配で、クーラーを長時間つけておくことが多いと思いますが、部屋の冷やしすぎには注意が必要です。なぜなら、犬もクーラー病になることがあるからです。この記事では、犬が『クーラー病』になっている時の症状と、犬が『クーラー病』になる恐れのある絶対NG行為をご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

『クーラー病』とは?

エアコンと観葉植物

『クーラー病』とは、クーラーの効いた室内で体が冷えすぎたり、涼しい室内と暑い室外を行き来することで自律神経のバランスが崩れ、体調不良を起こすことです。自律神経は全身の臓器や血管などをコントロールする神経であるため、クーラー病になるとさまざまな症状が現れます。

クーラー病を経験されている飼い主さんもいるかと思いますが、人間だけでなく犬もクーラー病になることがあります。特に体温調節が上手くできない子犬や老犬は、クーラー病になりやすいと言われています。

犬がクーラー病になっている時の症状は?

食欲のないゴールデン・レトリーバー

①元気低下

クーラー病になると自律神経の乱れから体がだるくなったり、疲れやすくなったりすることがあります。つまり、元気がなくなるのです。愛犬が1日中だるそうに寝そべっていたり、散歩に行きたがらなかったりする場合は要注意です。

②下痢や嘔吐

下痢や嘔吐といった胃腸の不調は、クーラー病によく見られる症状です。自律神経の乱れによって、胃腸の働きが低下することが原因と考えられます。

③食欲不振

自律神経の乱れによる胃腸の働きの低下から、食欲がわかなくなることもあります。長時間クーラーによってキンキンに冷えた部屋で過ごすことが多い愛犬の食欲が低下した場合は、クーラー病が疑われます。

④風邪のような症状

くしゃみや鼻水、咳といった、まるで風邪のような症状も見られます。自律神経が乱れると鼻の粘膜が過敏になったり、気道が狭くなったりするため、くしゃみや鼻水、咳が出るのです。咳はクーラーによる乾燥でも誘発されるので、湿度は50%程度を保つようにしましょう。

犬が『クーラー病』になる恐れのある絶対NG行為は?

バリカンで刈られるヨーキー

①室温を下げすぎる

クーラーで室温を下げすぎると、犬の体が冷えすぎたり、室内と外気の温度差が大きくなったりして、クーラー病になりやすくなります。冷気は下に溜まるため、人は快適でも犬は寒さを感じていることがあるので注意が必要です。

犬にとって快適なクーラーの設定温度は、26℃前後が目安と言われています。しかし犬それぞれ快適に感じる温度は異なるため、愛犬の様子をよく観察することが大切です。

震えたり、体を丸めたりして寒そうにしていないか、パンティング(舌を出してハァハァと浅く速い呼吸をすること)をして暑そうにしていないかなどをこまめにチェックして、室温を調整しましょう。

冷気が下に溜まらないように扇風機を併用して空気を循環させたり、犬が寒さを感じたら自分から温まれるようにブランケットを用意したりするのもおすすめです。

②クーラーの風が直接当たる場所にベッドやハウスを置く

愛犬が涼しく過ごせるようにと、クーラーの風が直接当たる場所に犬用ベッドやハウスを置くのはNGです。冷気に直接当たり続けていると体温が奪われ、体が冷えすぎてクーラー病になるリスクが高まります。

犬用ベッドやハウスは、クーラーの風が直撃しない場所に置きましょう。

③丸刈りにする

夏になるとサマーカットの犬を見かけます。サマーカットの犬はかわいらしくて涼しげですが、バリカンで丸刈りにするのはよくありません。丸刈りの犬がエアコンが効いている室内にいると、必要以上に体が冷えてクーラー病になってしまうことがあります。

さまざまな刺激から皮膚を守るためにも、サマーカットにするなら極度に短くするのではなく適度な長さにするのが理想的です。被毛を数センチ残してカットしてもらうといいでしょう。

まとめ

エアコンとジャック・ラッセル・テリア

犬も人と同じようにクーラー病になることがあります。愛犬がクーラー病にならないように、ご紹介した絶対NG行為は行わないように注意しましょう。

もし愛犬にクーラー病の症状が見られたら、念のため動物病院を受診することをおすすめします。なぜかというとクーラー病の症状は、ほかの病気でもよく見られるからです。特に症状が重かったり、長引いたりする場合は、速やかに受診しましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。