『犬が嫌いな音』5選!その理由やストレスを与えないためのコツ

『犬が嫌いな音』5選!その理由やストレスを与えないためのコツ

犬は人間の約2倍の音域を聴き取ることができ、さらに人間の約4倍も先の音を聴き取ることが可能です。これほど聴覚に優れている犬は、音の種類にも敏感で、嫌いな音が耳に入ると強いストレスになることも…。犬が嫌いな音を理解して、犬にストレスを与えないよう工夫しましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬は聴覚が非常に優れた動物!そんな犬が嫌いな音とは?

不安そうに耳を寝かせる犬

犬は聴覚や嗅覚が優れているという話は有名ですよね。では、具体的にどのくらい聴覚が優れているのかご存知でしょうか。人間と比べると、犬は約2倍もの音域の音を聴き取ることができ、尚且つ、犬が聞き取れる音の距離は人間の約4倍とも言われています。

そんな犬たちは、音の種類にも敏感です。基本的に突発的な音や人工的な音を苦手とする傾向が強く、嫌いな音を聞き続けてしまうと強いストレスにもなりかねません。ここでは、犬が嫌いな音をいくつか紹介します。

1.体に地響きが走るような衝撃音

雷を怖がる犬

犬が苦手な音として、多く挙がる音といえば雷ではないでしょうか。雷の音は、体の底から地響きが走るような衝撃を受ける音なので、自然界の音であっても、犬にとっては恐怖を煽る音として認識されます。

また、広範囲にわたる地の底から響くような低い音という点も、犬に警戒心や恐怖心、不安感を煽る要因の1つと言えるでしょう。

2.突発的に起こる大きな音

犬は警戒心の強い動物なので、突然の出来事に対して苦手意識を持つ子が多いです。音に関しても、突然起こる大きな音にはびっくりしてしまうためストレスを感じるのです。

例えば、突然「パァーン!」と音がなる花火などは典型的な例です。夏の花火大会などが行われると、花火の音を聞き取り驚いて興奮状態に陥ってしまう犬は多いです。また、テレビの音であっても不安そうな様子を見せる犬も多いでしょう。

他にも上から物が落ちた時の音や何かの破裂音なども、突発的で大きな音を出すため犬は苦手です。

3.聞き慣れていない金属音

金属音は人間でも苦手な人が多いと思います。犬も人工的であり、尚且つ耳に刺激の強い金属音に対して、不快感や恐怖心を抱く犬は多いと言われます。

よく首輪にジャラジャラと金属がついた物を選ぶ人がいますが、犬にとって自分の首元から金属音がなる状況は、強いストレスとなることがあります。なるべく犬の近くには、金属を使ったものを置かないようにしましょう。

4.「キーン」と耳に響くような高音

一緒に遊ぶ犬と子供

金属音も含まれますが「キーン」と耳に響くような高音は、犬の警戒心を強める音なので、苦手意識を持ったり、警戒心を煽ったりすることがあります。

よく子どもが苦手な犬の話を聞きますが、これは子どもの声が比較的高く、大きく、そして突発的な行動や声を出す子が多いからです。犬にとって苦手な要素を多く持つ子が多いため、子どもに苦手意識をもつ犬が多いと考えられます。

また、人間も不快に感じるモスキート音は、犬にとって聞き取りづらい音ではなく、普通に聞こえる音に含まれます。非常に高い音なので、犬にとっても不快な音として認識されています。

5.過去に嫌な経験を持つ音

過去に犬が嫌な経験を持ち、その経験にダイレクトにつながる音も嫌いな音に入ります。例えば、急に大きな音を出し怖かった『掃除機』や、ちょっぴり苦手な人が家にやってきた『インターホン』などが挙げられます。

他にも、別の犬にとっては大丈夫だけれど、過去の経験から特定の犬にとっては苦手な音も多くあります。飼い主が日頃から観察し、このような苦手な音を特定しておいてあげると良いでしょう。

犬に『音』でストレスを与えないためのコツは?

怯えて床に伏せる犬

ここまで紹介してきた音は、多くの犬が苦手としています。普段は落ち着いて過ごしている様子を見せていても、実際はストレスが蓄積されていることが多いです。では、犬に音でストレスを与えないためには、どのように飼い主が工夫するべきなのでしょうか。

1.子犬期に様々な音に触れさせる

子犬期であれば、子犬期のうちに多くの音に触れさせることが重要です。子犬期に聞き慣れた音は、成犬になってからも聞き慣れた音として苦手意識を持つことが少なくなります。

様々な場所に散歩に連れて行き、いろいろな音や環境に触れさせてみたり、アプリやテレビなどを活用して、小さな音から少しずつ慣れさせるといった方法もあります。

インターホンを怖がらないよう、飼い主があえてインターホンを1日1回は鳴らすなどして、インターホンの音に鳴らすという方法もオススメです。

2.嫌な経験から苦手意識を持つ音は小さな音から慣れさせる

驚くチワワ

犬として嫌いな音ではなく、嫌な経験から苦手意識を持ってしまった音に対しては、犬が無理をしない程度に、少しずつ慣れさせることも大切です。まずは小さな音から聞かせて、徐々に通常のボリュームに慣れさせて行きましょう。

また、苦手になってしまった音を聞かせている間は、犬は喜ぶようなことをしましょう。例えば、思いっきり一緒に遊んだり、おやつをあげたりといった行為です。

苦手な音が鳴っている時に良いことが起こると、犬は「この音が鳴ると良いことが起きる」と徐々に学習して行き、苦手な音から良いことが起きる音として、ポジティブな印象に上書きされます。焦らずゆっくり慣らして行きましょう。

3.犬が嫌いな音は極力避ける・飼い主が落ち着かせる

どうしても慣れない音や、回避することが難しい音(雷や花火など)もありますよね。

そうした音は、極力愛犬にストレスがかからないよう、家の中では避けるようにしたり、雷などどうしても聞こえてしまう場合には、不安を煽らないよう、飼い主が隣で寄り添ってあげるなどして落ち着かせてあげましょう。

ぴったりと密着して撫でてあげるだけでも少しは不安が軽減されますし、音が気にならないように思いっきりおもちゃで遊び、おもちゃに夢中にさせるといった方法もあります。愛犬にあった方法を探してみましょう。

まとめ

女性の膝の上に座る犬

いかがでしたでしょうか。犬は大きな音、突発的な音、人工的な音など、今回紹介したような音に苦手意識を持つことが多いです。なるべくストレスを与えないように、飼い主が普段から慣れさせたり、不安がっている時に落ち着かせてあげるといった行動がストレスの緩和につながりますよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。