犬にしてはいけない『NGコミュニケーション』6選!上手に接するためのコツは?

犬にしてはいけない『NGコミュニケーション』6選!上手に接するためのコツは?

犬は飼い主をはじめ、人とコミュニケーションを取ることを好む子が多いです。しかし、人懐っこい犬でも間違ったコミュニケーションにはストレスを感じます。今回は、犬にしてはいけないNGコミュニケーションについて解説します。

お気に入り登録

犬にしちゃダメ!NGなコミュニケーション6選

カフェで撫でられる犬

犬は飼い主さんや仲の良い知人とコミュニケーションを取ることが大好きです。しかし、どんなに好きな相手であっても、犬にとって不快なコミュニケーションを続けられるとストレスになります。では、犬にとってNGなコミュニケーションとは、どのような接し方を指すのでしょうか。

1.初対面なのに目をじっと見つめる

初対面の相手やそこまで親しくない相手に目をじっと見つめられると、犬は「敵意を持っているのかな」「なんだか怖い」とストレスに感じてしまいます。

人間側からすると「かわいい」と好意的な視線を送っていても、犬にとっては恐怖や警戒心の対象となるため、顔をそらしたり、飼い主の後ろに隠れてしまうことが多いです。基本的に飼い主以外の人が犬の目をじっと見つめたり覗き込んだりすることはやめましょう。

2.立った状態のまま上から頭を撫でる

頭を撫でられる犬

意外と多くの人がやりがちなコミュニケーションに、頭を撫でる行為が挙げられます。多くの犬は、頭を撫でられる行為に対して、上から押し付けられている印象を抱くため、好意的ではありません。

さらに,立った状態のまま上から頭を撫でられてしまうと、高圧的に感じてしまい不快感を覚えたり、中には恐怖心を煽られてしまう犬もいます。

犬を撫でる際は、上から頭を撫でることだけは避けましょう。また、基本的に犬と接する際は、目線の高さを犬に合わせるようにしゃがみ込んで撫でたり声をかけたりしてあげましょう。

3.嫌がっているのに無理に触ろうとする

顔を背けたり離れた場所へ移動したりと、「今はスキンシップを取りたくない」「やめて」という拒否反応を示しているにも関わらず、「もっと一緒に遊ぼうよ」などと言い、追いかけたり無理に触ろうとしたりしていませんか。

嫌がっているのに無理に触ろうとしたり追いかけたりされると、犬は強いストレスを感じます。あまりにも気持ちをわかってもらえないと、飼い主であっても怒りを感じ、信頼関係が崩れてしまう恐れもあるので注意が必要です。

4.「高い高い」など嫌がる遊びを行う

飼い主が良かれと思って行っている遊びの中には、犬にとって恐怖でしかないストレスとなり得る遊びがあることにお気づきでしょうか。代表的なコミュニケーション方法に「高い高い」があります。

子どもによくする親がいますが、犬に同じような遊びをしてしまうと、恐怖心を抱かせたり、足腰をはじめとした体に負担がかかってしまったりするため、犬が少しでも緊張するような素振りを見せたらやめましょう。

5.大きな声を出しながら近づく

驚くチワワ

飼い主の多くは犬が大きな声を出されることに嫌そうな顔をしたりびっくりしたりすることを知っているため、極力犬の前では落ち着いた行動を心がけているのではないでしょうか。

しかし、犬を飼っていない犬好きの人の中には、犬を見かけると「かわいい!」と大声をあげてしまう人がいます。好意的な言葉ではありますが、犬に言葉は理解できないため、単純に「驚かされた!」と感じてしまいます。

さらに「かわいい〜!」と大声を出しながら近寄ってくる人に対しては、恐怖心しか感じません。大声を出しながら近寄る行為は、強いストレスになります。絶対にやめましょう。

6.ぎゅっと強く抱きしめる

飼い主さんがやりがちなスキンシップの中に、抱きしめる行動がありますが、実は激しく拒否反応を示していないだけで、意外と「やめてほしいな」と思っている犬が多いことにお気づきでしょうか。

人間にとって抱きしめる行動は愛情表現の1つです。しかし、犬たちの中には抱きしめるという行動がないため、ぎゅっと強く抱きしめられてしまうと「苦しい」と不快感を感じてしまいます。

抱きしめている時に、顔を背けたり、ピシッと行動が固まったり、飼い主の顔を舐めたりする場合は「やめて」の合図です。すぐにやめてあげてください。

犬と上手に接するために意識するべきポイントは?

女性に抱っこされるパグ

犬と上手に接するためには、犬の習性を理解した上で、犬が安心して接することができるコミュニケーションを心がけることが大切です。犬と接する際は、飼い主であっても初対面の人であっても、まずは犬の目線に合わせるようにしゃがみ込むようにしましょう。

初対面の場合は視線を合わせず、体の側面を見せるようにして手の平を差し出し、十分に匂いを嗅がせてあげてください。この行動は犬の挨拶にあたる行動です。相手の匂いを嗅ぐことで、相手がどのような人であるか情報収拾ができ、安心して接することができます。

全ての人に言えることは、犬にとって嫌がる行為はしないこと。そして、嫌がっている素振りを見せたらすぐにやめることです。

  • 目を背ける
  • 体をよじって逃げ出そうとする
  • 距離を取るように離れる
  • 体を硬直して緊張した状態になる
  • (場合によって)顔を舐める

こうした合図は、「やめてください」「怖いよ」というサインです。嫌がる行為を続けると、犬に嫌われてしまうので、こうしたサインを見逃さず、きちんと対応してあげましょう。

まとめ

笑顔で見つめ合う女性と犬

いかがでしたでしょうか。犬にしてはいけないコミュニケーションの中には、普段私たちが何気なくしているコミュニケーションも含まれていたかもしれません。こうした犬が嫌がるコミュニケーションは控え、正しい接し方を心がけましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬の飼い主なら必ず知っておくべきことです。これを知らなければスキンシップも初対面の人との挨拶も全てがストレスになってしまいます。飼い主も犬好きの人も知っておくと犬を怖がらせたりしません。犬に好かれる人はこの記事のポイントを押さえてる人です。それと触るなら必ず飼い主に伺う事。それは当然のマナーです。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。