犬が『触ってほしい』と思っている時にする仕草や行動5選

犬が『触ってほしい』と思っている時にする仕草や行動5選

犬は飼い主とスキンシップをとることが大好きです。中には人懐っこく、飼い主以外の人にも触れてほしいと思う犬もいます。今回は、犬たちが「触ってほしい」とスキンシップを欲している時にとる仕草や行動を紹介します。

お気に入り登録

犬が「触ってほしい」と思っている時にする仕草や行動とは

撫でてほしそうな顔で飼い主の足に掴まる犬

犬は大好きな飼い主さんとスキンシップをとることで、安心感を得たり愛情を注がれていると充実感を感じたりします。犬との絆を深めるために重要なスキンシップですが、犬が「触ってほしい」と思っている時、ある仕草や行動を見せていることにお気づきでしょうか。

1.飼い主の体にあごを乗せてくる

飼い主の足にあごを乗せる子犬

犬が撫でてほしい、スキンシップを取りたいと飼い主に甘えてくる時、飼い主の膝や腕などにあごをちょこんと乗せてくることがあります。

飼い主に撫でてもらいやすいように、飼い主の体にあごを乗せることで、飼い主の手が自分の体を触れてくれる確率が高まることを知っているのでしょう。

飼い主の体にあごを乗せている時は、顔まわりや背中を撫でてほしいと甘えていることが多いので、このあたりの部分を重点的に撫でてあげてください。

2.前足でちょんちょんと突いてくる

犬の中には「かまってよ」「触ってよ」という欲求をストレートにサインを送って飼い主に知らせようとする犬も多いです。そのうちの1つに前足でちょんちょんと突くような行動が挙げられます。

飼い主や他の人に対して前足でちょんちょんと突いてくる時、何かしらの欲求を訴えていることが多いです。多くの場合「かまって」というサインなので、スキンシップを求めていると考えられます。

その他にも「お腹が空いたよ」「もうすぐ散歩の時間じゃない?」といった合図を送っていることもあるので、愛犬の様子やタイミングなどを考慮して欲求内容を考えましょう。

3.体をスリスリと擦り付けてくる

撫でられて嬉しそうな犬

犬が「触ってほしい」「撫でてほしい」と思っている時、わかりやすく甘えてくれる犬も多いです。体を撫でてほしい、飼い主に触ってほしいという欲求が高まり、自ら体を擦り付けてくる行動が代表的なパターンです。

自ら体を飼い主に体にスリスリと擦り付けるように触れてくる時は、「甘えたいんだよ」という気持ちと「ほら、僕の体を触ってください!」という強い気持ちが混ざっている状態です。その日、あまりかまってあげられていなかったり、何か不安なことがあり、飼い主に甘えたいと思っていたりする時に見せることが多いです。

4.目の前にやってきてゴロンとお腹を見せる

飼い主の眼の前にやってきて、ゴロンと仰向けになり、お腹を見せる仕草を見せることはありませんか。叱った後や叱っている最中など、「降参です」の意味を持たない時にこの行動を見せる場合は、「お腹を撫でてください」という意味であることが多いです。

犬にとってお腹は急所でもあるため、飼い主のように信頼している相手でなければ見せることはありません。目の前であえてお腹を見せる行動には、飼い主に対して「撫でて」という甘えたい気持ちと信頼の気持ちが含まれているのです。

5.顔を舐めてくる

女性の顔を舐める犬

犬が飼い主に「かまってほしい」「甘えたい」と感じている時、飼い主の顔をペロペロと舐めることがあります。これは犬にとって一種の愛情表現であり、「触ってほしい」「かまってほしい」という欲求の表れでもあります。

こちらもその日、あまりかまってもらえていない犬などが見せることが多く、「たくさん我慢したからスキンシップを取りましょう」という意味合いが含まれているのでしょう。

しかし、いつもごはんをもらっている時間帯であれば「お腹が空いたよ。ごはんちょうだい」という意味で顔を舐めてくることもあります。

まとめ

男の子に撫でられる犬

いかがでしたでしょうか。犬が「触ってほしい」と思っている時、同時に「かまってほしい」「甘えたい」という気持ちも混ざっています。その日、あまりかまってあげられていないと心当たりがある場合は、たくさんスキンシップタイムを設けましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。