犬の遺伝性難聴の原因となる遺伝子の変異を特定【研究結果】

犬の遺伝性難聴の原因となる遺伝子の変異を特定【研究結果】

子犬期の早い段階で発症する遺伝性の難聴について、関連する遺伝子の欠損が初めて特定されました。その内容をご紹介します。

お気に入り登録

ロットワイラーに多くみられる遺伝性の難聴

伏せの姿勢のロットワイラーの子犬

聴覚障害は人間でも犬でも多くみられる感覚障害です。しかしその原因、症状の重さ、発症する年齢は様々で複雑です。

犬の遺伝性難聴は症候性難聴(外耳やその他の器官の奇形、または他の臓器疾患を伴う難聴)に関してのみ遺伝子の変異が特定されており、外耳奇形や他の疾患は伴わない非症候性難聴については遺伝的な根拠は明らかになっていませんでした。

この度フィンランドのヘルシンキ大学の遺伝学研究者のチームが、ロットワイラーに見られる稀なタイプの非症候性難聴に的を絞り調査を行い、その結果を発表しました。

音を聞くための器官における遺伝子の変異体を特定

首をかしげるロットワイラー

研究対象となった難聴はロットワイラーに見られるものです。子犬期の早い段階で発症し、数ヶ月齢で難聴へと進行します。同様のタイプの難聴は少数ながら雑種犬でも見られるのですが、その大部分はロットワイラーの系統の犬でした。

研究チームは585頭の個人所有のロットワイラーから血液サンプルを採取しました。この中には4頭の非症候性難聴の犬が含まれます。これらのサンプルからゲノムDNAを抽出し、分析が行われました。

犬や人が聞く音は空気の振動として耳の中に入って来て、内耳の蝸牛(かぎゅう、うずまき管とも言う)という器官へと届きます。

ここで音を感受するのが蝸牛の内部にある有毛細胞です。有毛細胞には感覚毛という細い毛がついており、音の振動で感覚毛が揺れることで音は電気信号に変換され、脳で音として認識されます。

DNA分析の結果、この感覚毛の機能に関して重要な役割を持っているLOXHD1遺伝子の変異体が難聴に関連していると特定されたそうです。

難聴を引き起こす遺伝子が特定されると何ができる?

授乳中のロットワイラーと子犬たち

LOXHD1遺伝子の変異によって引き起こされる難聴が発症するためには、この変異遺伝子の2つのコピーを持っている必要があります。1つは父親から、もう1つは母親から、つまり父母の両方がこの変異遺伝子を持っている場合にのみ、難聴が発症するといいます。

この度の発見の結果から、ブリーディングに使用する犬が変異遺伝子を持っているかどうかをテストできるようになりました。難聴を発症する遺伝子を持っている犬を繁殖から外すことで、早い時期に聴覚を失う犬が生まれることを予防できます。

またLOXHD1遺伝子の変異はヒトやマウスでも遺伝性の難聴を引き起こします。この研究の結果は人間の遺伝性聴覚障害のリサーチのための新しい道を開くと研究者は述べています。

まとめ

芝生の上に立つロットワイラー

ロットワイラーの子犬に早期に発症する難聴の原因となる、遺伝子の変異体が特定されたという研究結果をご紹介しました。

同研究チームは、他にも遺伝性先天性聴覚障害と成犬になってから発症する難聴が、特定の犬種で発症することを確認しています。これらの結果は人間の遺伝性聴覚障害の研究に大いに役立つと考えられます。

この度の難聴もまた一例ですが、様々な遺伝性の疾患や障害の詳細が明らかになり、研究結果を実用化することで多くの病気や障害に苦しむ犬が生まれることを予防できます。

一般の飼い主もこのことをしっかりと認識して、正しいブリーダーの選択などに活用していかなくてはいけませんね。

《参考URL》
https://doi.org/10.1007/s00439-021-02286-z

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。