犬が飼い主にお尻をぶつけてくる理由とは?5つの心理を解説

犬が飼い主にお尻をぶつけてくる理由とは?5つの心理を解説

犬は『ケツアタック』あるいは『お尻アタック』と呼ばれる、お尻をぶつけてくる行動を取ることがあります。ちょっぴり荒々しく思えたり、不思議に思えたりする行動ですが、犬は一体どうしてこのような行動を取るのでしょうか?実は、意外な心理が隠されているかも…!?

お気に入り登録

犬がお尻をぶつけてくるのには理由があります

お尻を持ち上げるブルドッグ

愛犬にお尻をぶつけられた経験はありませんか?中型犬以上になると、なかなかの衝撃を感じるので、まさに『お尻アタック』と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。

愛犬にお尻アタックをされると「え?何で?」と、不思議に思う飼い主さんもいるでしょう。ちゃんと理由があって犬はこの行動をしています。今回は、犬が飼い主さんにお尻をぶつけてくる心理を解説していきたいと思います。

犬が飼い主にお尻をぶつけてくる心理

女性に体をくっつけてくつろぐ犬

①信頼を示している

犬はむやみに背中やお尻を相手に見せません。背後から襲われる危険があるからです。でも「絶対に危害を加えてこない」と信じている相手には、安心して背中やお尻を見せることができます。

ですから愛犬が飼い主さんにお尻をくっつけてくつろぐのは、飼い主さんを信頼している証拠。そっぽを向いているからといって、嫌いなわけではないのです。

飼い主さんがくつろいでいるときにトコトコとそばへやってきて、そっとお尻をくっつけてくることもあれば、ドンッと勢いよくお尻をぶつけるようにしてくっつけてくることもあります。

②うれしい

飼い主さんが帰ってきたときなどに、興奮した様子でお尻をぶつけてくるのは、うれしい気持ちを表していると考えられます。犬は「わーい!うれしいー!」という気持ちが高まると、体当たりをして喜びを表現することがありますが、お尻をぶつけてくることもあるでしょう。

人好きなフレンドリー犬は、家に来たお客さんにも体やお尻をぶつけて喜びを表現してしまうことがあります。お客さんを驚かせてしまったり、不快にさせてしまったりする可能性があるので注意が必要です。来客があるときは、犬をハウスに入れておいて、落ち着いたら出すなどして対処しましょう。

③気を引きたい

愛犬が突然お尻をぶつけてきたら、飼い主さんは思わず「ビックリした!」と驚いたり、「どうしたの?」と声をかけたりしてしまうのではないでしょうか。

このようにお尻をぶつけたら飼い主さんが反応したという経験があると「こうすれば注目してもらえるんだ」と、犬が覚えてしまうことがあります。そうすると飼い主さんの気を引きたいときに、お尻をぶつけてくるようになります。

気を引くためのお尻アタックをやめさせたいときは、愛犬がお尻をぶつけてきても一切反応しないようにしましょう。お尻をぶつけても注目してもらえないと理解すれば、ぶつけてこなくなります。

普段から適度にコミュニケーションやスキンシップを取って、愛犬の気持ちを満たしてあげることも大切です。

④甘えたい

お尻をぶつけてきたかと思ったら、お尻をくっつけたままチラチラと飼い主さんの顔を見たり、しなだれかかってきたりするときは、甘えたいのかもしれません。優しく撫でてあげたりして、気持ちに応えてあげると喜びます。撫でるのをやめると、お尻をグイグイ押し当ててきたり、前足で手をカリカリしてきたりして、なでなでの『おかわり』を要求してくることも。

⑤安心感を得たい

野生時代の犬たちは、群れで暮らしていました。そして休んだり眠ったりするときは、群れのメンバー同士でお尻をくっつけ合って身を守っていました。お尻をくっつけ合っていれば死角がなくなり、どの方向から敵が近づいてきてもすぐに察知することができたのです。

人に飼われるようになった今でも、犬は信頼できる相手にお尻をくっつけると安心できます。そのため何か不安を感じたときや、安心して眠りたいときは、信頼している飼い主さんにお尻をくっつけて安心感を得ようとします。

不安を感じているときは焦っていたり慌てていたりするので、勢い余ってお尻アタックになってしまう可能性大です。

まとめ

コーギーのお尻

犬が飼い主さんにお尻をぶつけてくる心理を解説してきました。信頼を示していたり、甘えていたりと、その心理はひとつではないことがお分かりいただけたかと思います。愛犬がお尻アタックをしてきたときは、ぜひそのときのシチュエーションや愛犬の様子などに注目して、愛犬の心理を読み解いてあげてくださいね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 おじぎ猫

    うちはジャックラッセルテリア2匹飼っています。繁殖犬を引退したワンちゃんデス
    6歳と9歳ですが、6歳が先住犬で5ヶ月あとに9歳のワンちゃんを迎えました。
    9歳迄現役です今年3月迄現役でした。
    9歳のが引き取ってすぐにウンチが細いなと思っていたら、前立腺肥大といわれ去勢し、エリカラをつけていたら、6歳の雄が
    発情してのりにいきました。常に付き纏うようになり、夜は別の場所に寝かせました。昼もなるべく見るようにして庭で散歩させました。9歳のが吠えて怒るようになりました。いつもはなかよしです。
    おじぎ猫の投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。