犬が『満腹』の時に見せる仕草や行動3選!どのくらいの量を与えるべきなの?

犬が『満腹』の時に見せる仕草や行動3選!どのくらいの量を与えるべきなの?

「うちの犬って、もしかしてかなりの食いしん坊?」半永久的にごはんを食べ続ける愛犬の姿を見ていて、ふと疑問が浮かびました。食欲があるのは良いことですが、いつになったら『満腹』になるのか、飼い主としては気になりますよね。理解できているようで意外と知らない『犬の満腹サイン』、興味がある方は読んでみて下さい♪

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

️「満腹中枢」って?

ナイフとフォークを持つフォークテリア

「満腹中枢」とは、脳の視床下部にある中枢神経のことです。

食事により血糖値の上昇を感知すると、体に食欲を抑制する指令を出しています。摂食行動を調整し、食べすぎを防ぐ仕組みになっています。

従来、犬は満腹中枢の機能が鈍く、ごはんを食べてもすぐに満腹にはなりません。満腹感を感じるまでに時間がかかります。

また、例えおなかが満たされても、食べられるときに限界まで食べようとする「食いだめの習性」があります。

食事を与えすぎると、胃拡張、胃捻転が起こりやすくなるので、飼い主が意識的に食事量をコントロールするようにしましょう。

️「満腹」のときに見せる仕草・行動は?

舌なめずりするバーニーズマウンテンドッグ

1.「フーン」とため息をつく

ごはんを食べて満足すると、無意識にため息をつきます。緊張がほぐれてリラックスできており、欲求が満たされている良い状態です。

2.おなかが膨れてパンパンになっている

おなかが膨れているのは、明らかな「食べすぎ」サインです。上から見ても横から見ても、おなかがパンパンに…!もしかすると、子犬の頃が一番分かりやすいかもしれません。

この状態でもごはんを要求したりしますが、食べすぎると吐いてしまうのでおかわりは与えないようにしましょう。

3.鼻でドッグフードをよける

鼻でドッグフードをぐいぐいよける仕草は、「もうごはんはいらないよー!」の意思表示です。

ごはんの入ったフードボウルをよける場合も、同じ意味合いになります。

️満腹感を高める「かさ増し」食材

2匹のポメラニアンとキャベツ

犬の肥満の原因で多いのが「ごはん・おやつの食べすぎ」です。

食事制限はなかなか大変なので、栄養を補える食材でかさ増ししてみて下さい。

腹持ちが良い食材を選ぶと、我慢せずに満腹感を得られるので、楽しくダイエットできると思います。

  • おから
  • きのこ類(しいたけ、エリンギ、しめじなど)
  • にんじん
  • キャベツ

いずれの食材も「加熱処理する」「与えすぎない」ことがポイントです。あくまでトッピングにはなりますが、温かい状態で与えると、身体の新陳代謝を上げる効果が期待できます。

人間のダイエット食にも応用できそうですね!

️犬版BMI「BCS」で肥満度チェック!

バセンジーの立ち姿

犬の肥満度をチェックする方法に「BCS(ボディ・コンディション・スコア)」という評価方法があります。

見た目と触った感触が評価基準となっており、1〜5までの5段階評価に分かれています。

  • BCS 1:痩せすぎ(体脂肪率5%以下)
  • BCS 2:やや痩せている(体脂肪率6〜14%)
  • BCS 3:理想的な体型(体脂肪率15〜24%)
  • BCS 4:やや肥満(体脂肪率25〜34%)
  • BCS 5:肥満(体脂肪率35%以上)

BCS 3は、ウエストに緩やかなくびれがあり、体を触ると肋骨が確認できる状態です。必ず視覚と触覚の両方で確かめましょう。

定期的に全身の写真を撮って記録しておくと、体型の変化を比較しやすくなります。

️まとめ

スティックタイプのおやつを食べるチワワ

犬の『満腹』について、疑問は解消されましたでしょうか。肥満は慢性疾患を患うリスクが高くなり、犬の寿命にも影響します。満腹サインを把握して、適正な体型を維持できると良いですね。

ダイエット目的で初めて与える食材は、アレルギー反応がないかどうか、確認をお願いします。

愛犬の健康をサポートしていくために、自分自身の健康状態にも目を向けて、規則正しい生活を送りましょう!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。