犬が『しっぽをだらーんと下げている』時の気持ちとは?3つの心理を解説

犬が『しっぽをだらーんと下げている』時の気持ちとは?3つの心理を解説

しっぽがゆらゆら揺れていると、つい動きを目で追いたくなります。犬のしっぽには、バランスコントロールの他に、感情を表現する役割があります。では、しっぽが下がっている状態は、飼い主にどんな心境を伝えようとしていると思いますか?

お気に入り登録

犬のしっぽの仕組み

リボンを巻いた犬のしっぽ

犬のしっぽには尾骨があり、6~23個の尾椎で形成されています。しっぽの先が細く尖っているのは、先端部分の尾椎が小さくなっているためです。

しっぽの長さは犬種によって違いがあるため、尾椎の数には幅があります。

また、尾椎周りの筋肉を収縮させ、しっぽをあらゆる方向へ自由自在に動かすことができます。しっぽをブンブン振り過ぎると、筋肉痛になることもあるようです。

しっぽが下がっているときの犬の心理

トリミングで下がる犬のしっぽ

1.恐怖心から怯えている

おなかにくっつく程にしっぽが後ろ足の間に垂れていたら、恐怖を感じて自分の体を小さく見せようとしています。

飼い主に叱られたとき、自分より大きな犬に遭遇したとき、相手に対して敵意がないことをアピールする仕草です。

2.リラックスしている

穏やかな表情を浮かべ、ゆったりとしっぽが自然に下がっているときは、体の力を抜いてリラックスできている証拠です。

犬のおしり側から見て、しっぽが右に振れていたら、ポジティブな気持ちを表しているそうですよ♪

3.体の異変を感じている

元気がなく、しょんぼりした様子でしっぽを下げていたら、怪我や病気で体が辛いと感じているのかもしれません。

例えば「椎間板ヘルニア」は神経や脊髄を圧迫し、下半身麻痺などの症状が起こります。動かしたくてもしっぽを動かせない可能性が考えられます。

まとめ

不安そうにしっぽを下げる犬

では今回の内容のおさらいです。犬のしっぽが下がっているときは、3つの心理が考えられます。

  • 恐怖心から怯えている
  • リラックスしている
  • 体の異変を感じている

お伝えしきれなかった「しっぽの種類」が分かると、もっと理解が深まると思います。機会があればご紹介していきますので、お楽しみに!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。