やってるかも…?犬に『恐怖感』を植え付けてしまうNG行為4選

やってるかも…?犬に『恐怖感』を植え付けてしまうNG行為4選

この記事では、愛犬に恐怖感を植え付けてしまうNG行為について解説します。怖がらせるつもりはなくても気がつかないうちにやってしまうこともあるので、ぜひチェックしておきましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.怒鳴る、暴力行為

握りこぶしと犬

犬に最も恐怖心を植え付ける行為として挙げられるのが、犬を怒鳴りつけたり体罰を与えたりといった暴力行為です。

言うまでもなく、殴る、蹴るなどの痛みを与える行為は犬の心に深い傷をつけて、簡単には拭えない恐怖心を植え付けてしまいます。

たった一度であっても、そのインパクトが強いと一生忘れないこともありますし、飼い主さんに対して密かに警戒心を抱き続けることもあります。

そして、それは直接的な暴行だけでなく、激しく怒鳴りつけることにも同じことが言えるでしょう。

殴られた犬は飼い主さんの手が動くたびに不安を感じたり、蹴られた犬は飼い主さんの足の真横を歩くことを嫌がったりするようになることもあります。

いつもビクビクしている状態では、ストレスを溜めてしまいますし家にいても心からくつろげなくなってしまいます。

愛犬を大切に思う人は、どうか怒鳴りつけたり暴力を振るったりすることはしないでください。

2.物への八つ当たり

割れた食器

イライラしたときに物に対して八つ当たりする人は多いのではないでしょうか?

仕事で嫌なことがあったときや、家族間で喧嘩したときなどに思わずクッションを壁に投げつけたり、乱暴に音を立ててドアを閉めたりということはあると思います。

実際に文句を言ったり喧嘩をしたりできないからこそすることだと思いますが、そうした家の中での様子を見ている犬はとても不安や恐怖を感じてしまうということを覚えておきましょう。

犬には飼い主さんが八つ当たりしている理由はわからないので、いつ自分に矛先が向くかわからない不安を感じますし、激しい感情をぶつけている飼い主さんの様子に恐怖を感じることもあります。

もちろん、イライラして八つ当たりしたくなるときもあると思うので、そうしたときは犬から見られないような場所で行うようにしてあげてくださいね。

3.家族間での激しい喧嘩

喧嘩している男女

犬は仲間同士が喧嘩をしていることにストレスを感じるとされています。そのため、大切に思っている家族が喧嘩をしていると強い不安や恐怖を感じてしまいます。

自分自身に対して敵意や攻撃性が向いていなくても、喧嘩をしているときの飼い主さんの様子やその場の雰囲気が怖いと感じるのです。

人間の子どもに対しても両親が喧嘩をしている様子を見せるのは虐待だと言われています。喧嘩の様子を見ると心理的な虐待となり、脳が部分的に委縮するなどと考えられているのです。それと同様のことが犬にも言えるので注意しましょう。

4.不慣れな長時間の留守番

暗い部屋にいるパグ

仕事などで日常的に犬を留守番させている人は多いでしょう。それ自体は特に問題ありませんし、犬がひとりで休む時間として快適に過ごせているのであれば悪くないことだと思います。

しかし、留守番に不慣れな犬を突然長時間留守番させたり、24時間以上の日をまたぐような留守番をさせたりすることはやめましょう。

このような留守番のさせ方は「飼い主さんが帰って来るかわからない」という恐怖を感じさせてしまうからです。

留守番をさせるときは、短い時間から留守番の練習をさせて「出て行っても必ず帰って来る」ということを、経験の中でしっかりと覚えさせましょう。

そうでなければ、不安の中で飼い主さんの帰宅を待ち続けることになり、ひとりで過ごす時間に対してトラウマを持つようになってしまうことがあります。

まとめ

怖がって身を低くする犬

家庭犬は飼い主さん以外の人とのコミュニティはないため、犬にとって飼い主さんは絶対的に信頼を寄せられる安心できる存在でなければなりません。

しかし、飼い主さんの日頃の行為や行動によっては、犬が強い不安や恐怖を感じるようになってしまうこともあるので十分に注意しましょう。

暴力や暴言は言うまでもなく、物への八つ当たりや家族間での喧嘩でも犬が恐怖を感じてストレスを溜めることがあるので、犬の前ではそのような行動はできるだけ控えてあげてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。