犬の散歩中の仕草でわかる『飼い主への愛情度』4項目

犬の散歩中の仕草でわかる『飼い主への愛情度』4項目

犬は飼い主さんに向けて、さまざまな形で愛情を示しています。ここでは、散歩中に見せる仕草からわかる飼い主さんへの愛情度についてチェックしていきたいと思います。

お気に入り登録

1.飼い主の顔を見て歩く

見上げるコーギー

犬は信頼している人や大好きな人の目をじっと見つめることがあります。

そして、楽しいときやうれしいときに、目を合わせて気持ちを通じ合わせるような仕草を見せます。

そのため、散歩中に歩きながら「楽しいねぇ♪」と飼い主さんの顔を見上げることもありますし、何か興味深いものを見つけたときに「何だろう?」「おもしろいね!」とばかりに、視線を合わせることもあるでしょう。

このような仕草が見られたときは、その気持ちをくみ取ってにっこりと微笑んであげたり、「楽しいね」と気持ちに応えてあげてくださいね。

2.飼い主の歩くスピードに合わせる

飼い主を見上げて歩く犬

犬が信頼関係のある相手と歩くときは、相手の歩くペースや方向などに注意して歩きます。

もちろん、散歩中にさまざまなことに興味を引かれて、リードを引っ張って歩いたり、あちこち行こうとしてしまったりすることもありますが、基本的には一緒にいる相手の様子を確認します。

ただし、これは短いリードをつけて歩いていると、なかなかわからないことがあります。リードでつながっていることがわかっていると安心して、わざわざ振り向いたりペースを合わせたりしない場合もあるためです。

ノーリードや犬が自由に動き回れるロングリードをつけているときなどに、犬が先を歩いて行ってもふと途中で振り返ったり、飼い主さんのところに戻ってきたりする様子が見られれば、しっかりと存在を意識しているということがわかります。

3.尻尾を上げて弾むように歩く

青いリードのジャックラッセル

犬の尻尾は感情をとても豊かに表現します。散歩中に楽しいと感じているときは、尻尾を水平より上に持ち上げて、緩やかに左右に振りながら歩く様子が見られます。

もちろん、外にいられることや歩くこと自体が楽しくてそのような仕草をすることもありますが、飼い主さんと一緒に歩くことが楽しくてウキウキとした様子を見せる犬も多くいます。

特に、散歩に慣れていない子犬や外の世界に不安を感じやすい繊細なタイプの犬は、飼い主さんを信頼することで落ち着いて楽しく散歩ができるようになります。

そのため、散歩中に尻尾が下がり気味で不安そうにしていた犬が、尻尾を振って楽しそうに歩くようになったら、飼い主さんへの愛情や信頼度が高まっている可能性が考えられます。

4.ほかの犬を触るとヤキモチを妬く

犬同士の喧嘩

飼い主さんのことが大好きな犬の中には、とてもわかりやすく嫉妬心を仕草や行動で見せることがあります。

道や公園でほかの犬に会ったときに、飼い主さんがその犬におやつをあげたり、頭をなでてあげたりすると、間に割って入るような行動をしたり、ワンワンと吠えて自分の方に意識を集中させようとアピールしたりします。

このような様子を見せるときには、ほかの犬と一緒におやつをあげたりなでてあげたりしましょう

。愛犬の気持ちを無視してしまうと、ほかの犬に敵意を持つようになったり、飼い主さんへの愛情をこじらせてふてくされてしまったりするので注意してくださいね。

まとめ

並んで歩く男性と犬

犬にとって散歩はとても楽しいものですが、大好きな飼い主さんと一緒だからこそより一層楽しいものになるのです。

そして、楽しいことやうれしいことがあったときに、その気持ちを共有したいと思うのは人間と同じです。

そのため、散歩中に楽しいと感じたときにボディランゲージでそれを表現したり、アイコンタクトをとって「楽しいね♪」と伝えてくることもあります。

こうした表現は一瞬のものであったり、わかりにくいものであったりするので、散歩中もぜひ愛犬の様子をしっかり観察してあげてください。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 せっちゃん

    2歳4ヶ月のチワワを飼ってますが、子犬の時に(褒める時は大いに褒め、叱る時はハッキリ短時間に叱る)メリハリを持って躾をしたせいか、散歩の時は尾を上げて楽しそうに、私と歩調を合わせて歩きますし、定期的に犬がアイコンタクトをしてきます。
    私も散歩の30分間はアイコンタクトをしっかり受けとります。
    私の感想ですが、小型犬の散歩をさせる人ほど、犬を甘やかせて、疲れていない安全な場所でもすぐ抱いてみたり、社会化の訓練をせずにいたり、飼い主も犬にアイコンタクトをせずただ漫然と歩いている人が多い様に思います。
    小型犬も犬なのです。
    矢鱈と甘やかしたり、擬人化して考えず犬らしく飼って散歩をさせてあげてください。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。