お金をかけるべき『犬用グッズ』4選

お金をかけるべき『犬用グッズ』4選

犬用グッズには、多くの種類があります。ベッドやサークルケージ、食器、おもちゃ…あらゆるグッズがありますが、その中には、お金をかけるべきグッズと安くても問題なく使えるグッズがあります。今回は「これはお金をかけるべき」なグッズを紹介します。

お気に入り登録

犬用グッズはお金をかけるべきところはケチらず出すべき!

犬用グッズ

皆さんは犬用グッズと聞いて、どのような必需品を思い浮かべますか。犬用ベッドやケージ、食器、おもちゃ、首輪…犬を飼うためには、多くの犬用グッズを取り揃える必要があります。

必要な犬用グッズの中には、無理にお金をかけなくても良い犬用グッズもあれば、「これはお金をかけてでも良質なものを買うべき」というグッズもあります。

洋服やおもちゃ、食器といった犬用グッズは、お金をかける必要はそこまでなく、おもちゃに関しては家にあるもので代用することもできます。

しかし、安いものばかりを買っていると、質が悪く物の耐久性が低いものもあるため、愛犬の健康や命に関わる危険性もあります。こうした危険性や使い勝手の悪さを考慮して、お金をかけるべきところはお金をかけてあげる必要があります。

お金をかけるべき犬用グッズとは?

ドッグフードを待つ犬

では、犬が安心安全に生活するために、「ここだけはお金をかけてあげて!」と言われている犬用グッズには、どのようなグッズが当てはまるのでしょうか。ここではお金をかけるべき犬用グッズの例を紹介します。

1.首輪

犬の首に装着する首輪は、あまりにも安いものを購入してしまうと、耐久性が悪く、散歩中に犬が突然強い力で走り出した時などに、ブチっと切れてしまう恐れがあります。

また、安い首輪は使われている素材も安いものが多く、首輪の太さが細いものが多いです。こうした首輪は、犬が前へ前へと進んでしまった際、首を圧迫し、窒息する危険性があり、大変危険です。

最近では、100円ショップなどでも犬用の首輪が販売されていますが、やはり安すぎる首輪は使い勝手が悪かったり、犬の健康に悪影響を及ぼしたりする恐れがあります。首輪は愛犬に合った頑丈でつけ心地の良い物を選びましょう。

2.リード

首輪にリードを装着する

首輪に装着して使うリードも首輪と同様にお金をかけるべきアイテムです。リードは、言うなれば散歩中の命綱です。犬用グッズにかけるお金を節約しようと安いものを購入してしまうと、耐久面に不安が残ります。

犬は外を散歩していると、普段はおとなしい犬であっても何らかのきっかけで興奮状態に陥ることがあります。また、好奇心旺盛な犬は、突然走り出したり飛び出そうとしたりすることも多く、その際、飼い主がしっかりとリードを持ち、制止させなければいけません。

しかし、リードが安く耐久性の低い物である場合、こうした咄嗟のトラブルに対応できず、リード部分が切れてしまったり、首輪に装着する金具の部分が壊れてしまう可能性があります。

すると、犬が突然飛び出す行為を防ぐことができず、事故に遭ってしまったり、他の人に怪我をさせてしまったりする危険性が出てきます。非常に危険なので、リードは首輪と同様に、お金をかけてでもしっかりとした物を購入しましょう。

3.ドッグフード

犬の健康に直接関わるドッグフードは、安さを重視して選ぶのではなく、品質や味、栄養面を考えて選ぶことが大切です。

毎日与える物なので、どうしてもお金がかかりやすく、飼い主としては少しでも節約したいと思ってしまうでしょうが、安すぎるドッグフードを与えてしまうと、栄養が不足したり、中には4Dと呼ばれる悪質な原料を使ったドッグフードもあります。

他のドッグフードと比べてあまりにも安すぎるドッグフードは、使われている原料に問題があることがあります。ドッグフードは、金額ではなく、愛犬に合っているかどうかを最優先に考えて選びましょう。

4.ブラシ

ブラッシングされるハスキー

犬のお世話に必要なブラシもお金をかけるべき犬用グッズです。「100円ショップに売っている人間用のブラシとかでもいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、これは犬の皮膚を傷つける原因となるのでやめましょう。

犬用ブラシには、スリッカーやラバーブラシなど、さまざまな種類があります。毛の長さや犬種によって適切な犬用ブラシが異なるため、愛犬に合った犬用ブラシを選ぶことが大切です。

あまりにも安い犬用ブラシは、耐久性が悪かったり、犬の毛に絡まり皮膚や被毛を傷める恐れがあります。ブラシも節約対象には含めず、愛犬の使い心地を考えたブラシを選びましょう。

まとめ

ペットショップ

いかがでしたでしょうか。犬用グッズは全て揃えるとなると膨大な費用がかかります。必要な犬用グッズの中でも、お金をかけるべきところとかける必要がないところを正確に判断し、上手に節約に繋げましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 シロクマ牧場

    大型犬種なので将来歩けなくなるリスクを減らすため、整形外科医推奨低反発ベッドを購入しました。
  • 投稿者

    女性 匿名

    家族の一員として飼うコンパニオンアニマルである犬の用品、特に餌を安い物にする飼い主は、犬を軽視していると思います。
    グルメな餌を買う必要はありませんが、最低限、悪質な加工肉を原料としている餌は、有名なブランドでもひかえたいものです。
    それに首輪、リードを100円均一店で買うなんて、私は考えられません。
    飼い犬をきちんと躾をすれば、無駄に力をかけてリードを引っ張る必要もないですし、決して高級品でなくとも、アンテナを張り巡らせて良品を探せば、リーズナブルで良いものは見つかります。
  • 投稿者

    女性 匿名

    2歳の子です。うちはガチガチリードも噛んでちぎれるので、100均で買いました。何千円リードを買ってもダメになるのは一緒です
    首輪も2000円くらいのを購入しましたが、ひと月で壊れました。
    どっちもどっちだと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。