犬に『親バカ』はNG?やってはいけないやりすぎ行動5選

犬に『親バカ』はNG?やってはいけないやりすぎ行動5選

愛犬にたっぷり愛情を注ぐことはとても良いことですが、あまりにも行き過ぎた行為は、犬にとっても悪い影響を与えてしまいます。では、行き過ぎた親バカ行為にはどのような行動が当てはまるのでしょうか。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

これはダメ!やってはいけないやり過ぎ行動5選

犬を抱きしめる女性

愛犬に愛情を注ぐことはとても良いことです。しかし、中には行き過ぎた親バカ行動を繰り返す飼い主もいます。良かれと思ってとっている行動が、実は犬に悪影響を与えていることもあります。ここで紹介するようなやり過ぎ行動には十分注意した方がよいでしょう。

1.欲しがる食べ物を欲しがるだけ与える

おやつをもらうフレンチブルドッグ

「ごはん!」「おやつ!」と食べることを楽しみにしている子は多いです。これは動物の「食べなければ生きていけない」と野生的本能が関係しているとも言われています。

可愛い愛犬が「これも食べたい!」「おやつが欲しい!」と甘えてくれば、欲しがるものを与えてあげたいと思ってしまいますよね。しかし、犬が欲しがる食べ物を欲しがるだけ与える行為はNGです。

犬が欲しがるだけ食べ物を与えてしまえば、食べ過ぎとなり肥満の原因になります。肥満は様々な病気をひきおこす原因となるので、飼い主がしっかりと食事の管理をしてあげなければいけません。

2.装飾がたくさんついた服を着せて長時間撮影

洋服を着たチワワ

基本的に、犬には洋服は必要ないと言われています。しかし、冬場などの寒い時期は、防寒対策が必要となるので、保温性の高い洋服を散歩時に着用することが推奨されています。

しかし、犬にとってジャラジャラと装飾がついた服は、ストレスとなることが多いです。また、そうした可愛い服を愛犬に着せて、可愛い写真を撮りたいと長時間撮影する飼い主を見かけますが、これもNGです。

すでに着にくい服を着せられているだけでもストレスが溜まっています。その上、長時間じっとしていなければいけない撮影は、犬にとって強いストレスを感じる行為です。カメラを向けられることを嫌がる犬も多いので、長時間の撮影は避けてください。

3.「ドッグフードはかわいそう」と人間と同じ食事を与える

飼い主の中には「ドッグフードばかりでかわいそうだから」と手作りのごはんを作ってあげる人もいますよね。犬用の手作りごはんは、栄養バランスをとることが難しいと言われています。手づくりごはんのみを長期間続けると、栄養上の問題が起こることもありますのでドッグフードメインにすることをお勧めします。

「ドッグフードだけではかわいそうだから」という理由で、飼い主や家族と同じ食事を与える行為はNGです。人間用に作る食事は、味付けなども人間用です。犬にとって塩分過多などが起こる可能性が高く、人には問題がないが犬には毒性を持つ食材が含まれてしまう可能性もあります。

人間の食事は与えないようにしてください。

4.常に一緒に過ごそうとする

犬と一緒に眠る女性

愛犬が可愛いあまり、常に一緒に過ごそうとする飼い主は多いです。飼い主が大好きな犬たちにとっても嬉しい行動と思いきや、かえってストレスを溜めていることがあります。

たしかに犬は飼い主のことを心の底から愛しています。一緒にいたい、遊びたい、かまってほしいと思っているでしょう。しかし、犬にも1匹でのんびりと静かに過ごす時間は大切です。常に飼い主にかまわれていると、嬉しい反面疲れてしまうのです。

また、常に一緒に居続けることで、いざ飼い主が外出する時に寂しさに襲われ、ストレスになることもあります。一緒にいる時間が長すぎることで、分離不安症を発症する恐れもあるので、愛犬とは適度な距離感を保ちましょう。

5.可愛いからとヘアカラーやネイルをさせる

「愛犬をより可愛くするために」とヘアカラーやネイルをさせる行為は、完全に人間のエゴです。

ヘアカラーは犬の被毛にダメージを与えることが多いですし、ネイルも犬の大事な爪を劣化させてしまう恐れがあります。また、こうしたカラー剤の匂いを敏感に感じ取る犬にとって、ストレスの原因となることもあります。

ヘアカラーやネイルといったファッションは人にとっては当たり前になっている事です。しかし、犬にとって不必要なものですし、とても不自然な行為なので、可愛いと思っても控えてあげるべきでしょう。

まとめ

愛犬とじゃれ合う女性

いかがでしたでしょうか。愛犬が可愛いという思いから、ついついかまい過ぎたり欲しがるものを与えたりしがちですが、後々悪影響を及ぼし、健康を害してしまう恐れがあります。犬にとって良い接し方を考えていきましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    食い物を好きなだけ与える、止めてくれ。犬は満腹中枢が上手く働かないから満腹感を感じません。体重によりフードもおやつも規定量があるはずです。それを守らなければ確実に肥満になります。飼い主管理しないと犬が苦しむだけ
    犬の服に装飾など必要ありません。また撮影なんて概念もありません。装飾など犬には邪魔物。長時間我慢は出来ない。防寒のための服なら構わないが過装飾の服は不必要
    人の飯を与えるのは犬に毒を盛るのと変わらない。人は人、犬は犬の飯がある。もし同じドックフードたげじゃ可愛そうなら一缶千円以上するやつ買えば良い。フードの種類変えれば良い。俺はお薦めしないけどしたいならすれば良い、どうなろうと俺は知らない。
    常に一緒に居たいとは思いません。一人になる時間も確保してください。また分離不安症を発病します。
    ヘアカラーネイルなんぞ全て人のエゴ。犬に洒落る概念なんぞない。したいなら自分だけやれ。過装飾な服もそうだしヘアカラーネイルは犬にはただ迷惑なだけ。
    犬は犬だし人と違う、食事も生活も違う。過装飾な服着させたりヘアカラーネイルなんぞ戌を道具扱いしてるのと変わらない。確かに犬は道具として扱われてきた。それは否定しない、道具として使うのは構わない、使い方を誤なければ。犬は人に使える存在、自己満足の道具ではない!俺は犬は犬として活かす。犬という存在を尊重し最高のバディとして努力する。
    匿名の投稿画像
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。