犬が梅雨の時期によくかかる病気3選

犬が梅雨の時期によくかかる病気3選

梅雨の時期になると、元気や食欲がなくなってしまうことがあります。『犬が梅雨の時期によくかかる病気』について原因・予防法・対処法など解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.耳の病気

あじさい、シェルティーの顔のアップ

梅雨の時期は耳の病気にかかりやすいです。とくに『外耳炎』や『マラセチア症』に十分な注意が必要です。

ポメラニアンなどの耳の中や入り口に毛が多く生えている犬種、ダックスフントなどの垂れ耳の犬種は要注意!雨で湿度が上がると耳の中が蒸れてしまいやすい犬種だからです。

汚れや皮脂がたまりやすく、耳の中の細菌や真菌が過剰に繁殖し、耳の病気にかかりやすくなります。

確認してほしいこと

  • 耳の中から嫌なニオイがする
  • 耳を異常に痒がる
  • 耳の入り口に黒っぽい耳垢がたまっている
  • 黄色くドロドロとした耳垢が出てくる
  • 耳を床にスリスリこすりつける
  • しきりに頭をプルプルと振る

このような症状がある場合には細菌や真菌が過剰に繁殖しています。外耳炎やマラセチア症にかかっている可能性が高いです。

対処法

すぐに病院で診察を受けてください。一般的には耳の中の洗浄と薬を用いて治療します。点耳薬や内服薬があります。

痛みがある場合には洗浄は行わず、投薬のみで長期的な治療が必要な場合があります。

2.食中毒

ドッグフード、横に伏せるジャックラッセルテリア

梅雨の時期は『細菌性食中毒』に十分な注意が必要です。ドライフードを冷蔵庫で保存していませんか?

出し入れをする時に内部やフードに水滴が発生します。細菌が繁殖し、食中毒の原因になります。基本的には冷暗所で保存してください。

食中毒の症状

元気や食欲がなくなります。お腹がキュルキュルと鳴り、体を丸めて寝てばかりいることがあります。腹痛を我慢している時の様子です。軟便・下痢・嘔吐を繰り返すことがあります。

対処法

すぐに病院で診察を受けてください。下痢や嘔吐によって脱水症状が見られる時は点滴や入院して治療を受けなければなりません。

比較的症状が軽い場合には、抗生物質や下痢止めなどの投薬による治療法が用いられます。

予防法

ドッグフードを食べ残してしまった時は処分してください。

ドッグフードやおやつはパッケージに表示されている通りに正しく保存してください。

2週間~1カ月以内に食べきることができないドッグフードは、小分けにして密封できる袋や容器に保存するのがおすすめです。開け閉めする時に空気に触れると劣化しやすく、細菌が繁殖して食中毒の原因になりやすいからです。

3.皮膚の病気

診察中の犬

梅雨の時期は皮膚病にかかりやすいです。『マラセチア性皮膚炎』や『皮膚糸状菌症』や『膿皮症』に注意が必要です。

短毛・長毛・シングルコート・ダブルコートなど被毛のタイプや犬種に関係なく全ての犬がかかる可能性があります。雨で湿度が上がり、皮膚に常在する細菌や真菌が過剰に繁殖するためです。

皮膚病の症状

  • 痒み
  • 赤み
  • 湿疹

初期症状で確認できる症状です。悪化すると普段の体臭とは違った異様なニオイを感じます。

重症化すると湿ったフケが出たり、皮膚がベタベタするようになります。

対処法

ニオイやベタベタが気になってすぐにシャンプーしたくなるかもしれませんが、まずは病院で診察を受けてください。原因をしっかり見極めて、適切な治療をすることが大切です。シャンプーにも様々な種類があります。病状に合わせて選ばなければ、かえって悪化することもあります。

症状が出たままの皮膚の状態で診察してもらうことで皮膚病の種類も特定しやすく、適切な治療を受けることができます。

まとめ

ポメラニアン、服・靴・傘、青い背景

犬が梅雨の時期によくかかる3つの病気について原因・対処法・予防法・治療法など解説しました。

初期症状のうちの治療を受ければ完治できます。時間もかかりません。犬の苦痛も少なくて済みます。症状が重くなってから病院へ行くと治療が長引きます。

一生のお付き合いになってしまわないよう、早めに受診してください。梅雨の時期はとくに注意し、愛犬の耳・食事・皮膚の管理とケアの徹底をお願いします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。