犬が人の近くで寝る時の心理5選!場所によって気持ちが異なるって本当?

犬が人の近くで寝る時の心理5選!場所によって気持ちが異なるって本当?

飼い主が寛いでいたりベッドで横になっていると、犬が近くまで来て一緒に寝ようとすることはよくあります。犬が人の近くで寝る時、どのような心理から寄ってきているのでしょうか。実は犬が眠る場所によっても心理が異なることがあるのです。

お気に入り登録

犬が人の近くで寝る時の心理5選

女性と一緒にベッドで横になる犬

犬の中には飼い主の近くで眠ろうとする子が多くいます。ソファーでくつろいでいる時、飼い主が就寝する時、隣や近くに寄り添うようにして眠る姿を頻繁に見る飼い主も多いでしょう。なぜ犬は人の近くで寝ようとするのでしょうか。

1.甘えたい・寂しいから

飼い主の隣で仰向けになる犬

犬が人の近くで寝る時に最も大きな理由として、寂しさから甘えたいという気持ちが強く関係しています。特に飼い主や家族の近くで寝ようとしている場合は、この理由が大きいでしょう。

犬は元々仲間と共に群れで行動していた動物です。そのため、眠る時もみんなで一緒になって眠る習性があります。

こうした昔からの習性が今でも残っているため、1匹で眠ろうとするとどうしても寂しい、心細いという気持ちが沸き起こり、他の人に寄り添うようにして眠ろうとします。

2.安心できるから

飼い主や家族は犬にとって仲間であり、信頼できる存在です。「何かあっても自分のことを守ってくれるに違いない」と思っているため、一緒にいると安心できるのです。

犬にとって、就寝中は最も無防備な状態です。敵に襲われてしまった場合、負けてしまう可能性が高いからなのです。

しかし、信頼の置ける飼い主と一緒に眠ることで、もしも何かあった時には飼い主が守ってくれると思っています。そのため、安心して眠れるという理由で、飼い主の近くで寝る犬は多いです。

3.飼い主を守ろうとしている

飼い主の足の近くで休む犬

犬が飼い主の足元で眠っている場合、いざという時、飼い主を守るためにすぐに立ち向かえるようにと足元で眠っていることがあります。

犬は仲間と一緒に眠ることで、敵が来た時もお互いにお互いを守る行動をとる習性があります。特に、リーダーとして認識している存在は守るべき存在として考えているため、飼い主をリーダー的存在の信頼できる人と捉えている場合、足元で眠ることが多いです。

飼い主の隣に寄り添う時、わざわざお尻を飼い主にくっつけてくる犬が多いですが、これも「こちらは僕に任せてね」という本能的な習性が働いていると考えられています。

4.飼い主が使っている布団が気持ちいいから

一度、飼い主と一緒に眠ったことがある犬に多い心理です。以前、飼い主と一緒に眠った際、飼い主が使っている布団がふかふかで気持ちいいことを学習した犬は、それ以降も飼い主と一緒に布団で眠ろうとします。

「僕のベッドよりもふかふかで寝心地がいい!」と知ってしまえば、そちらのベッドで眠りたくなるのも頷けますよね。

飼い主と一緒に眠りたい、甘えたいという気持ちはもちろんあるでしょうが、人の近くで寝る犬の中には、こうした理由で寝たがる犬も多くいます。

5.寒いから暖を取ろうとしている

布団にくるまる犬たち

寒い時期やエアコンの冷房機能を使用している時期には、寒さを感じて暖を取ろうとする姿を見かけますよね。

夜、就寝中は特に寒くなることが多いので、人が使っている布団や人の体温に触れることで暖を取ろうとする犬も少なくありません。

特に、信頼している飼い主の体温は、犬にとってとても心地よく、温かいです。そのため、飼い主に守られている安心感を感じながら暖を取れるとあり、飼い主に擦り寄るように一緒に眠ろうとする犬は多いでしょう。

まとめ

飼い主に抱きしめられて眠る犬

いかがでしたでしょうか。犬が人の近くで寝る理由は様々です。しかし、多くの犬は、飼い主に甘えたい、飼い主と一緒にいたいという気持ちから一緒に寝ようとしています。衛生的な面を考えつつ、足元などで一緒に寝かせてあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。