『飼い主のことを愛しすぎている犬』がよくする行動や仕草4選

『飼い主のことを愛しすぎている犬』がよくする行動や仕草4選

この記事では、「飼い主のことを愛しすぎている犬がよくする行動や仕草4選」をテーマに、飼い主さんのことが大好きなワンちゃんがよくする行動や仕草をいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

飼い主のことを愛しすぎている犬がよくする行動や仕草1:いつでもついてくる

青い花の横でこちらを見つめている犬

まず、飼い主のことを愛しすぎている犬がよくする行動や仕草として紹介するのが「いつでもついてくる」です。

家の中で放し飼いにしている場合、飼い主さんが移動するとその後ろをワンちゃんがついてくることがないでしょうか。犬は群れで生活をしていた動物であるため、大切な存在でないとずっとついてくるという行動はしません。

そのため、常についてくるようでしたら飼い主さんのことをとても大切に思っていて大好きな存在であると認識しています。

飼い主のことを愛しすぎている犬がよくする行動や仕草2:帰ってきたら歓迎してくれる

窓の外を見ている犬

次に、飼い主のことを愛しすぎている犬がよくする行動や仕草として紹介するのが「帰ってきたら歓迎してくれる」です。

外出先から帰宅した際に玄関などでワンちゃんがとても喜んでいるような素振りをした際は、お留守番中に大好きな飼い主さんのことを待ちぼうけしていて、帰ってきたことが分かり喜びを発散している状態です。

その際に、愛犬に「ただいま」と言って近付くとワンちゃんは更に喜びを表現するでしょう。

飼い主のことを愛しすぎている犬がよくする行動や仕草3:近くで寝る

こちらの方を向きながら寝ている犬

さらに、飼い主のことを愛しすぎている犬がよくする行動や仕草として紹介するのが「近くで寝る」です。

犬は警戒心の強い動物です。そのために、寝床を決める際は安心できて落ちつける場所を選びます。そのため、飼い主さんの近くで寝るのであればその場所が安心できる場所であると認識しています。安心出来る相手であるということは必然的に大好きな存在でもあるということです。

飼い主のことを愛しすぎている犬がよくする行動や仕草4:お気に入りの物を持ってくる

ロープのおもちゃを咥えている犬

最後に、飼い主のことを愛しすぎている犬がよくする行動や仕草として紹介するのが「お気に入りの物を持ってくる」です。

お気に入りの物をわざわざ近くに持ってくるのは、大好きな相手でないとこのような行動はしません。おやつであればお裾分けしようとしていて、おもちゃであれば一緒に遊ぼうと思っているのでしょう。

ワンちゃんがお気に入りのものを持ってきた際は、そのまま一緒に遊んであげると喜んでくれるはずです。

まとめ

飼い主に抱えられている犬

このように飼い主さんのことが大好きだと出来るだけ飼い主さんの傍に居ようとする行動をすることが分かりました。なんだか人間と同じような行動をすると思うととても可愛らしいなと思います。

愛犬が今回紹介したような行動をして来た際は、喜んで受け入れてあげるとワンちゃんも更に幸せな気持ちを感じることが出来るはずです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。