犬が『悲しい目』をしている時の心理4選 正しいスキンシップの取り方とは?

犬が『悲しい目』をしている時の心理4選 正しいスキンシップの取り方とは?

愛犬をふと見たときに、「悲しい目」をしていると感じたことはありませんか?ここでは、犬が悲しい目をしているときの心理や正しい接し方を解説したいと思います。

お気に入り登録

1.さみしい

悲しそうなパグ

犬が悲しい目をしているときには、さみしさを感じているのかもしれません。

飼い主さんが忙しそうにしているときや、なかなかかまってもらえずにさみしいと思っているときに悲しい目をして飼い主さんのことを見つめているのです。

犬にはそれぞれ性格があり、「さみしい」「もっとかまって欲しい」と思っているときに、吠えたり飛びついたりとわかりやすいアピールをする犬もいれば、それができずにただ悲しい目をして遠くから飼い主さんを見つめることで静かにアピールする犬もいます。

このようなアピールをしているときに、飼い主さんが「さみしい思いをさせているんだな」ということに気がついてあげることが大切です。

ここで気がつかないと、より騒がしく激しいアピールをするようになったり、いたずらやトイレの粗相など困った行動で気を引くようになったりすることがあるからです。

愛犬がさみしそうにしているときにたっぷりスキンシップが取れなくても、目を合わせてにこっとしたり、軽くなでてあげたり、「後で遊ぼうね」と声をかけたりしてあげましょう。

2.お願いや伝えたいことがある

伏せているジャックラッセル

飼い主さんに対して何か伝えたいことがあるときや、要求があるときに悲し気に上目遣いで見つめることがあります。

とくに「遊んで欲しいなぁ…」「お散歩はまだかなぁ」などと、自分がしたいことがあるときなどに、このような目で飼い主さんを見つめて伝えようとしているのです。

また、飼い主さんとコミュニケーションやスキンシップを取りたいと思っているときに、飼い主さんの様子や機嫌を伺っているときにもこのような目で見つめることがあります。

犬は飼い主さんの気持ちや感情の変化にとても敏感に反応します。表情や声のトーン、動き、物音の立て方などから人の感情を読み取るので、じっと見つめているときは様子を伺っているのかもしれませんね。

このようなときは、すべての要求に従ってしまうとわがままになっていく可能性があるので注意が必要です。飼い主さんの時間や都合が許すのであればお願いを聞いてあげても問題ありませんが、時にはあえて要求を無視することも大切です。

3.ガッカリしている、不満がある

伏せているビーグル

自分の望んでいたことが叶わなかったときや、期待外れなことが起きたときにも悲しそうな目をしていることがあります。

飼い主さんがキッチンに立った様子を見て、「ご飯がもらえる!」と思ったのに自分には関係のない用事をしていたり、飼い主さんが玄関に行ったことで「散歩だ♪」と喜んだのに飼い主さんだけ出かけてしまったり…。

そんなガッカリするようなできごとがあったときに、悲しい目でしょんぼりしていたり、飼い主さんをうらめしそうに見つめたりすることがあります。

4.不安を感じている

上目づかいで椅子に手をかけている犬

犬は不安を感じているときにも、上目遣いで悲しそうな目をすることがあります。

飼い主さんの機嫌や様子を伺うときと似たものですが、その場の状況や雰囲気に不穏なものを感じたり、これから何が起こるのかわからず不安になっているときにそのような目をします。

トイレを失敗してしまったときやいたずらが見つかってしまったときなど、「怒られるかな?」とドキドキしているときにもこのような様子が見られます。

また、苦手な音や知らない場所に緊張しているときにも悲しそうな目をすることがあります。

まとめ

伏せているラブラドール

犬が悲しい目をしているときには、飼い主さんにかまってもらえずに悲しい、さみしい思いをしているときや期待通りにならずにがっかりしていることが考えられます。

悲しい気持ちやさみしい気持ちをわかりやすくアピールできない犬が多く見せる表情なので、このような感情を抱いていることに気がついてあげることが大切です。

さみしいという感情に気がつかずに放っておいてしまうと、問題行動につながったり信頼関係が崩れる原因になったりするので注意が必要です。

日頃から愛犬の表情や行動をしっかりと観察して、その気持ちをしっかりと把握してあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。