知ってた?犬の舐める行動は『場所』によって心理が異なる

知ってた?犬の舐める行動は『場所』によって心理が異なる

犬が人を舐めることはよくありますよね。顔や口の周り、手、足…様々な場所を舐めることがありますが、犬が舐める場所によって心理が異なることをご存知でしょうか。今回は犬の舐める場所によって異なる心理について解説します。

お気に入り登録

犬は人間の様々な場所を舐めて気持ちを伝えている

女性の顔を舐める犬

犬にとって「舐める」という行動には、その時の心理が深く関係しています。言葉を話せない犬にとって、行動や仕草で気持ちを伝えるボディランゲージの1つだからです。

一般的に、犬が人をペロペロと舐める時、以下のような場所を舐めることが多いです。

この4つの場所が犬に舐められる場所としてよく見られます。一見「舐める」という行為自体は同じなので、全て同じ意味があると思われがちですが、実は犬が舐める体の場所によって、その時の犬の心理が少しずつ異なります。

【場所別】犬が人を舐める時はどのような心理状態なの?

人の手を舐める犬

では、犬が人の体をペロペロと舐める時、どのような心理が働いているのでしょうか。ここでは、場所ごとにどのような心理状態であるか解説して行きます。

1.顔

女性の鼻を舐める犬

最も舐められることが多いと言っても過言ではない場所が、顔です。頰や顎など、犬は顔周りを舐めてくることが多いですよね。特に飼い主が相手であれば、よく見られる光景です。

基本的に、犬が顔を舐めてくる時は、愛情を表現していることが多いです。「大好きだよ」「甘えたいな」「かまってほしいな」という母犬に寄せる愛情のような感情を伝えようとしていることが多いですよ。

2.口

犬は口をめがけてペロペロと舐めてこようとすることがあります。口は直接舐められてしまうと、犬が口内に持つ細菌が感染してしまう恐れがあるため、なるべく口を直接舐められないようしつけることが望ましいとされています。

犬にとって、口を舐める行為は様々な意味があります。しかし、最も多い心理としては「要求」です。「お腹が空いたよ」「そろそろ散歩の時間じゃない?」など、毎日の日課の時間帯が決まっていると、自らアピールしてくる子も多いです。

他にも「遊んで」「かまって」といったアピールをしたり、「お腹いっぱい。満足です」という感謝の気持ちを伝える時にも口周りを舐めようとします。

「口は舐めちゃダメよ」と教えられている犬の場合は、前足でちょんちょんと突くようにしてアピールしてきたり、目の前でじっと見つめてくるといった態度でアピールしてくる子もいます。

3.手

手を舐める犬

手をペロペロと舐めてくることもありますよね。犬が手を舐めてくる時も、何かを催促していることが多いです。この場合は、口ほど緊急性は高くなく、「遊んでほしいな」「おやつが欲しいな」など、自分にとって嬉しかったことを催促していることが多いです。

中には「飼い主さんと一緒に遊びたい」と思っているおもちゃを持ってきて、飼い主の手を舐めてわかりやすくアピールしてくれる子もいます。

「あわよくば」というニュアンスが強いので、忙しい時は「ちょっと待ってね」と優しく声をかけて、後ほどたっぷり遊んであげましょう。

4.足

なぜか愛犬がよく足を嗅いだり舐めたりしてくる…と戸惑う飼い主を時々見かけます。犬が足を舐めるタイミングを思い返してみてください。帰宅後が多いと思いませんか。

犬にとって、飼い主の足は飼い主がどこに行ってきたのか、誰と会っていたのか、何をしていたのかを情報収集しやすい場所でもあります。

そのため、犬の中には「飼い主さんはどこに行ったんだ?あれ?美味しそうな匂いがするぞ」など、帰宅後に必ず足の匂いや風味をチェックする子もいます。

まとめ

戯れながら女性の顔を舐める犬

いかがでしたでしょうか。犬の舐める行動は、一見全て同じに見えますが、舐める場所によってわずかながら意味が異なります。それぞれ舐める場所によってどのような心理状態なのかを察し、より愛犬とのコミュニケーションを豊かにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。