犬にするべきではない『褒め方』3選!NGな理由や正しい褒め方を解説

犬にするべきではない『褒め方』3選!NGな理由や正しい褒め方を解説

犬を褒めることは、犬の自信にもつながりますし、飼い主との信頼関係を築く上でも大切です。しかし、褒め方によっては効果がなかったり、逆効果となってしまうことも…。今回は、犬にするべきではない褒め方と正しい褒め方を解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬を褒めることはコミュニケーションの上でも大切

女性に褒められて嬉しそうな犬

犬は飼い主に褒められることで、素直に幸福を感じますし、達成感を得られて刺激にもなります。そのため、日常的にちょっとしたことであっても褒めてあげることは、犬と飼い主の絆を深める上で大切です。

トイレが上手にできた時、指示に従うことができた時など、些細なことでも褒めてあげることで、後天的な性格にも影響を及ぼすと言われています。

積極的に飼い主に褒められた犬は、好奇心旺盛に育ったり、社交的な性格に育つ傾向があり、自信に満ち溢れた表情を見せてくれるようになります。

犬にするべきではない褒め方とその理由3選

クエスチョンマークが浮かぶパグ

日常的に褒めてあげることで、犬に良い影響を及ぼすと考えられています。しかし、ただ褒めればいいということではありません。褒め方を間違えると、「褒められた」と気づかなかったり、戸惑わせてしまうことがあります。以下のような褒め方は逆効果となり得るので、意識的に控えましょう。

1.タイミングが遅すぎる

犬を褒める時は、何よりもタイミングが大切です。指示に従った時、トイレができた時など、その瞬間に褒めてあげることで、「これに対して褒めてもらえた」と犬も理解しやすくなります。

反対に、少し時間が空いてから「そういえばさっきの偉かったね」「よくできたね」と褒めても、何のことがさっぱりわかりません。「何を嬉しそうにしているのだろう」と戸惑わせてしまうこともあります。

また、タイミングを間違えると、本来褒めるべきことに対してではなく、その後の何気ない行動に対して褒められたと勘違いしてしまうことも。しっかり褒めるべきタイミングで褒めることを心がけましょう。

2.低い声や低いテンションで褒める

不安そうな表情の犬

褒める際は、愛犬になるべく伝わるように、いつもより少し高い声で褒めたり、テンションを上げて褒めてあげると良いでしょう。

犬は人間の感情を表情や声のトーン、行動などから読み取っています。そのため、言葉では褒めていても、テンションが低かったり、低い声で褒めたりしていると、「もしかして怒っている?」と勘違いさせてしまう恐れがあります。

3.同じ条件でも褒める時と褒めない時がある

同じ条件に対して、気分によって褒める時と褒めない時がありませんか。このように一貫していないルールは、犬にとって不安や戸惑いを生む原因となります。

「昨日は同じことをして褒めてもらえたのに、今日は褒めてもらえない」「いつもはこれで褒めてもらえていないのに、なぜか今日は褒めてもらえた」というシーンが出てきてしまうと、犬も困惑してしまいます。

素直に喜べないだけでなく、飼い主に対する疑心に変わってしまうことすらあるので、褒める時はもちろん、その他に関してもルールは統一するようにしましょう。

どうすればいい?犬の正しい褒め方を解説

ご褒美におやつをもらう犬

上記で紹介したような褒め方は、犬を混乱させてしまう恐れがあり、上手くポジティブな感情を伝えることができません。では、犬を褒める際は、どのように褒めるのが正解なのでしょうか。様々な褒め方がありますが、ここでは犬に伝わりやすい正しい褒め方のポイントを紹介します。

  • 伝わりやすい短い言葉で褒める
  • 最初は褒め言葉を統一する
  • 褒めると同時に犬がされて嬉しいことをする
  • 良いことをした直後に褒める
  • なるべく声のトーンは高く笑顔で褒める

この5つを意識して褒めてあげてください。最初の頃は、褒め言葉を統一しておくと、犬はその言葉のニュアンスを学習し「『いいこ』と言われたから褒められた!」と伝わりやすくなります。

また、言葉で褒めるだけでなく、ご褒美としておやつを一緒に与えたり、スキンシップが好きな子であれば、優しく撫でてあげたりと、犬が喜ぶことをプラスしてあげましょう。この時、褒める度合いに強弱をつけ、スキンシップだけにしたり、おやつをあげたりと区別するとなお良いです。

そして、先ほどもお話ししましたが、犬を褒めるタイミングは非常に重要です。少しでも時間が経ってしまうと、何に対して褒められたのかわからなくなってしまいます。犬が何かを達成したり、良いことをした直後に褒めてあげてください。

まとめ

男の子に褒められる犬

いかがでしたでしょうか。犬は飼い主に褒められることで、幸福度や自信につながります。これは飼い主との信頼関係にも良い影響を与えてくれるので、今回紹介した正しい褒め方のポイントを参考に、積極的に褒めてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。