犬が散歩中にニオイを嗅ぐのは危険?2つのリスクと適切な対処法

犬が散歩中にニオイを嗅ぐのは危険?2つのリスクと適切な対処法

犬にとって「嗅ぐ」ことは本能的な行動であり、お散歩中にさまざまなニオイを嗅ぐことで脳や精神に刺激を受けます。しかし、お散歩中にニオイを嗅ぐことには注意点もありますので、場合によっては飼い主さんの制御が必要になります。今回はお散歩中に愛犬がニオイを嗅ぐことの危険性2つと、危険を回避するための対処法を解説します。

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.拾い食いしやすくなる

地面のニオイを嗅いでいる犬

拾い食いの癖がある子はニオイを嗅ぎながら歩いている

愛犬に「拾い食い」の癖がある場合、お散歩中のニオイチェックには注意が必要です。拾い食いの癖がある子には「地面のニオイを嗅ぎながら歩く」ことが多いという特徴があります。

犬の嗅覚はとても優れていますので、おいしそうなニオイや興味深いニオイが目の前にあったらつい食べてみたくなってしまいます。犬はニオイチェックに集中すると飼い主さんの指示が聞こえないほど夢中になってしまいやすいので、制御が間に合わず口にしてしまうことも多々あります。

お散歩コースが畑の近くである場合には、季節によって除草剤が撒かれていることもあります。気になる臭いを嗅ぎながら歩いているうちに除草剤を舐めてしまう可能性もあります。犬にとって強い毒性があるものですので、除草剤をまく季節には注意が必要です。

危険物を口にしてしまう恐れがある

地面には愛犬の健康を害するものがたくさん落ちていますが、それらは目で見てわかりやすいものばかりではありません。たとえば「車のクーラント」もその1つです。寒い冬に車の冷却水やヒーター内部が凍結しないよう、クーラントという不凍液が備わっています。

不凍液の種類によりますが、エチレングリコールという成分が含まれているものがあり、ほんの少量であっても犬に強い毒性があります。クーラントはメンテナンスを怠ると車の外に漏れ出てしまうことがあり、甘味があることから犬が舐めてしまいやすいため注意が必要です。

2.おしっこをしやすくなる

木のニオイを嗅ぐ犬

おしっこのニオイには情報がたくさん含まれている

お散歩中の犬にとって最も興味深いニオイの1つが「ほかの犬のおしっこのニオイ」です。犬は優れた嗅覚によって、おしっこのニオイからその主の年齢・性別・身体の大きさ・強いか弱いかなどさまざまな情報を知ることができると言われています。
そのため、犬は縄張りの主張や発情のアピールとしてもおしっこを使います。

自分のおしっこで上書きしたくなってしまう

愛犬にとって、お散歩コースは自分の縄張りです。自分のテリトリー内にほかの犬のおしっこを発見すると、そこに自分のおしっこをかけて情報を上書きし縄張りを主張したくなります。特に、ニオイからそのおしっこの主が弱そうだと感じた場合には上書きしたくなると言われています。

マーキング目的の尿をはじめ、最近ではお散歩中の愛犬にできるだけ排泄をさせないことがマナーとなっており、犬が公共の場で排泄することを迷惑に感じる方もいます。愛犬のマーキングを予防するためには、電柱やポールなど犬がマーキングしやすい場所のニオイを嗅がせないよう制御すると良いでしょう。

ニオイチェックを制御するには

散歩する犬

1.嗅ぎ始める前にリードで制御する

犬がニオイを嗅ぎはじめてしまうと制御が難しくなりやすいため、愛犬がニオイを嗅ぎ始める前に制御することがポイントです。拾い食いをすると危険なものやマーキングしやすい場所に近付かないよう、リードで愛犬をコントロールしましょう。リードの引っ張り癖を改善しておくことも大切です。

2.アイコンタクトが取れるようにしておく

どんな状況であっても名前を呼ぶと愛犬が飼い主さんに注目できるよう、アイコンタクトのトレーニングを行なっておきましょう。お散歩は楽しい時間ですが、車や自転車などの危険もあります。拾い食いやマーキングだけではなく、そういった危険から愛犬や周囲を守るためにも冷静さを取り戻す練習をしておくと安心です。

3.メリハリをつけて匂いを楽しむ

ニオイチェックには2つの危険があるものの、嗅ぐことは犬の本能的な行動の1つです。ニオイを嗅ぐことで脳や精神に刺激を受け、室内では感じられない楽しさを味わうことができます。そのため、完全にニオイチェックを禁止してしまうとお散歩の楽しみが失われてしまいます。嗅いで良い場所とダメな場所とのメリハリをつけることで、愛犬が安全にニオイチェックをすることができるでしょう。

まとめ

芝生の匂いを嗅ぐビーグル

クンクンと一生懸命ニオイを嗅いでいる姿を見ると、愛犬がお散歩によって良い刺激を受けていると感じます。しかし、ニオイを嗅ぐことで拾い食いをしやすくなったり、マーキングをしやすくなったりする恐れもあります。

危険なものの近くやマーキングしそうな場所にはリードをコントロールすることで近付かせないようにし、リードの引っ張り癖の改善やアイコンタクトをトレーニングしておくと良いでしょう。そして、愛犬が安全にニオイを楽しむことができる時間を確保してあげることで、お散歩ならではの楽しみを保ってあげることができます。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。