犬にトイレを覚えさせる時にするべきではないNG行為3選

犬にトイレを覚えさせる時にするべきではないNG行為3選

犬のトイレのしつけがうまくいかず、頭を悩ませるのは「飼い主あるある」です。今まさにトレーニング中で挫けそうになっている方、あと少しの辛抱です…!トイレ問題を解決し、愛犬をトイレ上手な犬に育てましょう♪

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬はトイレの場所を自分で決める?

便器に手をかけるジャックラッセルテリア

動物は基本的に綺麗好きですが、犬も元々綺麗好きな動物です。

身の回りが汚れている状態を嫌がるため、出来るだけ寝床から離れた場所をトイレの場所に選びたがるようです。

そう考えると、トイレ一体型のケージはあまり犬の習性にそぐわないような印象を受けます。

特に日本犬は綺麗好きな傾向にある、と言われています。短毛種のため、おしりの周りにウンチが付きにくく、体臭が少ないため、清潔感があるイメージに繋がっているのかもしれません。

やってはいけないNG行為とは?

ペットシーツの上で眠るコーギー

1.トイレの場所をコロコロ変える

トイレを覚えてくれない原因として、トイレの場所が落ち着かず、気に入らないと感じている可能性があります。

その場合の対処法に「トイレの場所を変更する」方法がありますが、何度も変更しすぎるのは逆効果です。せっかく覚えたのに場所が変わってしまったら、犬の混乱を招きます。

模様替えなどで場所を変えたい場合は、1週間くらいかけてゆっくり移動するようにして下さい。

2.排泄物を放置する

ペットシーツが汚れていると、排泄物で足が汚れるのを避けるために、ペットシーツからはみ出してしまったり、全く別の場所で排泄してしまうことがあります。

不衛生な環境が嫌で排泄を我慢する癖がついてしまうと、膀胱炎を発症するリスクが高まります。

排泄物は放置せず、すぐに片付けるのが鉄則です。

3.ベランダにトイレを設置する

ベランダの犬2匹

庭がないマンションでは、ベランダを犬のトイレ場所に選ぶ方がいます。室内にニオイが充満しなくて済むというメリットがある一方で、隣人はどう思うでしょうか。

ベランダ越しにニオイが漂ってくるのは不快でしょうし、夏は虫が飛び交う懸念があります。マンションの規約によっては、違反行為に該当します。

また、ベランダでしか排泄しないとなると、留守番のときは自由にトイレが出来なくなります。

犬のためにも良くないので、室内で適切な場所を見つけましょう。

トイレを覚えて貰うには?

子犬を抱く女の子

飼っている犬がトイレを覚えてくれないと、イライラしてしまう飼い主もいるでしょう。失敗が続くと不安になりますよね。

《トイレトレーニング成功への道》

  • トイレは十分な広さを確保する
  • 繰り返し教える
  • 成功したら褒める
  • トイレ以外で粗相をしたら、よく拭き取る

些細なことではありますが、飼い主のひと手間を加えることが、成功に結び付くヒントになります。
是非実践してみて下さい!

ペットシーツを食べるのはどうして?

犬用ペットシート

犬がペットシーツを破いて食べてしまうことは、割とよくある事象です。理由はいたってシンプルで、犬自身はあまり深く考えていないのです。

《ペットシーツを食べる理由》

  • 退屈だからかじってしまう
  • 単に遊んでいるだけ
  • おなかが空いている

ペットシーツは吸水性ポリマーで出来ています。毒性はありませんが、体内で水を吸って膨張すると、体外に排出されにくくなります。

メッシュタイプのトイレを使い、物理的に破けないようにするなど、食べさせない工夫をしながら犬の成長を見守りましょう。

まとめ

トイレの犬

トイレの失敗が続いても、決して叱らないようにして下さい。もし体が汚れてしまったら、シャンプーすれば良いだけですよ♪

時間がかかっても、徹底的に犬と向き合ってみましょう。諦めずに教えることで、きっと覚えてくれる日が来ると思います!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。