犬が食べても大丈夫な『春の野菜』4選!ただし与えすぎには要注意!

犬が食べても大丈夫な『春の野菜』4選!ただし与えすぎには要注意!

春はさまざまな野菜が旬を迎える季節!わんこが食べられる野菜の種類と量を学んで、愛犬と一緒に春の味を満喫してみませんか?

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

キャベツ

キャベツ

春先はレストランのメニューや料理番組の献立などで「春キャベツ」という言葉をたくさん見かけますよね。みずみずしい食感と甘みが特徴のキャベツは、葉っぱの部分はもちろん芯の部分も大好き!というわんこも多いのではないでしょうか。芯の周りは特にビタミンCが豊富というのも、わんこには嬉しいポイントです。

与え方と注意点

葉っぱが薄くて柔らかいのも、春キャベツならでは。そのため加熱をしなくても、生のままでも気軽にわんこに与えることができます。とはいえ与えすぎると下痢や嘔吐の原因になるため、体重5kgのわんこなら5gが目安です。また甲状腺疾患のあるわんこの場合は獣医師に相談が必要です。

新じゃがいも

じゃがいも

ビタミンCやビタミンB1が豊富なじゃがいもも旬の野菜の1つ。「え?じゃがいもって春が旬なの?」と不思議に思う人もいるかもしれませんが、「新」じゃがいもの旬は春なんです。そもそも年間を通して流通しているじゃがいもは収穫後に貯蔵され、完熟したもの。一方で「新じゃがいも」は、春に収穫されたばかりで完熟していない獲れたてのじゃがいものことをいいます。特徴は何といっても皮が薄いことです。

与え方と注意点

普通のじゃがいもであれば皮と芽を取り除く必要がありますが、新じゃがいもは別。皮ごと与えることが可能です。ただし芽はしっかり取ることと、よく加熱するのは私たち人間が食べるときと同じ。体重5kgのわんこで20gを目安にしましょう。

菜の花

菜の花

黄色くて可憐な花を咲かせる菜の花は、桜とともに春の花の代名詞になっています。菜の花畑を愛犬とお散歩するのも素敵ですが、食用の菜の花は食卓にも春を告げてくれますよ。抗酸化作用があるビタミンA、C、Eを同時に摂取できるため、栄養学的にも優秀な食材です。

与え方と注意点

必ず茹でて加熱したものを、体重5kgのわんこであれば10g程度を目安に与えましょう。ただしキャベツと同様に甲状腺疾患のあるわんこは、獣医師の許可を得てからにしましょう。またシュウ酸も豊富なため、尿路結石の既往症があるわんこも注意が必要です。

アスパラガス

アスパラガス

春が旬の野菜といえば、にょきっと伸びたアスパラガスもまた欠かせないですよね。アスパラガスはその名前の通り、「アスパラギン酸」という栄養素を豊富に含むことで知られていますが、アスパラギン酸には疲労回復や滋養強壮作用があります。アスパラガスを食べて、元気いっぱいに春の野原を走り回りましょう!

与え方と注意点

人間でも、アスパラガスを食べるときに繊維が気になる人は多いかもしれません。わんこも同様なので、与える際には軽く茹でたうえで硬い部分は取り除くようにしましょう。また鮮度が落ちやすく傷みやすい野菜でもあるので、新鮮なうちに調理してすぐに与えます。量は体重5kgのわんこで10gが目安です。

まとめ

野菜

いかがでしたでしょうか?旬の野菜はおいしいだけでなく、栄養がたくさん詰まっています。手作り食は苦手という方なら、フードにトッピングするだけでも良いですよ。ぜひ旬の野菜を愛犬と一緒に味わって、春を感じてみましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。