犬が困ってしまう『飼い主の行動』5選

犬が困ってしまう『飼い主の行動』5選

あなたがついやってしまっている行動が、実は愛犬を困らせているかもしれません。今回は『犬が困ってしまう飼い主の行動』についてまとめました。なぜその行動に犬は困っているのか、その理由についても解説します。

お気に入り登録

犬が困っていること

嫌がる柴犬の子犬

1.ギュッと抱きしめられること

飼い主にとっては愛情を表現するための行動なのですが、ギュッと抱きしめられることを好む犬はあまりいません。

ほとんどの犬が抱きしめられることを嫌がります。体を拘束されてしまったような支配的な行動のように感じるからです。

相手が飼い主なので一応信頼関係もありますし、身に危険が及ぶような行動をすることはないだろうと判断し、ギュッと抱きしめる飼い主の行動にただジッと耐えているのです。

大人の飼い主であれば「やめてよ!」と抵抗することもありますが、子供や高齢者が飼い主であると自分よりも力の弱い存在であることを理解し、優しさを見せてくれることもあります。

2.からかって遊ばれること

からかわれる子犬

愛犬をからかって遊ぶ飼い主がいることは非常に残念なことなのですが、SNSでは「かわいい♡」「面白い!」と話題になりますよね。

犬も一緒に楽しんでいる様子なのであればそれほど問題はないのかもしれませんが、しょんぼりとした表情をしていたり、怒った表情をしていたり、犬が嬉しそうでないのであればやめてあげてください。

それはただ抵抗することができずにジッと耐えているだけです。

3.自分以外の何かに夢中になること

犬は退屈が苦手です。お留守番しているわけでもないのに、同じ空間で過ごしているのに、飼い主が自分以外の何かに夢中になって行動することが犬は好きではありません。

「どうして構ってくれないの?」「どうして無視するの?」と寂しく思っています。「おいで」と一声かけてあげるだけでパッと表情が明るくなって嬉しそうに走ってやって来るはずです。

とくにお留守番の後は、たくさんスキンシップやコミュニケーションをしてあげてほしいです。

飼い主には帰宅後もやらなければならないことが山ほどありますが、犬は何時間もただただ飼い主のことを考えて待っています。

4.イライラしていること

床に伏せるラブラドール

飼い主の不機嫌な感情や行動は、犬にもしっかり伝わります。

イライラしている時って仕草や行動が大袈裟になってしまったり、ブツブツ何か言葉を発してしまったりしますよね。

不機嫌な飼い主の様子は理解できるのですが、自分はどのように行動したら良いのか犬にはわかりません。ただ困惑してしまうばかりです。

飼い主がストレスを感じている時、犬も同じようにストレスを感じています。きっと家の中の雰囲気も悪くなってしまっています。

5.歩かされるだけのお散歩

犬のお散歩には目的がたくさんあります。体を動かしてエネルギーを消費すること、ニオイを嗅いで情報を集めること、空気や音に触れて刺激を受けること、他の人や犬とコミュニケーションをとることなどです。

「ニオイを嗅ぐの禁止!」「他の人や犬に近づくの禁止!」これでは犬はお散歩をしても退屈してしまいます。

「時間がないから」「忙しいから」と、ただ飼い主に従って歩かされるだけであったり、室内でトイレができないからと排泄のために外に連れて行かれるだけであるなど、飼い主の都合が中心のお散歩では犬は困ってしまいます。

もちろん、愛犬の安全のために主導権を握る必要はあります。

まとめ

違う方向に行きたいジャックラッセルテリア

犬が困ってしまう飼い主の行動について5つ解説しました。

  • ギュッと抱きしめられること
  • からかって遊ばれること
  • 自分以外の何かに夢中になること
  • イライラしていること
  • 歩かされるだけのお散歩

良いことではないとはわかっているけれど、無意識にやってしまっていたり、ついやってしまって後悔している…なんて行動が多いですよね。

犬にもそれぞれ性格や好みがありますから、同じ飼い主の行動でも気にしない犬もいれば好む犬もいれば嫌がる犬もいます。

飼い主としては、愛犬が喜んでくれる行動をしていたいですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬は拘束させることを嫌います。いくら飼い主が好きだからって拘束を許すわけではありません。こっちは愛情表現してるつもりでも向こうは支配されてるように感じるのです。もし嫌がるのであれば無理にやらないで下さい。怪我することがあります。
    からかうのはやめて下さい。いぬは純粋で嘘をつきません。からかって遊ぶ飼い主は犬を道具、おもちゃでしか見てません。確かに犬は人に使える存在ですがあくまでそれは仕事、業務のサポートです。おもちゃや暇つぶしのための道具ではないのです。
    犬は孤独が苦手です。出しても構わないのはゲージに入れらてるのと変わりません。留守番してたときは帰って一段落してからスキンシップしてやりましょう。
    犬には感情を読み取る能力が非常に長けています。行動に荒さが見られたり文句言ってると不機嫌だと感じます。不機嫌だと不安を与えるので犬の前ではストレスを抱えないほうが良いです。
    犬の散歩は運動不足解消ではありません。外の刺激に触れ脳を活性化する場、社会化をする場なのです。散歩が面倒くて早く終わらせたい気持ちは解ります、俺もそうなので。でもそのために匂い嗅ぐな、人や犬に会うな。歩くだけは非常に退屈ですよね。なんの為に外に出したのかわかりませんよね。勿論散歩の主導権は飼い主が握りますが飼い主の都合ばっか優先じゃ楽しくありません。俺も散歩も俺優先だけど暇なときぐらいは主導権は俺でも犬優先にさせてます。
    ついやってしまってる飼い主は非常に多いと思います。犬それぞれですから好む犬もいますし嫌う犬もいます。飼い主としては犬に喜んで貰いたいですよね。
    最後に補足します。犬が最も喜ぶことは人に使えること、共同作業を行う事です。共に遊んだり仕事を与えると犬は充実感を感じます。使役犬みたいにしろとは言いません。でも何もしない、可愛がるだけよりはだいぶマシです。俺の犬もそれをやって充実した日々を送ってます
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。