あなたの犬は右利き?左利き?英国での犬の利き足研究結果

あなたの犬は右利き?左利き?英国での犬の利き足研究結果

犬にも利き足があるという研究は以前から行われているのですが、以前よりもずっと大きなデータ数で行われた犬の利き足調査の結果が発表されました。興味深い内容をご紹介します。

お気に入り登録

犬の前足、右利きと左利きの割合を調査

右前足を差し出す犬

犬はおもちゃで遊んだり、大きな食べ物を食べる時などに前足を使って押さえたり、時には引っ掻いたり転がしたりしますが、人間のようにどちらかが利き足なのでしょうか。

過去にも犬の前足の右利きと左利きについての研究は数多く行われてきました。しかしサンプル数が少なかったため、別々の研究で対照的な結果が出るなど、なかなか明解な答えが出ないままになっていました。

この度イギリスのリンカーン大学の生命科学の研究者が、この研究では世界最大のデータ数を使用して、犬の利き足に関するリサーチ結果を発表しました。

チューブの中のトリーツを取り出すテストで分類

コングを押さえて舐めているホワイトシェパード

この研究のためのリサーチには英国国営放送(BBC)が番組制作のために実施したアンケート調査『Test Your Pet』のデータが使用されました。データの数は17,901匹分で犬の利き足のリサーチとしては世界最大のものとなりました。

『Test Your Pet』では飼い主が自宅でペットに対して指定された通りのテストを行い、その結果をアンケート形式で報告するという形になっています。犬の利き足調査のテストでは、飼い主は犬の前足が十分に入るくらいのプラスチック製または紙製のチューブを入手するよう指示されました。

犬の大きさによって異なるサイズのチューブ、ペーパータオルの芯などが利用されます。チューブは片方が塞がれ、中にはトリーツが仕込まれています。トリーツは奥の方にあり犬が前足を入れて掻き出さなくては取れません。テストは3回実行するよう指示されました。

テスト後、飼い主は「左前足を多く使った、右前足を多く使った、どちらとも言えない」の3つの選択肢から1つを選んで回答。テストの結果の他には、犬の性別と年齢も報告されました。

犬の利き足テストの結果は?

左足を差し出すワイマラナー

回答の集計の結果は以下のようなものでした。

  • 74%の犬が明確に右または左の前足だけを使った(利き足がある)
  • 26%は両方の足を等しく使っていた
  • 利き足のある犬のうち、右利きは58.3%、左利きは43.9%
  • メス犬では60.7%が右利き、39.3%が左利き
  • オス犬では56.1%が右利き、43.9%が左利き
  • 年配の犬は若い犬よりも右利きの傾向が強かった
  • 年配の犬の右利き傾向はオス犬に特有だった

このように犬は右または左の利き足を持っている犬が圧倒的に多いことがわかりました。右利きの方が多い傾向は人間と同じですが、人間よりも右と左の差は小さく、両足が利く割合は人間よりも高くなっています。

性別によって利き足の傾向に差があるのは、利き足を決定するのに性ホルモンの影響を受けている可能性が指摘されています。人間も女性よりも男性の方が左利きの人の割合が高いのだそうです。

年配の犬で右利きの傾向が強くなるのは、若いうちは未発達のために両方の前足を使う個体がいるが、年齢とともに利き足が発達して行くからではないかと考えられているそうです。

まとめ

3匹の犬の前足

世界最大のサンプルから犬の右利きと左利きの割合を決定するリサーチが実施され、犬は右利きが多いが左利きの割合は人間よりも高いこと、性別や年齢も関連していることをご紹介しました。

犬が前足を使って何かをしている時、かわいいなあと思って見ていることはあっても右利きか左利きかに注意を払ったことがありませんでした。注意して観察することで、遊びやトレーニングがスムーズになったりするかもしれないと感じました。皆さんもぜひ愛犬の利き足観察をなさってみてください。

《参考URL》
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S016815912100085X

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。