愛おしい♡犬が飼い主と会うたびに大はしゃぎする心理4選

愛おしい♡犬が飼い主と会うたびに大はしゃぎする心理4選

ほんの少し外出しただけでも、丸一日お留守番をした後でも、愛犬は私たち飼い主に会うとそのたびに大はしゃぎしてくれます。どうして犬は、私たち飼い主と一旦離れた後、毎回、毎回、時間の長い短いはお構いなく、大喜びしてくれるのでしょうか?

お気に入り登録

犬が飼い主と会うたびに大はしゃぎする心理 4選

飼い主と犬のシルエット

1.不安からの解放感

実際に、犬に人間の言葉で尋ねたわけでもないし、犬の言葉を私たち人間が理解したわけではありません。ただ、家族として長く一緒に暮らすうちに、犬の仕草や表情から「きっとこんなことを感じているのだろう」と言うことを推測してみましょう。

まず、飼い主と離れている時の犬は、どんな様子でしょうか。寂しそうな、退屈そうな様子をしていませんか?また、どこか不安そうな様子も感じませんか?

飼い主さんが自分の視界の中に飼い主さんがいれば、どんなことが起こっても安心だと思っている犬にとったら、飼い主さんの姿がいない空間は、例え自分の家の中であっても心細さを感じることでしょう。

そして、飼い主さんの存在が確認できた瞬間から、愛犬はその心細さや不安から一気に解放されるのです。そう考えると、興奮してはしゃいでしまうのも無理はありません。

2.我慢からの解放感

例えば、ペットホテルに預けられていたり、お留守番の間はクレートやサークルに入れられたりしていたら、その状態は犬にとって「我慢」している状態です。

そして、飼い主さんが帰ってきたら愛犬はその状態から解放されることを経験で知っています。飼い主さんとの再会は、「我慢からの解放」となるため、ただ、寂しかったというだけでなく、ストレスからの解放でもあるのでしょう。

3.責任の重圧からの解放感

人々に可愛がられる犬

犬によっては、飼い主さんがいない間、一緒に留守番をしている家族を守らなければ…と、気を張っていることもあるようです。そのため、飼い主さんが帰ってくると自分で勝手に背負った責任の重大さから解放されるのでしょう。そのため、「やっと、プレッシャーから解放された~!」と喜んでいるのではないでしょうか。

4.幸福感

愛犬にとって飼い主さんは、食事を与えてくれて、身の安全を確保してくれるだけでなく、心の底から信頼できるかけがえのない存在です。私たち人間は、父母を「親」として、息子や娘を「我が子」として大切に思っていますが、恋人を慕うように会えないからと言って「恋しい」という感覚はあまり感じません。

けれども、犬は私たち飼い主や自分の家族に対して、本来家族同士では持ちえない「恋しい」という感情を抱いているように感じます。

長い間恋人と会えない時の切なさ、そして離れていた時に辛い思いをした分、会えた時の幸福感の大きさを思い出してみましょう。そうすると、愛犬が私たちと会うたびに大はしゃぎして喜ぶ時、まさにその幸福感を感じてくれているからのように思えませんか?

犬が喜んでいる時に見せる仕草

笑顔の柴犬

腰ごと尻尾を振る

尻尾だけを左右に振るのではありません。喜びのあまり尻尾の根本に力が入るのか、足を踏ん張らないとバランスを崩しそうなほど激しく腰ごと尻尾を振ります。

走り回る

家の中でノーリードの場合、飼い主さんが玄関のドアから入ってくると飼い主さんに飛びつく前に家の中を走り回ることもあります。その時、お気に入りのぬいぐるみやスリッパを咥えて走る場合もあるようです。

鼻を鳴らす

犬が甘えて鼻を鳴らす時の音は、「ピーピー」「クンクン」などの音が鳴ります。

跳ねる

人間でも、嬉しいことがあるとその感情に突き動かされて飛び跳ねてしまうのと同じで、犬も嬉しいことがあるとキツネのように飛び跳ねることがあります。

まとめ

飼い主の膝の上で寝る犬

私たち飼い主が一旦、家を出るといつ帰ってくるか、どのくらいの時間待てばいいのか、犬にはわかりません。けれども、「絶対に帰ってくる」と信じている犬は、後追いもせずに静かに飼い主さんの帰りを待っています。

10分の外出で帰ってくる時もあれば、場合によっては旅行や仕事で数日離れ離れになる場合もあるでしょう。例え、ほかの家族と過ごしていても、愛犬の心の中のさみしさや不安は姿が見えない家族のことを思い、消えることはありません。

窓際の犬

人間同士の愛情は、時とともに変化して行きます。親から子供への愛情も、夫婦間、恋人同士の愛情もお互いの関係性や成長の変化とともに、お互いへの接し方が変わっていきます。ですが、犬は生涯、ずっと家族に対して「恋しい」という感情を持ち続け、側にいたいと願い続けてくれます。

その証の一つが飼い主さんに会うたびに大はしゃぎする、という行動ではないでしょうか。今回、「飼い主さんに会うたびに大はしゃぎする心理」についていろいろ推測して見ましたが、もしも実際に犬と会話が交わせるのなら、ただ「大好きだから」とシンプルな答えが返ってくるだけかも知れません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。