犬が飼い主のトイレについてくる時の心理4選

犬が飼い主のトイレについてくる時の心理4選

私たちがトイレに行こうと席を立つと、なぜか愛犬がトイレまでついてくることはありませんか。「トイレに来ても何もないのに…」と不思議に思うこの行動ですが、犬には犬なりの理由があるのです。

お気に入り登録

犬が飼い主のトイレについてくる時の心理4選

トイレの便座に前足を置く犬

飼い主がトイレに行こうとすると、なぜか一緒にトイレまでついてこようとする犬がいます。「うちの子もなぜかトイレまでついてくる」という方も少なくないでしょう。なぜ犬は飼い主のトイレについてくるのでしょうか。その心理を解説します。

1.飼い主と一緒にいたいから

女性に撫でられて嬉しそうなトイプー

最も多い心理状態として、単純に飼い主と一緒にいたいと感じているからです。特に、日中は仕事でなかなかかまってもらえない犬にとって、飼い主が家にいる時間は貴重なのです。「一緒にいましょう」という理由でついてきていると考えられます。

このような犬の場合は、飼い主に執着しているということはありませんが、甘えたいという気持ちが強いため、トイレまでついてきてしまっています。

問題視する必要はありませんが、やはり飼い主としてはトイレの前で待たれると、複雑な心境になる人も多いでしょう。この場合は、リビングのドア付近で「待て」をして待たせましょう。

2.飼い主がいないと不安になるから

毎回必ずと言っていいほどトイレまでついてくる犬は、飼い主の姿が見えなくなることに不安を感じている可能性があります。

トイレまでついて行けず、リビングに置いてかれてしまうと鳴き声を出したり、トイレのドアを急かすように引っ掻くような仕草をみせる場合は、分離不安が疑われます。

トイレ以外の場所にも常に飼い主の後をついて回っている犬は、分離不安によって強いストレスを溜め込みやすくなっています。適度な距離感を保つよう意識してください。

3.トイレの中が気になっている

トイレットペーパーをくわえる犬

好奇心旺盛な犬にとって、トイレの中は未知の世界です。入れてもらったことがなく、常にドアが閉まっていて中を見たことがないので、「いったいどうなっているのだろう」「何があるのだろう」と気になっているのです。

飼い主がトイレへと席を立った時に、「今が中を確認するチャンスだ!」とばかりに、ワクワクした表情でついてくることはありませんか。これは「今日こそトイレの中を見せてくれる」と期待しているのです。

あまりにも気になっている様子であれば、一度トイレの前から中を見せてあげることで、落ち着く犬も多いですよ。その際は、いたずらをされないように注意してくださいね。

4.飼い主が行く道の場所を警護している

犬はもともと群れで行動していた動物なので、仲間意識が強く、狩りへ行く時も本拠地を移動する時も、常に仲間とともに行動していたと考えられています。

この習性が本能的に残っているため、飼い主が行く場所へは一緒に行くことが当たり前だと考えている犬も多いです。「飼い主さんが行く場所は一緒に行って安全を守らなければ」と思っているのでしょう。

特に、犬にとって排泄している最中は外敵に狙われやすいタイミング。そのため、飼い主がトイレに入っている最中は、「僕がお守りします!」という責任からトイレの前で待機する犬もいるのです。

常に飼い主の後をついてくる場合は分離不安を疑って

寂しそうな犬

トイレだけでなく、お風呂や別の部屋など、常に飼い主の後をついてくる場合は、分離不安を疑う必要があります。分離不安とは、飼い主と離れることで強いストレスを感じてしまう精神疾患のようなものです。

そのまま放置していると留守番のたびに問題を起こしたり、自傷行為を起こしたりする恐れがあります。

分離不安は、日頃から飼い主と程よい距離感を保つことで、徐々に改善されることが多いです。犬の自由に動ける範囲をルールとして決めて、その範囲以外はついてこないようにするなどして、距離感を取りましょう。

まとめ

トイレで新聞を読む犬

いかがでしたでしょうか。犬が飼い主のトイレについてくるのは、基本的に飼い主のことが大好きだからです。しかし、あまりにもしつこく後をついてくるようであれば、分離不安が疑われるので、日頃から適度な距離感を保つように心がけてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。