愛犬が旅立った後のケア、アメリカでのペットメモリアル事情

愛犬が旅立った後のケア、アメリカでのペットメモリアル事情

最愛のペットが旅立った後の見送り方や思い出を形に残す方法にも色々と新しいものが出てきています。アメリカの事例からそのいくつかをご紹介します。

お気に入り登録

アメリカ人とペットの思い出に関する調査結果

シェパードの写真フレームを持つ子供の手

愛犬や愛猫の思い出、多くの人がいろいろな形で大切にしていらっしゃることと思います。国や文化が違えど、愛するペットへの思いは同じです。

アメリカの生命保険会社チョイス・ミューチュアルが、アメリカの人々が亡くなったペットをどのように扱い、どのように思い出を形にしているのかについての調査結果を発表しました。

アメリカの世帯の67%が少なくとも1匹のペットを飼っており、最も人気があるのは犬で、猫が2位に続きます。多くの人が犬や猫を家族の一員と考えており、亡くなった後もそれは同じです。

アメリカの飼い主さんたちは見送ったペットのためにどのようなことをしているのでしょうか。

埋葬の方法にも新しい形が

犬の形の墓石

アメリカでは人を弔う時には埋葬が一般的ですが、ペットの場合は火葬が全体の60%を占め1位になっているようです。これはペットのための墓地があまり沢山無いことが主な理由です。とは言え、アメリカ全体ではペットの墓地は200以上あるのだとか。

自分が所有する土地に自らの手でペットを埋葬するという伝統的な方法を取る人もいますが、州によっては自分の土地であってもペットを埋葬することを全面的に禁止しているところもあります。

新しい形の埋葬方法として、亡くなったペットの身体をコンポストにして土に還すというものがあります。ペットの身体はウッドチップや藁などに包まれて専用の屋外に置かれ、30日ほどで土に還るのだそうです。土を引き取ることができる会社と植林プロジェクトに寄付される会社があるようで、植林プロジェクトの場合は寄付されたペットの名で木が植えられます。

ペットの遺灰といつも一緒にいたいという気持ち

ペットの遺灰の器

火葬の場合は、遺骨としては形を残さずサラサラの遺灰になり、この遺灰をお墓に埋葬したり、自然の中に散骨するという人もいます。多くは専用の壺や箱に入れて手元に置いておくのが一般的です。

しかし、中には遺灰といつも一緒にいられるよう、形を変えて加工を依頼する飼い主さんもいます。

人気があるのは陶土と遺灰を混ぜて、ペットの名前と誕生年と没年の文字を刻んだメモリアルプレートを焼き上げるというもの、または陶器に焼き上げるものがあります。また少量の遺灰をガラスに混ぜ固めてステンドグラスやアクセサリーに加工するサービスもあります。

遺灰を加工して人造ダイヤモンドにするというのは、以前からよく知られていますね。

最近の新しい方法では、遺灰の埋葬と似ているのですが、生分解性の特殊な容器の底に遺灰を入れ、その上に木の苗を入れて容器ごと地面に埋めて木を育てるというものがあります。ペットの命を木に引き継いだような気持ちになれそうですね。

木を育てるのと対照的に、遺灰とコンクリートを混ぜて人工岩礁を作り、海に沈めて魚たちの住処とするというサービスもあるそうです。

遺灰を特殊な絵の具に混ぜてペットの肖像画を描いてくれるという会社もあります。

まとめ

犬の肖像画と数珠とお線香

アメリカで実際に行われているペットの埋葬や遺灰の加工の方法についてご紹介しました。

遺骨や遺灰への意識が日本人の一般的な感覚とは違う部分もあり、中には少し抵抗を感じるものもあるのですが、そのような文化の違いを考えるのも興味深い点ではあります。

また違っている点があっても、愛犬への強い気持ちから来るものだという点を忘れず尊重の気持ちを持っていたいと思います。

《参考URL》
https://choicemutual.com/pet-burials-2021/

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。