犬と『キス』するのは危険?!知っておきたい3つの悪影響

犬と『キス』するのは危険?!知っておきたい3つの悪影響

愛犬と過ごしていると、口元をペロペロ舐められることありますよね。そんな時「犬とキスすると危険なのでは?!」と気になってしまうもの。この記事では、知って起きたい犬と「キス」すると起きる危険と悪影響をご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬とキスすると起きる3つの悪影響

2匹の犬を抱く女性

愛犬から「大好き!」とばかりに口元を舐められると、飼い主としては嬉しいものですね。

しかし愛情表現とはいえ犬と人間がキスすると、衛生上問題が起こることがあることが否めません。

これは人間同士でキスをしても起こり得るものですが、相手が犬である以上別の問題が出てくるもの。

ぜひ愛犬家の方は、犬とキスすると起きる3つの悪影響について理解しておきましょう。

1.犬から感染症がうつる

犬の口

犬の口の中には人間の生態系とは異なる細菌が含まれており、口同士をつけるキスや傷口を舐めるといった行為で「人畜共通感染症(ズーノーシス)」と呼ばれる感染症を引き起こすことがあります。

犬とキスをすると起こりやすい感染症は次の通りです。

  • サルモネラ菌

健康な犬でも少量のサルモネラ菌を保有しているため、キスを介して感染してしまうことがあります。感染すると、下痢や嘔吐や発熱の症状が現れるため注意が必要です。

特に免疫力が低い乳幼児や高齢者、病後の人は症状が悪化しやすく、最悪の場合死に至るケースもあります。犬とスキンシップをする際には十分気をつけてください。

  • パスツレラ症

ごく稀なケースですが、犬とキスなどのスキンシップを介して「パスツレラ症」という感染を引き起こす可能性もあります。

パスツレラ菌は犬の口内にある常在菌ですが、人に感染すると関節に痛みを感じたり、発熱を引き起こし「骨髄炎」になることも。

重症化すると死亡することもあるので、異変を感じたらすぐに対処しなければなりません。感染症はすぐに症状が出るばかりではなく、一週間後に異常症状が出ることもあります。

  • カプノサイトファーガカニモルサス症

手を洗う

犬の口内には「カプノサイトファーガカニモルサス」と呼ばれる細菌があり、ごく稀に人間にうつることがあります。

通常の接触では大きな問題にはならないものの、ごく少数の人が感染していることを知っておくべきでしょう。

感染すると頭痛や嘔吐や発熱症状が起こり、悪化すると「髄膜炎」を引き起こして危険な状態に陥ります。

犬とキスをしたり、噛まれたり、傷口を舐められたりした後はすぐに洗い流して、清潔にするように気をつけてください。

これらの感染症はごく稀なケースとはいえ、うつる可能性はゼロではないことを把握しておくべきです。

とくに体調がすぐれない時や高齢の方、子供、病気治療中の方は免疫力も低下しているため、愛犬とのスキンシップはキス以外の方法で行う方がいいでしょう。

2.犬に虫歯菌をうつしてしまう

歯ブラシと歯磨き粉

人間の口の中にある虫歯菌はキスでも感染することがあり、愛犬へうつしてしまう可能性もあるので注意しなければなりません。

犬は人間より虫歯になりにくい生態ですが虫歯にならない訳ではなく、飼い主さんがうっかりうつしてしまうこともあります。

口同士の接触以外にも、飼い主さんがかじった食べ物を口にしても虫歯菌はうつってしまうので、くれぐれも気を付けてください。

3.アレルギー発症の原因に

犬とスキンシップを取ったらアレルギー症状を発症した例もあります。中には犬とキスをした後に唇が大きく腫れたり、痒くなったりする人もいます。

そもそも犬アレルギーの人が犬を飼うことで危険リスクは上がりますが、中には飼い始めてから何らかの症状に気づく人もいるので十分注意してください。

犬アレルギーの自覚がない人でも、皮膚が弱い人は舐められると肌を傷めることがあるので、犬とのスキンシップ方法を変えるべきです。

まとめ

白い子犬にキスする少女

いかがでしたか?犬とキスをしてスキンシップを図りたい人にとってつらい事実かもしれませんが、実際に起こり得る危険リスクなので覚えておかなければなりません。

キス以外にも犬の排泄物から感染することもあります。もし体調に何らかの異変を感じた場合は早期治療を行ってください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。