犬がしていたら超危険な『嘔吐・下痢』の症状5選!こんな状態だったら今すぐ病院へ…!

犬がしていたら超危険な『嘔吐・下痢』の症状5選!こんな状態だったら今すぐ病院へ…!

犬を飼っている飼い主さんは、愛犬が下痢になったり、嘔吐をしたりする経験を一度はお持ちではないでしょうか。犬に下痢や嘔吐は比較的よく見られる症状ですが、中には超危険な症状が影響している恐れもあります。では、どのような下痢や嘔吐が危険なのでしょうか。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬は下痢や嘔吐をしやすい?

気持ち悪そうにしている犬

犬を飼っていると、愛犬が時々下痢気味になったり、一過性の嘔吐をする場面に出くわすことがあります。犬は繊細な生き物なので、ちょっとしたストレスや環境の変化、季節の変わり目による気温の変化などによって、下痢になったり嘔吐してしまうことがあります。

そのため、基本的に下痢や嘔吐をしても、元気があり、食欲もあるようであれば、1〜2日は様子を見ても大丈夫です。

しかし、中には病気が関係している恐ろしい下痢や嘔吐も隠れています。この分かれ目を正しく見極め、病院へ行くか行かないかを判断することも飼い主の重要な役目です。

すぐに病院へ!犬がしていたら超危険な嘔吐・下痢とは?

嘔吐する犬

では、犬がしていたら超危険な嘔吐や下痢には、どのような症状があるのでしょうか。以下に当てはまる嘔吐や下痢が見られたら、すぐに病院へ連れて行ってください。恐ろしい病気が関係している恐れがあります。

1.下痢や嘔吐に加えて元気がない

元気のない子犬

下痢や嘔吐をしていても、元気や食欲がある場合は、基本的に様子見で大丈夫です。しかし、下痢や嘔吐といった症状に加えて、明らかに元気がなかったり、怠そうな様子を見せている場合は、他にも何らかの異常が現れている可能性があるので、病院へ行きましょう。

また、子犬や高齢犬の場合は下痢や嘔吐だけの症状であっても、免疫力が低下したり、何らかの異常を発症するリスクが高まります。念のため診察してもらうと安心です。

2.下痢や嘔吐が3日以上続く

下痢や嘔吐の症状が1〜2日であれば、心因的な理由であったり、季節性の体調不良である可能性が高いです。しかし、下痢や嘔吐の症状が3日以上続く場合は、慢性的な病気が影響している可能性があります。

特に、突然下痢や嘔吐が発症している場合は、食物不耐性や食物アレルギーによる下痢嘔吐であったり、感染症による症状である可能性が高いです。また慢性的な胃腸炎も考えられます。一度診察してもらい、原因を調べてもらいましょう。

3.下痢や嘔吐に血が混じっている

便や嘔吐物に血が混じっている場合は、腸内で異常が発生し出血している可能性があります。

中には胃捻転や消化管が閉塞しているといった短期間で死に至る危険性のある病気が影響している可能性もあります。長引くなら、消化管潰瘍や腫瘍の疑いもあります。様子を見ずに、一刻も早く病院へ連れて行きましょう。

4.下痢の時にでる便が異常なほど黒い

下痢をした際に出る便が異常なほど黒い場合は、胃や小腸の上部で出血したことにより、便に血が混ざり黒くなっている恐れがあります。

考えられる病気には、ウイルス性胃腸炎や寄生虫性胃腸炎、急性膵炎や消化管内での異物や腫瘍といった病気。早急に動物病院を受診し、検査してもらう必要があります。場合によっては、そのまま緊急治療に入ることもあります。

5.下痢と嘔吐が同時に起こっている

下痢だけ、嘔吐だけではなく、下痢と嘔吐が同時に起こっている場合も、何らかの病気によって腸内で異常が起きている疑いがあります。

中でも、胃腸炎や膵炎、パルボウイルス腸炎、大腸炎などが考えられます。パルボウイルス腸炎の場合は、子犬に見られることが大半。子犬期に嘔吐と下痢の症状が見られた場合は、早急に受診してください。

1〜2日様子を見る場合はどのように対応するべき?

女性の膝の上に乗る犬

上記に当てはまらない場合は、基本的にストレスが要因であったり、季節の変わり目で体調を崩していることが多いです。1〜2日様子をみて、3日以上続く場合は病院へ行きましょう。家で様子を見る際は、以下のことに気をつけましょう。

  • 排便や嘔吐の回数や状態をメモしておく
  • 無理に散歩はさせず休息を取らせる
  • 半日〜1日は胃腸を休ませるために絶食
  • 脱水症状を起こさないように常温の水を飲ませる

以下のような対応を取り、様子をみましょう。ただし、嘔吐が続いている場合は、無理に水を飲ませても戻してしまう可能性があります。愛犬が飲みたがった時のみ、常温の水を与えるようにしましょう。

まとめ

診察される犬

いかがでしたでしょうか。犬の下痢や嘔吐は、基本的に一過性のものであることが多いです。しかし、今回紹介したような症状が見られた場合には、病気が関係している可能性が高いので、早急に病院で診てもらいましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。