あるある?犬が飼い主に興味を示していない時にする仕草や行動3選

あるある?犬が飼い主に興味を示していない時にする仕草や行動3選

「あれ?なんだかいつもと様子が違う…」そんな風に感じたときは、犬が無関心になっているときかもしれません。ここでは、犬が興味を示していないときの仕草や行動を紹介します。

お気に入り登録

1.呼びかけに反応しない

背中を向けているMダックス

「遊んで欲しい」「かまって欲しい」と思って、飼い主さんに関心を持って様子を伺っているときは、名前を呼ばれたり声をかけられたりするとすぐに反応して見せます。

しかし、呼びかけても犬が反応しなかったり、チラッと目線を向けてからすぐに視線を戻してしまったりするときには飼い主さんへの興味が薄いと考えられます。ひとりで休みたいときや他に気になることがあるときなど、飼い主さんとコミュニケーションを取るよりもやりたいことがあるときにはこのような反応になることが多くあります。

また、名前を呼ばれても犬にとっていいことが起こらない、という状況が続いた後もこのようなあっさりとした反応になりがちです。「名前を呼ばれること=楽しいこと・いいことが起こる」と思っている犬はパッと素早い反応を見せますが、「呼ばれても特に何もない」と思っている場合は反応が弱くなっていくのも当然のことでしょう。

2.頭や体をなでても動かない

頭をなでられているチワワ

飼い主さんとのスキンシップを好む犬はとても多く、なでられたり抱っこされたりすると喜びます。そのため、犬が寝ているときやくつろいでいるときになでると、顔をこちらに向けたりお腹を出してゴロゴロしたりする犬も多いでしょう。

しかし、飼い主さんとのコミュニケーションを望んでいないタイミングや、興味を持っていないときになでられた場合、何も感じていないように動かないことがあります。ゆっくりひとりで休みたいという気持ちで飼い主さんをあえて無視をしている状況なので、しつこくかまうことは控えてあげてください。

愛犬とスキンシップを取りたい気持ちはわかりますが、犬にもタイミングや都合というものがあるので、少しでも嫌がっているように感じるときはそっとしておきましょう。

3.犬に近づいても顔を見ようとしない

寝ている柴犬

呼びかけやスキンシップと同様に、犬に近づいても何の反応も示さないときは、飼い主さんへの興味がないときだと考えていいでしょう。

犬がいる場所の近くに行ったり、しゃがんで目線を合わせたりしても、犬が顔を向けなかったり目線をそらすようにしたりしているときは、「今は関わりたくない」「遊びたい気分じゃない」という意思表示かもしれません。

チラッと飼い主さんのことを見てもすぐに視線を外したり、遊びや睡眠に戻ってしまったりするときは、無理やりかまうことはせず、放っておいてあげましょう。このような反応のときにしつこくかまうことで、犬は「気持ちをわかってくれない」と飼い主さんに対して不信感を抱くようになることもあります。

中には、イライラが募って唸ったり、手に噛みついたりすることもあるので、犬の感情をしっかりと読み取ってあげるようにしましょう。

犬が飼い主に無関心になる原因と適切な対応

クッションに伏せているジャックラッセル

犬が飼い主さんに対して興味を示さないのは、いくつかの理由が考えられます。普段は飼い主さんとコミュニケーションやスキンシップを取ることが大好きな犬が、一時的にそのような反応を見せるときはそれほど心配する必要はありません。

おもちゃや外の景色、においや音など飼い主さん以外のことに集中していたり、疲れていて寝たいと思ったりしているときには無関心になることがあります。また、どこかに痛みを感じているなど体調が悪いときにも、飼い主さんの言動への反応が鈍くなりがちです。

飼い主さんへの関心が薄れてしまい、どんどん悪化していく場合や長期に渡って無関心の状態が続いている時は注意しましょう。体調不良ばかりでなく、精神的なストレスが原因の可能性もあります。

さらに、何らかの原因で飼い主さんに対してネガティブなイメージを持ってしまい「関わりたくない」と思ってしまっている可能性も…。日頃の接し方を振り返り、愛犬との関係性が悪くなるできごとがなかったか考えてみましょう。

まとめ

なでられて笑顔の犬

犬は飼い主さんのことが大好きなので、声をかけられたりなでられたりすると、うれしいと感じて表情や態度で表現することが多く見られます。また、かまって欲しいと思っているときには飼い主さんの一挙手一投足に注目していて、少しでも自分の方に来てくれそうなときは即座に反応するでしょう。

しかし、そんな犬たちも飼い主さんに対して興味を持たずに、無反応になることもあります。

犬が興味を示していない場合、基本的には「無視」をします。反応しないことで、「今は放っておいて」と意思表示をしているのです。

そのような態度を示しているときは、犬の気持ちを尊重して、しつこくかまうようなことは控えましょう。遊びもスキンシップも、お互いの気持ちが揃ったときに行うことで、より良い関係性づくりに役立ちます。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    10代 男性 匿名

    一つの知識として獣医に聞いたことがあるのですが、シー・ズーは、マイペースでまったりしているので飼い主の言うことを聞かない時が有ると聞きました。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。