犬が言うことを聞かない時の原因4選!改善する方法は?

犬が言うことを聞かない時の原因4選!改善する方法は?

猫は人間に媚びない動物で人間の言うことなど一切聞かず、逆に犬は人間に従順で、飼い主の言うことをよく聞く動物というイメージを抱いて、犬を飼おうと決める人は多いと思います。けれども、実際に家族として犬を迎えてみると、思ったより犬が言うことを聞いてくれない…と、戸惑うこともあるはずです。犬が言うことを聞いてくれないのは、何が原因なのでしょうか。そこで、今回は、犬が飼い主さんの言うことを聞かない時の原因とその解決法について考えてみたいと思います!

お気に入り登録

犬が言うことを聞かないときの原因4選

飼い主の差し出した手にそっぽを向いている犬

1.人間の言葉を理解できていない

犬は、人間の言葉をまず「音」として記憶します。その単語の意味を理解し、学習し、経験を積んである程度人間の言葉を理解します。

けれども、まだ人間と一緒に暮らして日が浅かったり、同居家族が同じ指示を出すときに「おすわり」や「まて」などの指示を人によってバラバラの単語を使っていたりすると、犬は人間の言葉と行動の関連が理解しづらいため、言葉を覚えられません。

2.言葉を聞き取れていない

犬自身の聴力に何らかの問題があり、名前を呼んだり、そばで大きな音を立てたりしても反応がない場合は、飼い主さんの声や言葉を聞き取れていない可能性があります。

3.飼い主さんの指示に対する拒否

家庭内でも、「お父さんの言うことは聞くけど、子供の指示には従わない」あるいは「明らかに聞こえないふりをしている」と感じることがあると思います。

そういうとき、犬は飼い主さんの指示に対して「拒否」という意思を示していると考えられます。それは指示に対しての場合もあれば、「あなたの指示には従いたくない」という拒否の場合もあります。

4.他のことに集中しすぎている

日常的にはよく指示を聞いていても、一旦興奮し始めると全く飼い主さんの指示が耳に入らず、飼い主さんの言うことを聞かないことがあります。

犬が言うことを聞かない!改善する方法は?

飼い主の座るベンチで目を細めている犬

人間の言葉を理解できていないときの改善法

まず、犬に指示を出すときの言葉を家族間で統一しましょう。犬が聞き取りやすいようにはっきりと明確に発音し、声だけでなく「おすわり」「まて」などの指示を出すときは犬に理解できるよう、大きな動作を示しましょう。

言葉を聞き取れていないときの改善法

声が聞こえていないときは、飼い主さんの動きと犬の体へのボディタッチで根気よく「まて」や「おすわり」を教えます。アイコンタクトができるようになれば、さらに意思が通じやすくなります。ちなみに聴覚に問題がある場合は、外の車の音や踏切などの音も聞こえてないので、外出するときには特に注意が必要です。

飼い主さんの指示に対して拒否しないようにする方法

しゃがんで愛犬と向き合う女性

同じ家族の中でも、「お父さんのいうことは聞く」「子供のいうことは聞かない」と言ったように人によって犬が態度を変えることは珍しいことではありません。

これは、かつては「犬は家族間で順位をつけるため」と考えられていましたが、実際は違うことがわかってきました。犬は、「信頼できるかどうか」を基準にして従順か、そうでないかを判断しているのです。ということは、犬からの信頼を得ることができれば犬は飼い主さんの言うことを聞くようになります。

食事を与える、散歩に連れて行く、という世話はもちろん、普段の生活の中でも甘やかすだけでなく、愛犬に見下されることのないように、犬が指示に従わないときには毅然とした態度で叱るなど、メリハリのある態度で接するようにしましょう。

他のことに集中しすぎているときの改善法

まず、愛犬の意識をとにかく飼い主さんに戻すことです。おやつでも、「まて」の指示でも良いので、愛犬の気持ちを一旦、飼い主さんのところに戻します。

そして、その指示に従ったら、思い切り褒めます。その繰り返しを経験し、「飼い主さんに褒めてもらったら美味しいおやつがもらえた」など、犬にとって楽しい経験の記憶が蓄積されていくとどんなに興奮していても、飼い主さんの声で我に返り、飼い主さんの言うことを聞くようになるでしょう。

まとめ

散歩中に指示を出して犬にお座りをさせる女性

「犬に言うことを聞かせる」と言うと、肉体的にも精神的にも犬に服従を強いているようなニュアンスに感じます。けれども、家族として暮らすために迎え入れた犬には、人間が犬に対して「服従を強いる」ような関係性は必要ありません。

「犬に言うことを聞かせる」のは、一つは人間と共存するうえでお互いに快適に暮らすためのルールを愛犬に身に着けさせるためであり、もう一つは愛犬の命を守るためと考えてください。愛犬の動きを飼い主さんの声一つで制すことができれば、様々な危険から愛犬を守ることができます。

愛犬を甘やかし、愛犬の顔色を窺って、愛犬の自由きままにさせておくことが愛情とは言えません。愛犬のことを本当に大切に思うのなら、愛犬から信頼される飼い主になれるよう、時には厳しく毅然と接することも必要です。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。