犬が機嫌を悪くしている時によくする仕草や態度4選

犬が機嫌を悪くしている時によくする仕草や態度4選

犬は私たち人間と同じように、イライラと機嫌を悪くしていることもあります。この記事では、機嫌が悪い時に、犬が見せる仕草や態度について紹介したいと思います。

お気に入り登録

①呼んでも反応しない

あごを床につけて伏せるハスキー

犬は機嫌を悪くしているとき、呼びかけに反応を示さなくなることがあります。いつもなら名前を呼ぶと喜んで近寄ってきたり、すぐに振り返ったりする犬が、聞こえているにも関わらず反応しなくなるのです。

呼びかけられてもそっぽを向いたままだったり、チラッと目線を送るだけで動く気配がなかったり…。明らかに聞こえているのに頑なに振り向かないことなどもあり、そのような場合はイライラしていて放っておいてほしいと思っている可能性があります。

また、そうした態度を見せる以前に、犬の方から「遊んで」「かまって」などのアピールをしていたのに飼い主さんから無視された場合などは、すねてしまっているのかもしれません。

②短いため息をつく

悲しげな表情で伏せている犬

犬のため息には、様々な意味が込められていると言われています。そのひとつがイライラや不機嫌をあらわすものなのです。満足しているときなどには「ふ~」と長いため息になりますが、不機嫌のときには「ふっ」と鼻を鳴らすように短いため息をつくとされています。

特にしつこくなでられて困っているときや、構われていることに対してうっとうしいと感じているときなどに不機嫌をあらわす仕草として短いため息をつくのです。

ため息をついたあと、そっぽを向いたり、別の場所に歩いていってしまったりという仕草や態度が見られたら、しつこく追い回すことはやめましょう。

③あくびを連発する

あくびをする茶色い犬

犬は、眠いとき以外にもあくびをすることがあります。犬のあくびは緊張や興奮状態を落ち着かせるためのボディランゲージである、カーミングシグナルのひとつだと考えられています。叱られているときや怖いと感じる場所に連れていかれたときなど、強いストレスを受けたときにあくびを繰り返して自分の気持ちを落ち着かせます。

そのため、眠いわけではなさそうなタイミングであくびを繰り返しているときには、イライラしていたり、ストレスを感じていたりすると考えてあげるといいでしょう。

また、あくびをしているときはため息をついているときとは異なり、放っておいてほしいというよりも緊張していることに気がついてほしいという気持ちもあります。

そのため、あくびをしている際の状況を見極めて、接し方や環境を変えるなど、必要に応じた対応をしてあげるようにしましょう。

④威嚇や攻撃行動が増える

歯を剥きだして怒っている犬

犬のイライラや不機嫌が募ると、威嚇や攻撃行動が増えてしまうことがあります。普段であれば、何げなく受け入れているようなことに対しても、イライラした様子を見せて唸ったり、吠えたり、噛もうとする仕草を見せたりするのです。

ただし、突然攻撃行動に出るというよりも、それ以前に上記したようなため息、あくびなどのボディランゲージを出していたにもかかわらず気がついてもらえなかった場合などに、攻撃行動で気持ちを示すようになるパターンが多いと考えられています。

犬が小さなサインを出しているうちに、その気持ちに気がついてあげることで、大きなトラブルを防ぐことができるので、犬の仕草や態度には十分注意を払いましょう。

まとめ

口をゆがめて不機嫌そうな犬

犬は私たちと同じように、イライラしたり不機嫌になったりします。基本的には犬も自分なりに気持ちの整理をつけていますが、時には飼い主さんにわかるような仕草や態度を見せることがあります。

不機嫌であることをボディランゲージで示しているのに、それをくみ取ってもらえないと相手に対する信用をなくしてしまうことがあります。犬の仕草や表情、態度をきちんと観察して気持ちを理解し、関わり方を考えてあげることでより良い関係を築くことができますよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。