犬が救急車に吠える時の心理4選!サイレンの音に反応してしまう理由とは?

犬が救急車に吠える時の心理4選!サイレンの音に反応してしまう理由とは?

救急車のサイレン音が聞こえると「ワォーン!」と犬が遠吠えで反応するのは一体なぜでしょうか?今回はその理由を探り犬の心理4選をまとめました。さらにサイレン音に反応する理由、やめさせる方法もご紹介します。

お気に入り登録

犬が救急車に吠えるときの心理4選

救急車

「ピーポー」という救急車のサイレンの音が聞こえると同時に、犬が一斉に「ワオーン!」と遠吠えを始めるというお馴染みの光景があります。首を真っ直ぐ上に向けて、普段とは違う野性的な吠え方をするのが遠吠えの特徴ですね。ではなぜ犬が救急車に吠えるのか、その犬の心理を4つにまとめました。

1.ここにいるよ!と犬同士で交信している

まず考えられるのが、救急車のサイレン音を「犬の遠吠え」と誤解をして反応しているという理由です。「ピーポー」というサイレン音が犬の遠吠えに聞こえたため、「ここにいるよ!」と反応している可能性があります。

また、ご近所の犬が救急車に対して遠吠えを始め、その遠吠えにリンクすることも多いです。この場合は、救急車と犬どちらに反応しているのか分からなくなりますが、いずれにせよ犬同士のコミュニケーションが行われているのは確かなようです。

2.テンションが上がってつい吠えてしまう

次に考えられるのが、単純に音に反応しているだけという心理。「ピーポー」というサイレン音にテンションがアップしてしまい「ワオーン!」と吠える犬もいます。日頃からよく吠える犬は、救急車のサイレン音に限らずパトカーや消防車に向かって「ワオーン!」と反応する傾向があります。

3.構ってほしい!というアピール

サイレン音に吠えて「飼い主さん、構って!」という心理を持つ犬もいます。これは過去に、「遠吠えしたら構ってもらえた」という記憶があるのが理由です。日頃から寂しさやストレスから遠吠えする犬もいますので、救急車以外にも遠吠えをして吠える場合はその可能性があります。

4.何となく吠えてしまう

最後に考えられる心理が「何となく」というもの。救急車の音に吠えるのがクセというか、日課のようになっている犬もいます。日頃からよく吠える犬ほど救急車に遠吠えをする傾向もあり、何らかの手を打つことでやめさせることは可能です。

犬が救急車のサイレン音に反応する理由とは?

窓のそばで遠吠えする白い犬の横顔

犬が救急車などのサイレン音に反応して遠吠えをするのは、犬のルーツであるオオカミが関係しています。特に救急車やパトカーのサイレン音は犬が遠吠えをする周波数に非常に近く、つい音に反応してしまうと言われています。

犬の遠吠えは主に「気を付けて!」といった危険を知らせる意味が強く、サイレン音が耳に入ると犬の血が騒いでしまうのでしょう。「わかった!」「そっちは大丈夫か?」といった反応をするために、「ワオーン!」と遠吠えをしているようです。

また、遠吠えをしやすい犬種としてハスキーなどが度々あげられますが、トイプードルなどの小型犬でも遠吠えは見られます。遠吠えはその犬のタイプや環境、しつけも関係するといえるでしょう。

犬の遠吠えをやめさせる対処法

座って遠吠えをしているトイプードル

もし犬同士が交信している場合、救急車の音が聞こえてきたら名前を呼ぶ、おもちゃで遊ばせるなどをして気をそらすと有効です。そうではなく、構ってほしい!というアピールでの遠吠えならスルーをするのが1番。

ご近所の目が気になる方は「ダメ!」とその都度叱って、少しずつ遠吠えしてはいけないことを覚えさせていきましょう。ストレスから遠吠えをすることもあるので、遊びや散歩が不足していないか見直してみてください。

まとめ

並んで遠吠えをしている2匹のチワワ

愛犬が急に遠吠えをするとびっくりするものですが、野性的な理由からくる心理を知ると「なるほど」と関心する部分もありますね。ただ「ワオーン!」という遠吠えは周囲に響いてしまうので、気をそらせるなど対処を行ってみてくださいね。

救急車のピーポーというサイレン音が聞こえたら愛犬の様子をチェックして、なぜ吠えるのか心理を確かめてみましょう。遠吠えにお困りの飼い主さんは、吠える心理に合った対処をぜひお試しください。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 人面獣心人外の化身

    以前飼っていた犬は救急車には反応しなかったが、交通事故の音には敏感に反応し、知らせてくれた。
    たぶん最初の反応時に褒めてやったことが起因し、それからは車の音だけじゃなく、自転車や歩行者が誤って用水に転落した時の音などにも見事に反応して人命救助とまではいかないまでも救助に貢献してくれていた。面白い犬だった。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。