犬に触れてはいけない場面3選!こんな時はそっとしておくべき!

犬に触れてはいけない場面3選!こんな時はそっとしておくべき!

モフモフふわふわのわんこを目の前にすると、ついつい触りたくなってしまうのが愛犬家の性ですよね。ですがその衝動をぐっと堪えなければならない場面もあるのをご存じですか?

お気に入り登録

1.警戒しているとき

牙を剥いて威嚇しているチワワ

わんこが警戒態勢をとっているときに手を出すとどうなるのかは、容易に想像がつきますよね。あからさまにうなり声を上げていたり、歯をむき出したりしている場合などにはさすがに触れようと思う人はほとんどいないと思いますが、一見すると警戒されているのかわからない場面もあるので要注意です。

特に下記のような場合は気をつけましょう。

じっと見つめてくる

知らないわんこがじっと自分を見つめてきていたら、あなたはどう思いますか?「私のことが好きで気になっているのかな?」と喜ぶのは早計です。

もちろん、単純にあなたに興味があって見つめている場合もないわけではありません。ですが、自然界で相手のことをじっと見つめるというのは、相手を攻撃対象としてロックオンしたということでもあるのです。むやみに手を出すと攻撃されてしまう可能性があります。

しっぽを振っている

わんこがしっぽを振るときといえば、嬉しいときや楽しいとき!というのは犬好きでない人でも誰もが知っている周知の事実です。が、実はしっぽを振るのはプラスの感情のときだけではなく、相手を警戒している場合にもしっぽを振ることがあるのです。

しっぽは振っているけれど目が輝いていない、マズルにしわを寄せているなどのようすが見られたら注意が必要です。

2.ごはんを食べているとき

ごはんを食べているノーフォークテリア

わんこがおいしそうにガツガツとごはんを食べている姿は可愛らしいですよね。思わず「おいしいの?たくさん食べてね」と声をかけながら頭を撫でたくなってしまいますが、ちょっと待ってください。

ごはんを食べているときのわんこは、食欲という生理的欲求に駆られていわば野生の状態に戻っているといっても過言ではありません。

中には伸びてきた手を見て「ごはんを取られるのでは!?」と勘違いし、咬み付いてくる子もいます。普段は絶対に咬まないような子であっても、食べものが絡むと何が起きるかわからないので油断は禁物です。

3.黄色いリボンをつけているとき

黄色いリボン

みなさんは「イエロードッグプロジェクト」という運動をご存じでしょうか。これはオーストラリアで始まって世界的に広まっている動きで、何らかの理由で他の人に近づいてほしくない事情を抱えたわんこのリードに黄色いリボンをつけて意思表示しようというものです。

ケガや病気といった健康上の理由を抱えていたり、使役犬としてのトレーニング中であったり、警戒心が強くて他の人が苦手であったりと、黄色いリボンをつけている理由は様々です。

まだ日本ではあまり認知度の高くないプロジェクトではありますが、もし街中で黄色いリボンをつけたわんこを見かけたら、そっと見守ってあげましょう。

まとめ

頭を撫でられそうになっている犬

いかがでしたでしょうか?自分の愛犬であっても他人のわんこであっても、適度な距離感を保つことはストレスなく暮らしていくためにとても大切です。

特に他人のわんこの場合、むやみに触れたことで事故に発展してしまっては誰も幸せになりません。ここでご紹介した場面でなくても、他人のわんこに触れたいと思ったらまず「触っていいですか?」と了解を得るのが最低限のマナーです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。