犬がご飯を散らかしながら食べる原因5つ!改善するための方法は?

犬がご飯を散らかしながら食べる原因5つ!改善するための方法は?

原因によっては今すぐに改善する必要があります。『犬がご飯を散らかしながら食べる原因』についてまとめました。改善方法についてもご紹介しますのでぜひお役立てください。

お気に入り登録

ご飯を散らす原因は…

大きく口を開けた服を着た犬、目の前にご飯と水

ご飯を散らかしながら食べる原因は様々ですが、今すぐに改善しなければならない原因が隠されていることがあります。ただ床が汚れてしまって掃除が大変というだけならまだ良いのですが、愛犬の健康や命を脅かす原因もあるんです。

1.もともと早食いだから

早食いはご飯を散らかしながら食べる原因になりやすいです。お皿の周りにご飯が転がってしまうだけではなく、さらにコロコロと転がって家具の下に入り込んでしまうほど勢いよく早食いしてしまう犬もいます。

後で犬が見つけた時、ホコリが付着したり傷んだご飯を食べてしまっては良くありません。また、ご飯を喉や気管に詰まらせてしまったり、消化不良・胃捻転・腸捻転などの危険性が高まります。早食いは今すぐにやめさせたいご飯を散らかしながら食べる原因です。

2.嬉しくて興奮している

ご飯が嬉しくて興奮する癖があるとご飯を散らかしながら食べる原因になりやすいです。興奮した状態のままご飯を食べせると口の中に上手く運ぶことができず、口からもお皿からも飛び出してしまうのです。

嬉しくて興奮している犬にご飯を与えると早食いの原因にもなります。ご飯を喉や気管に詰まらせてしまったり、消化不良・胃捻転・腸捻転などの危険性が高まりますので、興奮した状態の犬にご飯を与えるのは今すぐにやめた方が良いです。

3.お皿が小さすぎる

犬の目の前に山盛りのご飯

お皿が小さすぎるとご飯を散らかしながら食べる原因になりやすいです。ご飯の量は適切だけどお皿が小さいことで山盛りになっていませんか?ご飯が崩れるようにしたポロポロとお皿からこぼれてしまいます。犬が食べやすい程度の深さのあるお皿に変えることでご飯を散らかしながら食べる原因は改善されるでしょう。

4.ご飯を避けながら食べている

ご飯に他の食材をトッピングして与えるとご飯を散らかしながら食べる原因になりやすいです。ご飯よりも嗜好性の高い食材の方を先に食べたいため、わざとご飯を避けるようにしてお皿から出してしまっているのです。

食材を先に食べた後に散らかしたご飯も食べる犬もいますが、食材で満足してご飯はそのまま食べ残してしまう犬もいます。こういった時は、どうしても他の食材をトッピングしてあげなければならない事情がある場合を除き、トッピングすることをやめた方が良いです。他の食材をトッピングしなければご飯を散らかしながら食べる原因は改善されるでしょう。

5.あまり食べたくない

あまり食べたくない時、ご飯を散らかしながら食べる原因になることがあります。嫌々食べている状態です。散らかすつもりはないのですが、わざとお皿からご飯を出すことで食べたくないことをアピールする犬がいます。

または、ご飯をお皿から出す遊びをしてしまう犬もいます。1回に与えるご飯の量が多く、食べきれないのかもしれません。ご飯の回数を増やすことで対応するとご飯を散らかしながら食べる原因は改善されるでしょう。

早食いは今すぐ改善が必要!

用意するご飯を狙う犬

ご飯を散らかしながら食べる原因が「早食い」「興奮」なのであれば今すぐに改善しなければなりません。先ほども注意したようにご飯を喉や気管に詰まらせてしまったり、消化不良・胃捻転・腸捻転などの危険性が高まるからです。愛犬の健康や命も奪ってしまいかねません。

早食いを改善する方法

早食いを防止できる犬用の食器があります。まずは試してみてください。しかし、食器を変えただけでは改善されない犬もいます。飼い主さんに少しの面倒はありますが、ご飯を少量ずつお皿に入れながら食べさせる、手で数粒ずつ食べさせるなども早食いをさせないための方法です。

落ち着かせてからご飯を与える

ご飯が嬉しくて興奮してしまうことがご飯を散らかしながら食べる原因なのであれば、落ち着かせてから与えるようにします。興奮は早食いの原因にもなるため注意しなければなりません。どうしても興奮が冷めない時はご飯の時間を30分でも1時間でも遅らせて良いと思います。

まとめ

ご飯を前にマテをするコーギー

犬がご飯を散らかしながら食べる原因を5つ、改善方法と合わせて解説しました。

  • もともと早食いだから
  • 嬉しくて興奮している
  • お皿が小さすぎる
  • ご飯を避けながら食べている
  • あまり食べたくない

早食いがご飯を散らかしながら食べる原因なのであれば、ぜひ今すぐに改善をお願いします。飼い主さんの愛情サポートで愛犬の健康と命を守りましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。