散歩中に犬の首輪が抜けてしまったとき『絶対NG行為』2選

散歩中に犬の首輪が抜けてしまったとき『絶対NG行為』2選

「首輪」は、散歩で犬が身に付けるマストアイテムです。着用時間も長いため、首への負担は極力少なくしたいですよね。今回は、犬の首輪や胴輪に関する情報をお届けしていきます。万が一トラブルが起きても冷静に対処出来るよう、知識を身に付けましょう。

お気に入り登録

犬の首輪の役割とは?

舌を出す赤い首輪をした黒い犬

安全の確保

家から一歩も外に出ない、という犬は滅多にいないと思います。散歩に行くのであれば、ノーリードで歩かせる訳にはいきません。首輪とリードを付けることで、犬の行動範囲をコントロールします。危険な場所への飛び出しを防ぎ、犬の安全を守れるようになるのです。

迷子になったときの目印

何らかのハプニングが起き、もし犬が迷子になったら、首輪が飼い犬である象徴になります。首輪の色やデザイン自体が目印になりますし、鑑札や迷子札が付いていれば、犬を探す手掛かりにもなります。首輪を付けていなかったら、発見状況によっては野良犬に間違われるかもしれません。

首輪選びの基本

色違いの首輪をしたダックスフンドの子犬たち

サイズ

首輪のすっぽ抜けを防止するには、サイズ選びが最も重要なポイントです。キツすぎても緩すぎても首に負担をかけてしまいます。首周りを測るときは、耳の付け根からあごの付け根を一周させて測りましょう。首と首輪の間は、人間の指が入る程度の隙間がある状態が適しています。

素材

次に大事なのは、首輪の素材です。耐久性や防水性、重さに違いがあるので、犬の特性にあった素材を選びましょう。クッション材が使われていると、首への食い込みが少なくなります。

《首輪に使われる素材》

  • ナイロン
  • ポリエステル
  • デニム
  • 金属

機能性

首輪は毎日使うものなので、使い心地とともに、用途に合わせた機能性は抑えておきたいところです。皆さんの優先事項はありますか?

《犬の特性別 欠かせない機能性》

  • 雨でも散歩するなら「防水性」は必須!
  • 力の強い犬には「強度」重視!
  • 首への負担を考えるなら「弾力性」に注目!
  • 夜の散歩には「充電式LED」が便利!
  • 付け外しが多いなら「ワンタッチ式」!

首輪が抜けたときのNG行動

首輪をくわえた犬の横顔

1.追いかける

突然首輪が外れてしまったら、飼い主は大パニックですよね。焦って犬を追いかけたくなる気持ちはお察ししますが、追いかければ追いかけるほど、犬は逃げていきます。犬の狩猟本能を利用して追いかけさせるか、しつけの「呼び戻し」が役立ちます。

2.「ダメでしょ!」と怒る

予期せぬトラブルは、犬にとっても予想外の出来事です。犬に向かって怒ったところで、どうすることもできません。それどころか、飼い主が怒っていると分かったら、犬はますます遠くに離れていってしまいます。

「首輪」と「胴輪」はどちらが良い?

一緒に散歩する首輪をつけた犬と胴輪を付けた犬

犬の散歩グッズには、首輪(=カラー)と胴輪(=ハーネス)があります。その名の通り、装着する場所が違います。

《首輪の特徴》

  • 散歩のコントロールがしやすい
  • 引っ張り癖の防止に向いている
  • 迷子札を付けられる

《胴輪の特徴》

  • 体への負担が分散される
  • シニア犬の歩行補助に役立つ

※着用に適した犬種:チワワ、パグ、ブルテリア など

首輪も胴輪も、犬が後ずさりするときに抜けやすいようです。保護団体では、ダブルリードでの散歩を推奨しています。

まとめ

赤い首輪をした黒い犬の横顔

どんなに丈夫な首輪でも、使い続ければいつかは壊れます。「絶対に大丈夫!」とは言い切れないからこそ、思い付く限りの安全策を講じる必要があります。悲しい事故が起こらないようにするために、この記事をお読みいただいたら「首輪が劣化していないかどうか」早速確認してみてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。