犬を興奮させすぎるのがNGな理由3選

犬を興奮させすぎるのがNGな理由3選

犬は楽しいときや驚いたとき、興奮して突然暴れ出したり騒いだりすることがあります。しかし、犬を興奮させすぎると思わぬトラブルを招くことも…。興奮に伴う危険性などについて説明します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

理由①犬同士の喧嘩が起こりやすい

取っ組み合いをする白い犬と茶色の犬

犬はうれしいときや楽しいときにも興奮しやすいため、他の犬と遊んでいるときに興奮しすぎないようにコントロールしてあげることが大切です。

犬同士で遊んでいるとき、プロレスごっこのように取っ組み合いをしたり、甘噛みをしたりすることがあります。しかし、始めはお互い楽しく遊んでいたはずが、興奮しすぎてしまうと周りが見えなくなって他の犬に激突したり、力加減ができなくなって本気で噛みついてしまったりすることがあるのです。

片方の犬が興奮しすぎたとき、相手の犬が遊びたくなくなってそのまま離れてくれれば問題になりませんが、お互いに興奮してしまっている状態では喧嘩に発展することがあります。

そのような状況では冷静に判断することができなくなるため、いくら仲の良い友達の犬であっても怪我をさせるほどの攻撃をしてしまう可能性は十分にあるのです。

こうした喧嘩が起こってしまわないよう、遊びが激しくなってきたときには一度抱き上げたり、呼び戻したりして興奮を落ち着かせましょう。また、テンションが上がりすぎてしまわないように、遊びの最中にちょこちょこと声をかけて精神状態をコントロールしておくことも大切です。

理由②怪我をする、怪我をさせることがある

足に包帯を巻かれている子犬

犬は興奮しすぎたときに、その気持ちを抑えきれずに猛ダッシュをしたり、ジャンプをしたりという行動が見られます。パニックによる興奮状態に陥ったとき、唐突に走り出したり、呼びかける声が聞こえなくなったりすることもあります。

このような状態になると、家の中であれば家具や扉にぶつかって怪我をしたり、無理な体勢でジャンプをして関節を痛めたりすることも少なくありません。物にぶつかる程度で済めばいいですが、ぶつかった衝撃で骨折したり、物が落ちてきて頭にあたり怪我をしてしまう可能性もあることを覚えておきましょう。

また、近くにいる人にぶつかって転ばせてしまったり、怪我をさせてしまったりすることも。犬が興奮しているときは、無意識に周囲のものを噛むこともあるので歯が当たって傷を負うこともあります。犬が興奮状態に陥って激しい動きを見せたら、すぐに落ち着かせるか、一旦危険が及ばない場所まで離れて安全を確保しましょう。

理由③物を壊す可能性がある

落ちて散らかった植木鉢を見つめる子犬

犬が喜びやパニックによって極度の興奮状態にあると、走ったり暴れたりと激しい動きを見せます。そのため、他の犬や周囲の人に対して危害を加える可能性があるとしましたが、物にぶつかって壊すこともあります。

家の中で興奮して走り回った結果、戸棚などにぶつかって置いてあった花瓶などの装飾品を落下させて割ってしまったり、電気コードに引っかかって家電を倒して壊してしまったりします。また、体重の重い大型犬の場合、網戸を突き破ったり窓ガラスや室内ドアを割ってしまったりする事例もあるので十分に注意しましょう。

屋外では他人の持ち物や自転車・バイクなどを壊してしまったり、お店の看板などを破ってしまったりすることも。周囲に物が置いてある状況で、興奮状態に陥ったら、首輪をしっかりと持って抱き上げたり、リードを短く持ったりして動きを小さく制御するようにしましょう。

まとめ

芝生を思い切り走るトイプードル

犬が興奮しすぎてしまうのは、楽しいときや嬉しいときはもちろん、強い恐怖や不安を感じたときにも見られます。興奮状態やパニック状態に陥っているときは、周囲の状況が見えなくなってしまい、犬自身だけでなく他の犬や人に対して危険を及ぼす可能性があるのです。

興奮を爆発させるようにおもむろに走り出したり、ジャンプをしたりと激しい動きを見せます。普段はいたずらなどしない犬でも、物にぶつかって破壊したり、近くにいる人に人に対して牙をむいたりすることもあります。興奮しすぎてしまうと、制止の声も聞こえなくなってしまう場合がほとんどです。

そのため、犬自身が怪我をするまで危険な状態が続いたり、止めようとした結果飼い主さんが怪我を負わされてしまったりすることも珍しくありません。遊んでいるときなどは興奮が高まりすぎないように、時々クールダウンのタイミングを作るようにすることをおすすめします。大きな音などで突然パニック状態に陥ったときは、首輪やリードを掴んで大きく動けないように制御するといいでしょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。