犬が叱られたときによく見せる態度や仕草4選

犬が叱られたときによく見せる態度や仕草4選

犬と一緒に暮らしていると叱ることも少なくないと思います。ここでは、叱られたときに犬が見せる態度や仕草を、そこに隠れる心理とともに紹介していきます。

お気に入り登録

①体を低くする、しっぽを丸める

体を低くするチワワ

犬が叱られたとき、頭の位置を下げて上目づかいで様子を伺ったり、体勢を低くしてこそこそ動いたりしているときは、怒っている飼い主さんやその場の雰囲気を怖いと感じていると考えられます。

叱るときに大声を出したり、身振り手振りが大きくなったり、物を振り上げたりすると、犬は恐怖を感じて身を縮めるようにして小さくなります。

その際に、しっぽを丸めることもありますし、小刻みに震えることもあるでしょう。

そのような様子を見て「よし、反省している」と感じる人もいるかもしれませんが、必ずしも叱られている内容について反省しているとは限りません。

叱っているときに強く恐怖を感じていると、叱られている内容や飼い主さんの言っていることは頭に入らず、ただ飼い主さんの剣幕に怯えるだけで「怖かった」という記憶しか残らない場合も多くあります。

叱ることで犬に恐怖を感じさせることは、その場でいたずらや問題行動をストップさせることには有効かもしれません。

しかし、その後の行動を改善させることができるわけではないということを覚えておきましょう。

②逃げる、その場から去る

椅子の下に隠れるダックスフンド

叱られた犬がその場から逃げるというパターンもあります。

実は、叱っている飼い主さんのことを怖いと感じて逃げることは、あまりないと考えられています。

本当に怖いと感じているとその場から動けずに、身を縮めて留まることが多いようです。

その場から立ち去って逃げるのは、家族同士が喧嘩をしているときなど険悪な雰囲気を感じたときなどが多いとされています。

お説教をされたり叱られていたりするときには、飼い主さんがどのような行動に出るか観察するためにもその場に留まるようです。

ただし、叱るときに暴力をふるって追いかけ回すなどの行動を取る場合は、犬も全力で逃げることでしょう。

また、飼い主さんに叱られているときに逃げる様子が見られる場合、犬が楽しんでいるというパターンもあります。

叱られているときに逃げる犬を見て、飼い主さんが叱るのをやめたり、つい笑ってしまったりということがあると犬はそれを学習します。

叱るのをやめてもらうためや、飼い主さんを遊びに誘うためにこのような行動を取ることがあるのです。

③あくびをする、体を掻く

あくびをしている犬

叱っているときに、犬が目の前であくびをしたり体を掻いたりする様子を見て、「反省していない!!!」とさらに怒りを増長させる飼い主さんがいます。

しかし、これらの行動は犬からの「もうやめてください」というサインかもしれません。

犬は緊張やストレスを感じたときに自分の気持ちを落ち着かせたり、相手に敵意がないことを示すために、“カーミングシグナル”というボディランゲージを使います。

このカーミングシグナルのひとつがあくびや体を掻くという行動で、その他にも体をぶるぶると振るう、弧を描くように歩く、目をそらす、背を向けるなど27種類あるとされています。

犬同士であれば理解し合えるコミュニケーションですが、叱っている最中の人から見るとのんきに見えたり、話を聞いていないように誤解されたりしてしまいがちです。

もしも、犬を叱っている最中にこうした様子が見られたら、犬がストレスを感じていると考えてみるといいでしょう。

④吠えたり唸ったりして威嚇する

歯を剥いて怒る犬

いたずらや問題行動を叱っているときに、犬が叱られている相手に対して吠えたり、うなったりすることがあります。

いわゆる“逆ギレ状態”ですが、単なる反抗心によるものだけでなく、恐怖心から自分を守るためにそうした行動を取ってしまうことがあります。

このような状態になってしまうと、犬も追い詰められてどのような行動に出るかわかりません。

パニックになって飼い主さんに噛みついてしまう可能性もあるので、この場合は一旦距離を置くようにしてください。

噛まれることで怪我をするだけでなく、噛んでしまったことで犬自身がショックを受けることもあります。

その後は犬を必要以上に追い詰めないように、適切な叱り方を考えてあげるようにしましょう。

まとめ

散歩中に指示を出す女性と犬

犬のしつけをするときや一緒に生活をしているときには、叱ることも多くあるでしょう。

叱ること自体は必要なことですが、犬の性格やタイプに合わせた叱るようにしなければなりません。

必要以上に犬のストレスになるような叱り方は避け、適切な指導や正しい行動への誘導を行うことが大切です。

叱っているときの犬の反応や仕草を見ながら、犬がどのように受け止めているかを想像してみると、より良い接し方へのヒントが見つかりますよ。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 せっちゃん

    我が家の2才のチワワは、見てないところでゴミ箱の中のティッシュなどを漁り、自分のケージにコレクションをしているところを見つかり、私がそのティッシュを摘み上げ、彼に「これは何⁈ ○○(犬の名)、イケナイ‼︎」と叱ると、すぐさま私の足元に来て、力ないお手をします。その様子は、「ちょっと、ご主人さま、何とぞ穏便に…願いますよ…。」と言っているようです。
    大抵のことは「イケナイ!」というと事前にやめますが。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。